2019/3/11

今日で東日本大震災から8年  震災ー原発事故

復興建設はほぼ完成したというが、今なお原発事故の解決は先が見えず、多くの人が未だに故郷に帰れない。その前の阪神淡路大震災も大変だったが、あの時とは本質的に異なる。

<計算したくないのだろう>
原発の経済合理性が虚構のものだということが判っても未だに脱原発への道は閉ざされている。資源エネルギー庁の試算によれば日本での発電コストは原子力が10.1円/kWhで風力、太陽光とも20円以上ということになっているが、世界では太陽光が10円程度、風力に至っては7円台。例えば、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)のデーターによれば、2015年の太陽光発電コストは英国:9.3セント、フランス:8.9セント、ドイツ:8セントだそうです。これって日本の原発のコストとかわらないか、安いのでは? 日本では、何故か太陽光も風力も大変お金をかけて発電しているらしい!! これもデーター捏造の1つ。それどころか、原発を稼働させるために太陽光発電の抑制を必要としているではないか!
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/nuclear/nuclearcost.html
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/es/page22_002939.html
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5406/trackback

「今すぐに原発止めろ」というわけではない。しかし、少なくとも脱原発の道筋を明確にすることが、あの大震災から我々が学んだ教訓だと思うが? 何故、その計画が出来ないのか、それは実は明らかだ。経済産業省の資料がそれを物語っている。原発は40年、利用率76%で計算され、それより短い期間で廃炉になるものは不良債権化する。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4454/trackback

しかもそれだけではない、当初の計画では廃棄物は「永久保存=永久封じ込め」だったが、今は「未来に再処理=取り出し可能形」にするという話も出ている。と、なるとその為の引当金は? 40年どころか、多分60年くらい稼働させないと採算が取れないのだろう。誰もその計算をしてくれない。いや、多分計算したくないのだろう。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5219/trackback

上の考え(試算)が間違っているよ、という方は証拠(=数字)を出して反論していただけるとありがたい

スマートグリッド
アイデアは既に出ている、家庭の車をすべて蓄電池にして配電網につなげる。スマートグリッドだ。 最近は軽自動車以外はほとんどハイブリッドタイプかPHVタイプ、出来ないわけはない。各家庭にある車を蓄電池にできれば、可能ではないか? 世界に先駆けこれを構築すればGAFAMタイプとは異なる新産業、新たな日本の武器となるはず。
https://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29/21919909.html
0

2018/9/7

競争原理も効かない、利権構造の上に築かれる組織  震災ー原発事故

ニュースによれば今回の地震は大きかっただけでなく、北海道全島ブラックアウトという「想定外」の事態を引き起こしたとか。ほとんどテレビを観ないので知らなかった。 


それにしても「想定外」というが、本当にそうだろうか? 予想電力が300万kW時点で今回地震で被害を受けた発電所だけでその予想電力の半分以上、165kWを賄っているというのは、危機管理のイロハから外れていると思うのは私が素人だからか? 

危機管理の第1項目として「分散管理」というのがある。カタストロフィーを回避する重要な方策の1つに集中型管理からネット型分散型管理にして、何処かが生き残っていれば機能がはたせるという思想だ。 典型例がインターネット。最初に軍事用としてアーパーネットが構築され、それが今のインターネットにつながった。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1326/trackback
http://e-words.jp/w/ARPAnet.html

分散管理の重要性は阪神淡路で、さらには東日本大震災で十分その教訓は取り入れられたものと思っていたが???  我々のような小さな組織でもブラックアウトを短期間でも避けるための分散管理のための設備をあの震災後に多額の経費をかけてやってきたことなのに??? 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3152/trackback
それが人命に関わるような社会インフラを担当する電力会社が怠ったということではないか?

今回の地震は「隠れ断層」によるものらしい。現在日本では2000箇所の断層が知られているが、それらは地表面に表れているものだけの勘定で、地下深いものはどれだけあるかわからないと、これまで何度も聞かされてきた。それはそうだろう、日本列島自体が大陸プレートの衝突による造山活動で生まれた島、断層がない場所はないと考えたほうが真実に近い。

さてここで1つ、嫌な話を聞いた。現在泊原発は2011年から8年にわたり原発直下の断層の有無で問題にな稼働していない。もしかすると電力会社は、いつ再開できるか、あるいは廃炉になるかもしれない泊原発を勘定に入れた上での分散管理をしていたのではないかという疑いだ。

聞くところによれば泊だけで207万kW。それが動いていれば、否、動いているつもりでの分散管理だったのでは?

ちなみに、国税庁のデーターによれば、電力会社の平均年収は700万円で、最高額。これは飲食業のそれの150万円の4倍を超える。しかも官僚の天下り先にもなっている。



直接このことと関係はないが「競争原理も効かない、利権構造の上に築かれる」組織とはこうしたものだろうと言いたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/18

原発の今ここにある未来  震災ー原発事故

<原発の今ここにある未来>
日経web版に『原発「国策民営」の限界』という記事が出ていた。内容は原発の経済合理性の破綻とエネルギー将来計画に対する思考停止についての記事。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31878360X10C18A6MM8000/

前者については、ある投資銀行の試算によれば、今後『安全対策費用がかさむ原発は1KWhあたり約15セントに上昇しているが、急速な普及と技術革新が進む風力や太陽光は世界で5セント程度』これについては既に2017年時点で国際的に認められているデーターが出ていて太陽光は現状でも1KWhあたり10セントと原発の半分と経産省のHPにも出ている。不思議なことにこの資料には太陽光と原発の比較がされていない。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/es/page22_002939.html
経産省のことだから、また何時このデーターを消すかもしれないので証拠写真を撮っておく。

クリックすると元のサイズで表示します

後者については、新たに原発を建設しない限り、規定(40年廃炉、最長60年)から現在57基のうち、2050年には最大18基、2070年にはゼロとなる。人口問題と同じく、

<予想でなく、今ここにある未来>
0

2018/5/17

誤魔化しだから検証可能にしていない  震災ー原発事故

<誤魔化しだから検証可能にしていない>
原発に関わる誤魔化しの典型例を知りたければ是非。NHKラジオの「社会の見方・私の視点」の5月16日、諸富氏の話を聞いていただきたい。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0322_01

経産省のエネルギー情勢懇談会の提言は結論だけで、そのプロセス及び計算法、計算をした主体が非公開で検証不可能。

世論操作をしている可能性が高い

http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/ene_situation/009/

まず現状からスタートしよう。

1)現在再生可能エネルギーの割合は7%で水力と合わせると現在15%になる。一方原発は2%で裁判を抱え、今後の展望(20%を目標)は開けない。

2)再生可能エネルギーを主力電源とするとしつつも(これは新しい動き)問題点のみを強調する。一方、原発については問題点について口をつぐむ。ところが原発は廃棄物処理の目処(核燃料サイクル)が全くつかないのみならず、福島の事故の処理も展望がない。さらに1)で述べたように原発再開について裁判を抱えている。

3)コストの比較がひどい。提言では再生可能エネルギーと蓄電システムをセットで議論するが、世界中のどこをみてもそのようなことをしていない。それどころかドイツは再生可能エネルギー優先だし、他は「接続+調節」が主流。日本だけ蓄電を組み合わせる。どの国もそのようなシステムをとっていない。またコストについては例えば太陽光はすでに一番安いレベルに落ちてさらに低下する傾向だが、原発は事故防止のためコストは今後上昇傾向。

以上ことついてはすでに国際再生可能エネルギー機関(IRENA)による報告が出ているが、
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/es/page22_002939.html
それについては沈黙を守っていることについては先に指摘した通り
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5250/trackback
https://blog.goo.ne.jp/bigsur5252/e/e0f9affe05e69b7c284cf84bfc96ec6b

はっきり言おう、「誤魔化しているから検証可能にしていないだけ」のこと。 自信がある人はすべてを公開にしているのはピケティで見た通り。

誤魔化す人たちは非公開にしたがるもの

というだけのこと。
revolution-fiscale.fr
http://piketty.pse.ens.fr/files/capital21c/xls/RawDataFiles/


追伸:
<日本の矛盾だらけのエネルギー基本計画>
日経web版ですら、以下のことに関し流石に疑問を投げかけている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30590710W8A510C1EA2000/

まず、
1)原発の将来像について全く具体性を欠く。40年廃炉(+20年延長可)の先の原発建て替えの目処が立たない。裁判等で再稼働の目処が立たない。核燃料サイクルの頓挫。 
2)コストではドイツの太陽光が9円/Kwhに対し、日本は何故か24円と2.7倍の計算。風力は10円に対し、2.1倍の21円と異常に高い。何故、こんなにも日本だけ高価なのか? 
3)送電網の「先着順」という仕組みが諸外国の「接続―調整」を阻み、<実質でなく計算上>の容量超過になる。
1

2018/2/12

嘘と恫喝と金で人を操れると考える者達  震災ー原発事故

<嘘と恫喝と金で人を操れると考える者達>
昨日の書き込みについて、外務省のHPにIRENAのデーターが出ていた。他の発電コストとの比較はあるが、不思議なことに原発だけは出ていない。あまりにミエミエで笑ってしまいますが、本来笑い事ではないが。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/es/page22_002939.html

欺瞞もここまでくると、なんと云ってよいか判らなくなる。

嘘と恫喝と金で人を何とでも操れると考える政治家や企業がいるということだ。
0

2018/2/12

電力会社の方が1枚上手  震災ー原発事故

<電力会社の方が1枚上手>
前回「入試問題の作り方」で解答が1つしか出ないようにするコツについて述べた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5225/trackback

そしてそこから「送電線容量ゼロ」のカラクリについても述べたが、今日特番で電力会社の具体的なカラクリが判明した。それは送電線の使用権は「先着順」で

 <発電している、発電していないに関わらず送電量をキープする> 

「カラクリ」であることがわかった。そしてそれができるのは電力会社が送電線を独占しているから。これは単なる取り決めでドイツでは「再生可能エネルギー優先」の決まりになっているし、イギリスでは「コネクト&マネージ」つまり接続してみて、そのうえで容量をコントロールするという方式らしい。日本だけ「先着順」に積み上げるので電力量が実質20%でも規則上満杯になる。

なるほど、電力会社の方が1枚上手の「解答が1つしか出ないようにするコツ」をよくご存知だということがわかった。




ちなみに、資源エネルギー庁の試算によれば発電コストは原子力が10.1円/kWhで風力、太陽光とも20円以上ということになっているが、世界では太陽光が10円程度、風力に至っては7円台だとか。例えば、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)のデータによれば、2015年の太陽光発電コストは英国:9.3セント、フランス:8.9セント、ドイツ:8セントだそうです。これって日本の原発のコストとかわらないか、安いのでは?

日本では、何故か太陽光も風力も大変お金をかけて発電しているらしい!?
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/nuclear/nuclearcost.html

あ、それから忘れていたが、原子力のコストは正確には10.1円〜/kWhです。この後ろについた(〜)が味噌。入試問題にもよくやる手ですが「目立たぬように書く、条件の類」ですね〜
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5225/trackback
1

2018/2/8

驚いた or それしか方法がない  震災ー原発事故

<驚いた1>
2/6、一昨日のアゴラで池田氏も「恐怖指数 =volatility index」を話題にしていた。ただし同氏の論はこれが逆に株価を変動させた原因だとするもの。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52009661.html

…確かにそれはあるかもしれない、私は情報を持たない素人が株価の微細変動を感知するツールとして(目的は朝鮮半島動静のセンサーとして)使ったが、実はその玄人筋も使っていたということか?? 


    てことは、株価を変動させる株主も私同様の素人筋?


<驚いた2>
2/7、昨日に続けてupされたアゴラの『「トリチウム水」の海洋放出に残された時間は少ない』の記事に驚いた。
http://agora-web.jp/archives/2030959.html

冒頭『ごく微量のベータ線を出すが、人体に害はないので「汚染水」ではない』 という。これは放射線生物学を長年勉強してきた者からすると教科書に書いてあった「内部被曝」の記述は気にしなくて良いということになる。<極微量な放射線を出す>トリチウムの最大の危険性が「内部被曝」であることを知らないはずはないと思うのだが??? トリチウム水自体が放射線を持たない普通の水と化学的に区別できないため処理の難しさがある。

だがこれは不思議なことではない。大抵マスコミに登場するのは原子炉工学の専門家で放射線医学などの専門家ではないからだ。以前もこうした専門家がマスコミで登場して「飲んでもいい」とか暴言を口走っていた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4393/trackback

確かに普通のRI施設では大量の水で希釈すれば自然界にも微量存在するトリチウム水を格段問題視することなく、排水できるし、事実している。しかしそれは微量であればということだ。原発から出るトリチウム水が微量だという話は聞いたことがない。

確かに同位体なので通常の化学的方法では除去できない。原理的には同位体効果という方策があるので不可能ではないが、現実的ではない。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4488/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4496/trackback


では、どうするか? 実は根本的解決策は今の科学にはない。溜め続けるか、リスク覚悟で太平洋に垂れ流すすしかない。 前者が事実上不可能な時期に入っているなら後者の選択を取るしかない。 

最大の問題は放射線廃棄物処理という課題を「解決しないまま」原発を作り続けたことだ。そのリスクは国民全員で引き受けるしかない。もう一度言う、

     「安全だからではない、それしか方法がない」からだ。


追伸
<より客観的な情報=幽霊会員になっている放射線影響学会のHPより>
http://jrrs.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=5556
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2227/trackback


要約:
『数百ミリシーベルトを越えるような被ばくとなる高濃度のトリチウムを摂取すれば、他の放射性物質と同様にがんや寿命短縮が起きる。ただし、放出濃度限度である「6万ベクレル/L」は、その濃度のトリチウムを含む水を1年間飲み続けた時に1mSvの被ばくが想定される程度でがんや寿命短縮が懸念される被ばく量の1%以下』

結論:リスクはあるがトリチウム水放出は取り立てて危険というわけではない。
0

2018/1/15

情報の非対称性と原発問題  震災ー原発事故

<情報の非対称性と原発問題>
このところ原発問題について考える。きっかけは時々お邪魔するサイトでの書き込み
http://shinzei-co-led.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/shinzei-d166.html#comments

以前は原発のもつ問題点に薄々気がつきながらも容認派だった。しかしその背景にあったものは限られた情報と、意図的隠蔽による判断だった。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2334/trackback

経済学では、アダム・スミス的世界では双方が十分な情報をもつものとして物の価値が決定されるという。しかし、そもそも双方が十分な情報をもつことなどないことを最近学んだ。その例にレモン市場というものがあるらしい。この中古車の市場では該当する車が事故車であるかどうかなど、性能に直接関係する情報は買い手には提供されない非対称市場、情報をもつ者が圧倒的に有利な非公正市場。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5201/trackback

同様に原発についての情報、例えば廃棄物にかかる費用が全く加算されていないことなど知らなかった。その経過を通しての判断の変更が果たして「見る目がない」、「ぶれている」、「今頃そんなことが言える」などと批判できるだろうか? 納得できない。



追加:
先週末は全国的な大イベント。毎回ヒヤヒヤものだが、今年はなんとかセーフ。狙いが同じものがあったが対象が違うのでセーフ。

0

2018/1/13

「数字でナンボ=実践から発言せよ」  震災ー原発事故

「数字でナンボ=実践から発言せよ」
2011年、あの震災が起こった日から電気、ガス、水道の使用記録をつけている。どれだけ省エネが出来るか?

基本は「辛抱するのではなく、工夫でどれだけ省エネできるか」だ。太陽熱温水器の使用を優先したり、LEDにしたり、24時間保温のシステムを必要時のみONにするというような工夫だ。 

先ほど昨年度2017年の結果が出た。それによればガスは74%、電気は62%、水道は94%。工夫したのは電気とガスで、何もしなかったのが水道なので当然の値だが。このように工夫すれば家庭用電量はかなり節電可能なのが実証できる。

「思い込みエコ」や「気分だけエコ」の人がいる一方、「原発がないと電力が賄えない」と公言する人がいる。両者ともどれだけの「数字」をだした上での発言か、どれだけの省エネをやった上での発言か? よく考えてもらいたい。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4409/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3968/trackback


口先出任せでなく、「数字でナンボ」の精神が重要。
0

2017/11/18

「あとは野となれ、山となれ」&「意図的削除?」  震災ー原発事故

『日本原子力発電が原電の廃炉費、大幅不足 原発建設に流用』このニュースを昨日車の中で聞いた時「やっぱり!」という気持ちが湧き上がった。それは原発を運営している組織に対する根強い不信感がその背景にある。

原電の廃炉費を原発建設に流用し大半が残っていないとのこと。なぜこのような重大な事件が話題にならないのか? ニュースを運転中に聞いたあと調べてみてもなかなか出てこず、検索しないと見つけることができなかった。大手のマスコミですら片隅に載せているだけ。きっと「忖度」があるのだろう。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6261462
http://buzzap.jp/news/20171117-tsuruga-nuke-plant-diversion/

つまり、廃棄物についても廃炉についても、「あとは野となれ、山となれ」ということだ
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5042/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4911/trackback

ちなみに廃炉費用の積み立て金は40年、利用率76%で計算されている。つまりそれより短い期間で廃炉になるものは不良債権化する。 これは「予想」ではなく、純粋な「計算」
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4454/trackback

因みにこうした重要な書類がいつの間にやら、経済通産省のweb上から消えている。もし隠す意図がないなら行き先のURLを明記すべきだろう。
http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131001002/20131001002-4.pdf

注)一見すると、探している資料が「インターネット資料収集保存事業」の中で見つかるような体裁をとっているが、いろいろ試しても見つからなかった。つまりこれは意図的削除
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ