2012/6/10

『寧波の美術と海域交流』  寧波1

『寧波の美術と海域交流』
中国書店、2009年初版、東アジア美術文化交流研究会編

先日気がついた点、即ち

<鎌倉仏教の源が寧波近辺の仏教文化>

という点について、今読んでいる『寧波の美術と海域交流』という本のなかで仏教美術に関してはそのようであることが明瞭に記載されていた。素人の思いつきだったが、まんざら間違いというわけではなさそう。 

それによれば、

『寧波仏画はこれまで「日本向け輸出品」といった漠然としたイメージが貼付けられていたが、当時(南宋時代)の寧波が中国における仏教文化の中心地であり…』p15

とある。個人的に日本の文化の源泉が中世、特に鎌倉仏教にあると考える立場からすれば、これは見逃せない。
『日本では鎌倉期、西欧ではロマネスク期。両者の共通点は民衆の信仰が生まれた時期』
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2569/trackback

この本によれば、この時期仏教美術が大量に日本に導入された。 その原因として当地の有力な寺院(延慶寺)が火災で消失し、その再建に大量の木材の日本からの輸入があったことと(つまり交換に仏画が輸出された?)、また当時、南宋から元朝への王朝交代期で、権力構造の変化も関係しているのではないかとの指摘もあった。p31

0

2012/6/8

寧波  寧波1

寛仁さま葬儀の儀式には遺体を柩(ひつぎ)に納める「御舟入(おふないり)」があるとか。同じ様式はかつて長江領域にも存在した。稲作と漁撈の儀式、日本文化の源泉を見るというのは言い過ぎだろうか?

今朝の『ビジネス展望』は寺嶋氏。アメリカのエネルギーはシェールガス、シェールオイルの開発により現在中東依存率は2割を切りつつある。同氏は主に日本のエネルギーについての言及だったがむしろ私が注目したのはこの点。

アメリカのエネルギー戦略からみるともはや中東は重要ではない。その上にたってのこれからのアメリカの世界戦略を予想しないといけない。
   …今後の戦場は東アジアだろう。


<寧波>
寧波の観光ガイドを読んだ後、この地に阿弥陀教や禅といった鎌倉仏教の聖地(生地)とも言える場所が散在することを知った。 

南宋時代の首都は杭州。当時寧波は単に貿易港というだけではなく中国仏教界の中心地でもあった。そしてその影響を深く受けた鎌倉仏教。 


この鎌倉仏教が現代日本文化に与えた影響を考えると、寧波に非常な興味を感じる。前回は何も知らない状態での訪問だったので本当に惜しいことをした。
0

2011/9/19

9日目(9/11 Sun) 最終日  寧波1

9日目(9/11 Sun) 
朝ホテルの窓からの眺め。浦東地区にも庶民の住む町があることを認識。3102 3104

クリックすると元のサイズで表示します

旧市街地へ、南京路にお登りさんをする。3109 後ろの高層ビルにあるホテルに以前、泊まりましたね〜〜
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1726/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

このデパート、上海第一百貨店は20年前は唯一の一番大きかったとのこと 3110 ここでSalsaしたよね♪
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1560/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

月餅を買う行列 3107
南京路でお土産を買う 3111

帰国便を第一ターミナルで待つ。3115
クリックすると元のサイズで表示します

2

2011/9/19

8日目(9/10 Sat)   寧波1

8日目(9/10 Sat) 
早朝、散歩してみる。3038
クリックすると元のサイズで表示します

四合院を発見。3039 3040
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2348/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

出発まで時間があるので湖畔でC教授とS教授と私で再度細かい詰めの作業を行う。 

現在投稿中の論文数件の対処法(投稿中の雑誌から落とされたら、どの別の雑誌に出すかなど) 1報は超有名誌、Scienceに出したのだから落とされる可能性は高い*。 さらに今後の研究の役割分担など、湖畔でやるのしては長い数時間に及ぶ。途中から向こうのスタッフ、院生も加わり、英語、日本語、中国語を交えての議論が続いた。

*帰国後Scienceに落とされたとこが判る、次にこれまた超有名誌、Natureに出す! これも難しいが出すだけはタダ(笑) ま、どこかの論文に出るまでこの作業が続く。

昼から寧波の町へ、3046

クリックすると元のサイズで表示します

天一閣に行く。3057 3062 3064
http://www.tianyige.com.cn

何故かパンフレット指定のURLには空白のページだったので下は日本語の紹介ページ

http://abc0120.net/words/abc2007052902.html

クリックすると元のサイズで表示します

16世紀からの本が納められているとか。庭もなかなかのもの。外界からは高い塀で遮られ、当時の知識階級はこの箱庭的空間で知的世界に埋没したのか?
クリックすると元のサイズで表示します
現代的なビルを背景にして静かな庭園が広がる。

寧波の町を出て、これから上海に。途中30キロもの長い、杭州湾にかかる橋を渡る。途中の展望台でただ泥の大河を見る。3075
クリックすると元のサイズで表示します

上海着。3083
クリックすると元のサイズで表示します

浦東地区の上海華君ホテルにチェックイン後、
http://www.huajun-hotel.com

浦東河畔のイタリアレストランで最後の夕食をとる。ライブ音楽もあり、流石に大都市上海。3087
クリックすると元のサイズで表示します

食後に河畔を散歩する。3093 3094
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの部屋はキッチンもある2DK、3096 3097 3098
一人で1泊のみはもったいない。自腹では絶対泊まらないからいいか!(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

ここに来てようやくネットに接続できる。明日は朝から少し上海の町を探索して午後の便で福岡に。
0

2011/9/19

7日目(9/9 Fri)  寧波1

7日目(9/9 Fri)
寧波より3時間以上かけて普陀山に行く。途中大きな橋を5〜6橋渡るがその2番目の橋は高速で飛ばしても12、3分渡るだけでかかる非常に長い橋。20キロくらいの長い橋なのだろう。舟山からは高速艇で目的地普陀山へ。距離は大してないが、ここは聖地だろうから流石に橋をかけるというわけにはいかないのだろう。上陸後待っていたのは何と海軍のバス。どうやら普陀山に駐屯する海軍に渡りをつけてバスを借りたよう。13:31 

クリックすると元のサイズで表示します

(ここらでカメラの調子が悪くなる)

しばらくバスに乗り、お寺に行く。3789

クリックすると元のサイズで表示します

シナモンの木が多い。3795 また蓮の池が美しい 3796 3799

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


沢山のお堂を廻る。3801 13:59

クリックすると元のサイズで表示します

ランチは何と海軍のホテルで、勿論普通の人は利用できないホテル。超豪華。C教授曰く、軍隊はお金持ちとのこと。3806 13:31
(ここでいよいよカメラが動かなくなり、諦めて後は携帯で写真を撮る)
クリックすると元のサイズで表示します

皆さんよく礼拝されていました。11.45
すばらしいレリーフ 13:58
皆がコインをのせることにしばし熱狂する塔 13:59

クリックすると元のサイズで表示します

巡礼風の若い女性 14:17

クリックすると元のサイズで表示します

観音像にたどりつく。15:08 ここでも礼拝 15:08

クリックすると元のサイズで表示します

ここにも凄いレリーフ、聞けば10年前に完成したとか。15:13

クリックすると元のサイズで表示します

どこかでみたような名前のお坊さんも 15:15

クリックすると元のサイズで表示します

これは鑑真和上の渡航をレリーフにしたもの 15:21
クリックすると元のサイズで表示します

夕食は寧波にもどり超豪華なレストランで 19:04 20:07


0

2011/9/18

6日目(9/8 Thrs)  寧波1

 
6日目(9/8 Thrs)
朝、仕事の前に辺りを散歩してみる。3771

クリックすると元のサイズで表示します

天気がよくてラッキー♪ 温度もそれほどなく過ごしやすい。3772

清時代から残る村落を丸ごと購入してリゾートホテルにした意図はよく判る。それぞれの部屋は建物を3分割して3部屋にしている。3770 それにしても下のURL 凝った作りですね!
http://www.shashanhotel.com

クリックすると元のサイズで表示します

聞くところによると此処に住んでいた住民は強制退去させられ別のアパートが支給されたとか、また希望者はこのホテルでの従業員になることも可能だったとか。

クリックすると元のサイズで表示します

民家以外にも大きな建物がいくつかあり、レストラン等に使用。3773

クリックすると元のサイズで表示します

湖畔は整備されていて遊歩道がある。3774

クリックすると元のサイズで表示します

湖には「釣り禁止」の立て札があったが、釣りを楽しむ人もいて、釣り具をホテルで借りることも出来るとか、よく判りませんw 夕食にはメンバーが釣った魚が調理されて出ていた。3776 3775

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの正面玄関に回ると、3778 今回の会議の掲示が張ってある。3777
それからは1日中仕事。 今回はこれまでの仕事をどのように論文にまとめるか、発表済みの論文との兼ね合いや、今後の研究方向性、分担などより実務的な話がメインとなった、予定では終わらず、後日また臨時に会合を行うことになった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/9/17

5日目(9/7 Wes)   寧波1

今日は中国でお世話になった研究者を学会に招待したので、学会前に阿蘇、別府につれて行きます。別府1泊の予定。

**************************************

5日目(9/7 Wes)
杭州から寧波へは高速G92を東へ、3727

クリックすると元のサイズで表示します

紹興を過ぎたところで4車線が2車線に工事中で狭くなるがここで急に渋滞。 車線が急に狭くなるのは目下国を挙げて道路工事をやっている中国では珍しくないが今回は込み具合が普通ではない。やがてほとんど動きが止まる。3732 渋滞になると我れ先へと頭を突っ込む。工事中の標識もなんのその、踏み越して工事中の車線に入り込む。ここら辺が中国らしいと言えばそうだが全く困ったもの。 3733

クリックすると元のサイズで表示します

この渋滞、実は前方で車数台を巻き込む交通事故が起こっていたのが原因。事故現場には沢山のパトカーと警官が駆けつけていたが。3737 

クリックすると元のサイズで表示します

交通規制をするでもなく、手持ち無沙汰に現場に集まっているだけ。中国の公務員は概してこのよう。いろいろ文句を言われる日本の公務員だが、中国に比べれば遥かによい。 3738 

クリックすると元のサイズで表示します

事故現場を過ぎるとまた高速で走ることが出来た。 大抵、走っているのは大型トラックか、高級車。かなりのスピードでトラックを追い抜く。途中、中国最古の水田遺跡(河姆渡:カボト遺跡)がある現場近くを通過 3742

クリックすると元のサイズで表示します

高速を出たところで「銭湖北路」を発見、Google mapによればこの先に目的地のリゾートがあるはずだが… 3746  

クリックすると元のサイズで表示します

寧波の都心部は予想通り高層ビルが立ち並ぶ 3747 3748

クリックすると元のサイズで表示します

ここでお兄さん、目的地のリゾートホテルまでスマートフォンを片手にGPS機能で現在位置を確認しつつ先に進む。3753

クリックすると元のサイズで表示します

後から聞いたところでは道路がドンドン新しく出来ているので、地図がどんどん古くなり地元の人でも目的のホテルを見つけるのが困難だとか。実際、別のグループは道を迷いホテルに着いたのは夜になってからだが、お兄さんは難なくこなす。

湖の周辺はあちこちに高級リゾートホテル、あるいは別荘とおぼしき建物がドンドン建設中。外見はヨーロッパ風の3〜4階だての大型建築物。別荘とすればとても高価だろう。3754 3757

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

目的のホテルでチェックイン中に顔見知りの北京の研究者で一度日本に招聘したことがある人物に出会う。3人で地元のレストランで遅い昼食 3760 ここでも食材を展示してあり、ここから好きなものを選ぶ形式。周りには本物の民家が並ぶ。3762 

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの部屋は清の時代の一戸建ての民家を改装したもので2階建て。

クリックすると元のサイズで表示します

勿論内部は改装済み。1階にリビング、トイレ、バス。2階が寝室になっている。もともとはここに一家族が住む広さか? 3764 3765 1人で泊まるにはもったいない。
クリックすると元のサイズで表示します

夕食は敷地内のこれまた大きな古い建物を改装したレストランで。 3768 3769

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/9/16

4日目(3/6 Tue)   寧波1

ようやく! 数年がかりで「老化」関係の最初の論文出る!!
     さて、これから研究分野の転換がスムーズにはかれるか?

   *******************************************


4日目(3/6 Tue) 
おそい朝食後、3人とも仕事で外出。夕食は自分1人でとることに。冷蔵庫の中にあるものとか、料理の仕方とか色々指示がでるが、こちらは連日の飽食で1食抜きたい気分。とりあえず飲み物と果物で過ごす予定。3719
お土産のカステラも早く処分しないと固くなるしね♪

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜洗濯してもらった衣服は朝には乾いていました。13階は対面のドアを開けておくと風がよく通りますので乾燥にはよい。こんな感じで 3721. 3722 

クリックすると元のサイズで表示します

ベランダの物干を上下させて服を乾燥させます。沢山干すことができ合理的。勿論階下の人のように窓の外に干す人もいますが、10階以上のところではちょっと危険では? 3723

一人でもあまり退屈に感じないのは、サイトに拘らなければネットに接続できること。(アク禁は多いが)それに何よりも無線LANが使えるようになって何処でもパソコンを持ち運び接続出来るようになったことかな? 今ベランダからの接続。3724

クリックすると元のサイズで表示します

前回も出来たはずだが、ZYはパスワードを知らず! 妹のボーイフレンドに教えてもらい自由に接続できるようになった。ただし自分のblogには何故か時間がかかる、別にアク禁になったとは思えないが… 
毛沢山 さんのところがサクサクいくからそれは違うな(爆)
http://blog.goo.ne.jp/emjes

夕方、思ったより早く帰宅。夕食がカステラだと聞いてZY料理を作りはじめる。卵料理にトマトと野菜の炒め物。

0

2011/9/15

3日目(3/5 Mon)   寧波1

今朝の『ビジネス展望』は最近意見がよく合う中北氏。 同氏曰く、

「円高は構造的なもので今後も続く、企業は外に打って出る必要がある、そしてその戦場は中国」

今回も全く意見は同じ。 方向性はいいとして、具体的にどうするか、研究・教育の世界しか知らない、ビジネスの経験のない自分にとってはそれからが大変。

しかし、最大の問題は… 
既にそういいながら一歩も二歩も踏み出ていることか!!



******************************************
3日目(3/5 Mon) 
ZYは仕事ということで昼は3人で昨夜と同じレストラン街に行き、隣の店に入る。最初お通し? みたいな感じで出てきたのがこのひまわりの種、なかなか食べるのが難しいです。なにしろ実はほんの少し。上が実で下が殻。写真を撮っていたらお兄さんから笑われました。3695

クリックすると元のサイズで表示します

右が卵料理、中に高菜みたいなものが入っていて結構いけます。左はトウモロコシと小麦粉をフライにしたようなもの油濃くって一切れも駄目です。ほとんど残しました。3696

クリックすると元のサイズで表示します

周りを見渡すとウエイトレスの人が先日の店も此処の店も背が低く顔たちも漢族とは少し違うような気がします。何処の料理なのか判りませんが、このレストラン街は少し民族性があるかもしれません。しかし湖南地方は漢族のはずですよね?? 判りません。

ところで意気込んで準備したのに、今のところアクロバット走行の現場に出くわしません。これは申し訳程度 3698

クリックすると元のサイズで表示します

昼過ぎから皆さんお仕事で部屋には私1人、確かに今日は月曜、平日でした。掃除か洗濯でもしようと思いましたが、洗濯機が当然のこと中国語でしか書いてないので、やめました(笑) ここは13階でドアと窓をあけると風がよく通り気温も湿度も低いせいかお昼寝によいです♪ 3700、3701

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昼下がりに散歩にこの団地の外に出てみる。ゲートには守衛さんがいて出入りを監視している感じだったので出るときに顔を売っておく、言葉が通じないので入るときトラブルになると困りますから(笑)

お葬式の行列が何処に向かったのかが気になったのでその道をたどる 3702 実は道が途中で切れていて、ちょうど窓から見えたところで行き止まり、そこにはお葬式の残骸が残る。3703 別に裏山のお墓に向かっていたというわけではなさそう。仕方なく冒険はここで終わり。

クリックすると元のサイズで表示します

ビルは出来たばかりで入居者が7割くらい(カーテンとクーラーの室外機から判断)だがメンテナンスが悪く、既に壊れたところとかが目立つ。この入り口の屋根は何か落ちて壊れた? もしそうなら危険ではないか? 3705

クリックすると元のサイズで表示します

ビルの外で夕涼みをしていると、バイク三輪車?が出前みたいなものを運びこむ 3706 

クリックすると元のサイズで表示します

また入居者の中には大小のペットを飼っているようで、これは大きな犬 3709

クリックすると元のサイズで表示します

夕方ZY山のような買い物をして帰宅。これから家で料理をするとか。3715 生きた蟹で指を挟まれながら 3713 今回も山のような料理をつくる。3718


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/9/14

2日目(9/4)  寧波1

今朝の『ビジネス展望』は十市氏、原発を巡るエネルギー政策について。

「2030年?までに原子力でエネルギーの50%の目標は当面なくなった、このままでは来年までに全ての原発が止まることになる。ストレステストなどを通じて安全対策を完璧にし20%程度を確保し、エネルギーの安定確保を計ることを期待したい。

日本は今回の事故を受けて世界的に原発の安全確保とその技術向上に責任がある。日本がやめても、お隣で原発をどんどん建設している中国で事故が起これば甚大な被害が及ぶのでその技術移転なども必要だろう」 とのことだった。

個人的にはそれなりに納得出来る内容だが、原発事故の被害を今受けている地域住民にはなかなか受け入れられないのではないか? また、原発がどんどん建設されているお隣の国の安全レベル(技術的と言うよりはより心理的)と考えると確かにこれはひと事ではない、日本だけがやめても意味がないというのも当然だろう。なかなか難しい問題。

つくづく、もし電源消失に対する対策が講じられていて、今回の大津波にも原発が堪えてくれていたら、、 
  未来は全く異なったものとなっていただろうと悔やまれる。
        勿論歴史に if はあり得ないが…

http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2353/trackback

2日目(9/4)
朝、太鼓の音で窓の外を見ると沢山の人が神輿のようなものを担いで行列をつくり裏山に登っていく(と、最初思った)

クリックすると元のサイズで表示します

お葬式ではないかと思い聞いてみると確かにその通り。 ま、葬式にしては楽しそうな音楽だがこれが中国式のようです(笑) 

朝食は出前で水餃子とスープ。それでかなりお腹いっぱいになったのだが、昼からまた食事に出るという! 川を渡って町中のお店で、看板には「Simple diet」とか書いてあったが、そこは中華、当然ガッツリ系「看板に偽りあり」です。 何処がSimple!? 

クリックすると元のサイズで表示します

このお店、中央に料理や生きた素材の展示コーナーがあってその中からお客が選ぶ形式。魚介類の水槽のみならず生きた鶏まで籠に入っています。う〜〜ん、これは感覚的についていけませんねw 山東省の田舎の店でも経験しましたが、
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2284/trackback

最近こんな展示形式が流行らしい。 ここで花のついたミニキュウリ盛りもはじめて食べる(笑) 

クリックすると元のサイズで表示します

昼食後、女性陣はフェイシャルエステへ、妹さんのボーイフレンドは仕事をしに消え、私一人西湖の畔の喫茶店で時間潰し。 ここは前回西湖に来たときも何度も前を散歩で往復したところ。堤が目の前に広がる場所で景色はいいですが3時間以上も待たされるとさすがに退屈!!   

クリックすると元のサイズで表示します

ZYは仕事の約束があるとのことで、妹カップルと3人で食事に出る、車で江南料理のレストランへ、ここも展示形式。 

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか高そうだと思っていたら、そこをやめてすぐ隣のレストラン街に変更。 

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも食べきれないほどの料理を注文、観察するにいつも1人当たり2皿以上の料理を必ず注文する、これにご飯が付く。どう考えても頭数くらいで十分だと考えるのだが? 結果、当然のように山のように料理が残り一部を持ち帰りにしてもらうが大部分は残したまま。いつものことながらこれには抵抗がある。

ところでこのお店、今まで行った事のある中華と少し違うよう。料理は唐辛子入りで辛いのなんのって… ただ四川風でもなさそう? これが噂に聞く湖南料理? 骨付き豚肉の入った炊き込みご飯風なものが白米とは別に出てきました。

その後、足湯に行く。待ってました!! 疲れがとれます。大好きです。
あまり「食」にはこだわらない方なので、上等なレストランでなくて、しかも1人一皿でいいから余った分足湯に行きたいと思う(汗) 

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ