2019/8/31

癌死も悪くない & 6日目(8/27)  杭州7

<現実と照らし合わせて検証したい>
先ほどようやく『真珠湾からバクダッドへ』を読み上げる。 正確には第八部(21章)の「前のめり」から、第十二部(41章)「通らなかった道」までの350ページ、全部で900ページを超える回想録の1/3程度ではあるが、ここが9-11からイラク戦争後の米国の前期占領部分で読みたかった部分。ある程度、目的は達したので取り敢えず一段落したい。いろいろ思うところは多いが、それについては後日。

今日から、またまた面白そうな 『世界をダメにした10の経済学』 を読んでいる。著者は経済学者から企業家に転身した人物で自由放任主義の立場から経済学に反撃を試みる。出版社もあの日本経済新聞出版社で、出たばかり(2019年)の本。

冒頭の出だしから<如何にも!という内容>だが、それこそ著者が言うように『現実と照らし合わせて検証したい』 p13(笑)


<病院を替える>
2ヶ月ぶりに病院に行く。昨日特定健診結果を受け取ったのと、そろそろ高血圧の薬が残り少なくなったから。ただし、今までの循環器内科の病院から別の総合病院に替えた。理由はこれまでの病院に満足できない点があったから。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5796/trackback

初めてということで、持参した特定健診結果をもとに注意信号が出ていた血中脂質、尿蛋白(+/-)の2点について、再度血液検査と尿検査、それに心電図の検査が追加された。しめて4,460円の支払い(保険カバー分も含めると1,486点=14,860円x 0.3)このうち三検査代が1,112点(11,120円 x 0.3 = 3,336円)は初診なので仕方ない。

病院内に張り出されていた医師名簿を見ると40人近い医師の殆どが九大系。数名が福大系のようだ。担当した医師は内科で専門は麻酔、透析関係。さて、この病院はどうだろう?


<がんで死ぬのも悪くない>
参考になる記事。世の常識を覆すような内容かもしれないが、大いに同意できる。
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/19/040700006/073000007/?waad=KOqJ8ACd

現在日本の男性の健康寿命は72歳、だとすれば残り5年程度!。パスポートの更新はこれが最後かな? それから寿命までの10年弱は介護を受けることとなる。ならば余命がわかり、介護もそれほど必要なく、自立も比較的可能な癌はそれなりに良いのでは? 癌にかかり余命を意識し、使命感を持って情熱を燃やす人々もこれまで沢山見てきた。先日も『がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」という番組が流れていた。
https://dot.asahi.com/dot/2018022300083.html

そう! 人は何時か死ぬのだ。どれだけ長く生きるかではない(断定!)


<明日はイスラ>
天気はどうかな??



<6日目(8/27)>
実質5日の中国は余りにも短かった。もちろんもっと長くしてもよかったのだが、町内の組長をしている関係で長期の留守は近所に迷惑をかける。もっとも来年度はお役御免。…それとも逆に、年末か春節頃に今度は長く休暇をとり「今後は組長は無理」と周囲にそれとなく知らせるのも1つの手かもしれない(汗)

最終日は空港宾馆泊だったので時間は十分にある。空港探索をしようということで7時頃に早めにcheck out してまず昨夜深夜営業をしていたマクドナルドにGO。ところがまだ空いていない。仕方なく隣のケンタッキーで早餐セット33元。高いしあまり美味しくない。ただしコーヒーはOK。

朝食後T2に移動。ここでまたセキュリティーチェック。これまで火车站,机场バス終点、そしてこのT2入り口の3箇所でセキュリティーチェック(最後にもう1回の合計4回)、非常に厳重だ。それだけテロの脅威があるということだろう。比較して日本は本当に呑気だが来年のオリンピックを控えそれでいいのだろうかとも思う。社会が安全なのは何よりも価値のあることだが、それに慢心してはその安全すら標的となり社会の安定を損ねることになる。

T2では今回の課題の1つ、AEONカードを使ってみる。ジムに入会するのに仕方なく入ったカード会社だが、年会費がUC Goldカードの1万円にくらべはるかに安い。銀行発行のカードもあるが、これは口座直結のため安全のためには使いたくない。手持ちのカードが3つもあるのは不経済。特に年金生活者となったからにはダウンサイジングがテーマなのでUC Goldは今年を最後に解約予定(先日解約済み)。そのためにAEONカードが確実に海外で使えることを確認したかった。インターナショナルと名を売っているので当然可能なはずだが、常に実証が必要というのが自己流。特に世界標準はpwdが6桁なので日本の4桁が通じるかチェックしたかった。前回これでUCカードは使えなかった。日本も早く世界標準にすべき。番号の末に00を加えるとOKだという未確認情報もあるが、どうだろう? ご存知の方がおられたらコメント頂きたい。

T2のお土産屋さんではpwd入力なしで問題なく使え、最後のpwd検証が出来なかった。ターミナルのスターバックスで再度検証。ここは以前、pwd入力しているのをみたことがあるが、blogをチェックしてみたが記録なし。試しにコーヒーとmix berryを注文。pwd入力でOK、これで今回の旅の課題の1つが完了。こうした情報は記録しておくと後々ためになる。(先に書いたように、使用可能を実証した後、帰国後即解約し、UCカードと紐付けされたETCカードはその場でハサミを入れ、新たに別のカードでETC申請も済んだ)結構、私もテキパキの方かな?(笑)

飛行機待ちの間、隣の人が突然、アザーンを唱え始めた。スマホの画面にアラビア語と思しき文字が並ぶ(盗撮しました、汗)。杭州からの長距離バスでもモスレムの一団、数年前からこうした風景が上海・杭州界隈で普通にみられるようになった。初めて中国を訪問した時は英語と日本語が溢れていたが… これも時代の流れ。一帯一路は確実に進みつつある。そして日本の影はだんだん薄くなってきている。

クリックすると元のサイズで表示します

最後にこの旅行中のスマホの使用状態もチェック。圧倒的にWeChat>写真>Safari>地図の順番。機内でiPhone7の位置情報機能を使ってみる。wifiやデーター通信なしでも方位が示す。飛行機はまず南>東と進み、最後反時計回りに博多湾から着陸したことがリアルタイムでわかった、この仕組みご存知の方がいたら教えてくだされ。ただし、緯度経度表示は出ない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/30

ETC/健康診断済み & 5日目(8/26)副題:怒涛の1日  杭州7

<パスポート申請>
パスポートの期限が来年三月ということで役場に行き戸籍抄本を入手してきた。10年前申請時はまだ熊本のままだったが、その後本籍を福岡に移したので戸籍抄本も必要となる。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/henkou.html

外務省のHPで申請書を作成、pdfをダウンロードしUSBに保存、7-11でプリントアウト。これで後、写真が揃えば4点全て揃い(申請書、写真、パスポート、戸籍抄本)いつでも申請可能。今週は雨が続くみたいなので、来週くらいに晴れてから行くかな?


<ETC申請>
銀行発行のクレジットカードでETC申請した。1週間程度で新しいECTカードが届く予定。イオンクレジットより銀行の窓口でやる方が便利だと判断したが正解、実に簡単にできた。


<健康診断結果>
中国滞在中に診断結果がでていたのだが、日程をずらして貰い、今日木曜に受け取る。基本問題なし♪

LDLコレステロール値が高いのは前回と同じ。前回共済関連医療施設で受けたのとほぼ同様の結果。L食事に気をつけるようにとのアドバイス。ただし尿酸値は高くないので高タンパク食というよりは、マーガリン等の脂質摂取が注意点なのだろう。パンにはマーガリンの代わりにオリーブオイルをつけて食べるという選択肢も考えようかな? ちょっとつまらないけど…(汗)

クリックすると元のサイズで表示します



<5日目(8/26)副題:怒涛の1日>
午後から上海へ移動して空港のホテル泊の予定なので、ゆっくり過ごす。朝、自宅周囲を散策時、今更ながら玄関前に電動バイクが停めてある。ちょっとの買い物とかに便利。実は商店までかなりの距離があるので歩くのは大変。

クリックすると元のサイズで表示します

自宅前の歩道から曲がりくねった散策路の横に団地の共通スペース、東屋。随時ゴミは捨ててもいいようだ、分別は2種類、「腐るもの」と「それ以外」超簡単だ♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は車で近くの食堂街に行き早餐を摂る。右端の豆腐のスープ?がなかなか美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食後青空市場へ食材の買い出し。わずかばかりの野菜を広げて商売している近郊の農家の人もQRコード決済、紙製のQRコードが見えるだろうか? 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何処かの経済評論家がこうしたキャッシュレス決済は中小企業に打撃となるというようなことを書いていたが、中国では乞食でもQRコード。誰とは云わないが、あんな無知な評論家がそれなりの評価を受けていること自体が日本の七不思議
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5535/trackback

細長い野菜(豆類?)と青梗菜? それに葡萄、リンゴを持ちきれない程、沢山購入する。葡萄の一部は上海までのバスで食べるように指示がでる。(いつも有難いけど、荷物になるのだが…) 青空市場の場所は向山农副産品交易区の外。青空でない市場もあるようだが、そこでは買わず青空市場だけで購入。曰く、こちらが新鮮で安いとのこと。買い物帰りにみかけたHITACHI ELECTRIの看板。日立と関係あるのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ランチは妹夫婦たちと上海行きの長距離バスがでていた(この時はまだ閉鎖されているのを知らず!)黄龙站近くのレストランで摂る。今回は新しいベンツで来ていた。毎回違う高級車に乗っているようで、まあ富裕層なのでしょうね、私は一生ベンツという選択肢はなかった(涙)

クリックすると元のサイズで表示します

ランチ後ゆっくり武林街のいつものカフェー、MANN COFFEEでお茶。これまでは夕食後で昼間来たのは今回初めて。それで気がついたのだが、2Fには中高生らしいグループが勉強中。1FにはiMacが二台備え付けられていて、持ち込みのみならず、この備え付けパソコンも自由に使えるようだ。日本のスターバックスも顔負け。

クリックすると元のサイズで表示します

この日集まった0歳児、3、4、6歳児の中で自分のスマホを持っていないのは0歳児だけ(笑)。 皆自由に使いこなしている。驚きだ、と云うよりこれでは先が思いやられる。

クリックすると元のサイズで表示します

3時頃、上海行きのバスに乗るため再び黄龙站に戻る途中の地下鉄工事現場。霧吹きが温度の低下に活躍している。この光景はあちこちで見かけた。

クリックすると元のサイズで表示します

黄龙站近くまで来て突然ランドローパーが動かなくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

すぐそこなのでここで「再见」。皆と別れてバス停に1人で徒歩で行く。到着すると驚いたことに工事中のような表示があり閉鎖の文字。何処か近くに移転したのだろうということで、近くにいた公安の人に下手な中国語で聞くがどうもこの黄龙站そのものが閉鎖のよう。慌ててローミングONにして家族メールでその旨を全員に伝える。取り敢えず皆で調べてもらい、武林站の最終が4時ということまで判る。以前は7、8時まで黄龙站ではバスが出ていたがどういうことだろう?! その時点で4時まで残り20分。

家族と合流して滴滴を捕まえ、武林站の最終に残り5分前で滑り込みセーフ。なんと今回2つの大きな想定外のトラブルが続けざまに発生、皆の助けで事なきを得たが、もし1人なら到底挽回不可能だったろう。 家族に大感謝。もちろんこの間、慌てていたので写真はなし(笑)

実はこの後にもう1つの想定外の事件が起こるのだが、この2つに比べると十分余裕のユーちゃんだった(笑)。この間の30分ほどのローミングによる通信で海外通信量は60.7MBから89.4MBに増大。出発前は50MB程度だったので今回の旅で40MB程使う。前回より少ないが、さてどのくらいのローミング料金になるだろう? このデーター次第で色々海外でのweb使用の方法を考えないといけない。因みに持ち運び海外用wifiを携帯すると中国だと1日600円の使用料に保険(必須)が500円で1日合計1100円程度。結果次第ですが、今回は色々トラブルの連続で仕方ないというより、ローミングが使えてよかった!!

兎も角、なんとか浦东行きの長距離バスに乗り込み一安心していたが市内を45分ほど走りまった後、火车站に止まり全員降りるようにとの指示。車内の乗客、とりわけイスラム系(女性のスカーフで判る)の外国人グループが騒つく。リーダーと思しき人物が「我々は浦东行きだ」と英語で運転手に抗議していたが、運転手が英語が判らないようなのでどうしようもない。 しばらくして車掌らしき女性がやってきて何とか事情が掴める。どうやら手荷物検査が武林站ではできないので、ここで改めてセキュリティーチェックをするということらしい。これまではそのようなことは1度もなく、直接上海浦东まで直行していたのでこれは新たなシステムか? もっとも、こちらは2つのトラブルを乗り越えてきたばかりので「何でもドンと来い」の調子で落ち着いたもの(笑)

ようやく<同じバス>に乗り換え出発。その時気がついたことに車内に大きく「禁止饮食」の張り紙。でもこれでは漢字が判らない外国人(日本人は除く)には通じないだろう? それともこれは中国人向け? それなら良く判るが、逆に少しハードルが高いのでは?と思ってしまう(笑)どこでも食べ散らかして車内であろうとゴミを捨てるのがこの国の常識。

クリックすると元のサイズで表示します

車窓から見る風景は何時もと同じ建設ラッシュ。世の評論家は中国住宅バブルを北京オリンピックの頃から叫んでいるが予測は外れたまま。上海の不動産は今でも上がり続けている。これについては誰も弁明をしていない。「それでも中国は崩壊する」という評論家はいるが(爆笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

建設中の住宅ビル群を横目に見ながら人口動態では不動産はこれ以上不要なのだろうが、中国はまだ核家族化途上にある。核家族化で人口は変わらずとも世帯が増えれば家は必要とされるのかな? しかし、最近の新しいファミリーは「祖先還り」をしつつあるようで、大家族で大きな家を持つ伝統が復活しているのか?(これは特例か?)などと考えたり、自分も含め世の評論家ですら10年先のことも結局判らないのだと自嘲的になったりで、色々考えるうちに無事上海浦东に到着。

宿はデポジットが300元。予約してもらっていて料金も払い込み済みだったのでデポジットが必要だとは想定していなかったが、ここも無事手元に380元残っていてギリギリセーフ。今回はギリギリセーフの連続だったが、家族の手助けで無事予定通りの旅となった。感謝、感謝。なお、この空港にあるホテルは高いがwifiはスムーズでpwdもなしで使用できる。 シャワーを浴びたあと、夜11時頃の国際空港を散歩してみるとマクドなどの食事の出来る店はまだ空いていた。0時すぎの深夜はどうかと気にはなったが疲れていたのでそれ以上の探索は中止して宿に戻る。

別件:上海はN31°9’7” E121°48’6” 良渚はN30°22’9” E120°1’44” 共に高度は10m これはWifiもローミングもなしでも出てきた(画面左端に注意)。ということはweb経由での測定値ではないということか?  何方か仕組みをご存知な方はコメントくだされ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/29

カード解約 & 4日目(8/25)  杭州7

<クレジットカードカードの整理>
今回の旅の課題の1つが年会費1万円もするUC Goldカードの契約解除。 AEONカードを2箇所で使ってみて(1箇所はpwdなしで使えたので、わざわざpwd入力が必要な店を選んで使ってみて両方確認した)何も問題はなかったので今後は、AEONカードと銀行のクレジットカード2本体制とする。ただし通常取引はAEONカード利用予定。銀行カードは口座に直結しているのでリスク回避の為にATM以外は使わないつもり。

早速Goldカード会員専用電話に連絡すると即座に解約ができた。直後にカード2枚(1つはETC)にハサミを入れる。年金生活者仕様のダウンサイジングがさらに1つ進んだ(笑)。これまでUCカードでの引き落としの対象となっているETCとJAFはどうしよう? ETCはAEONカードで契約する手もあるが、ETCは今では普及しているので現金決済でも大した手間ではないし、今後はそれほど高速を使うこともない。JAFは来年四月まで時間はあるし急がずとも良い。予定をスマホと手帳に入れておく。

追伸;など言いながらも早速、イオンのサービスステーションに行き、ETC契約をしようとしたが、そこでは無理のようで連絡先だけGET.



4日目(8/25)
朝から現在地の確認のため地図を起動してスマホが示す場所を確認後、散歩してその精度を検定した。日本の場合GPSの位置はかなりズレていることが多いが、実に正確にGPSが機能していることが後から判明する。現在位置を正確に表示(正確に建物をピンポイントで指摘していた)。こうした実証実験で現在の中国の科学技術が高度化していることに気がつく。迷わないように各分かれ道で写真を撮ったが、結果的には番地表示と地図があちこちにあり、判りやすい団地の構造であることが判る。見立たないが少し北西側が丘になっていて、確認しなかったがvista pointがありそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

環境は抜群で、様々なタイプのモダンな建物が建っている。見た目は大きな屋敷だが、どうやら集合住宅で1つの建物に〜4世帯?が住む。それでも1世帯ごとの床面積は広く、2世代が十分住める規模。ちょっとモダンな造りの建物は屋上庭園をなしているが、20〜30年後に植木の根が建物のコンクリート部分を壊さないか心配だ。これにつては既に注意しておいた。幸い自宅のベランダには小規模の植木、野菜類?しか植えてなく取り敢えずOKのよう。団地内には池つきの広い庭園もあり豪華。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

入り口は基本2箇所で守衛がいつも待機しているが、それ以外にも数箇所門はある。ただし、平常時は閉ざされていて出入りできない。当然のこととして監視カメラが左右にありセキュリティーは抜群。この団地の住民がプチ富裕層ということもあるだろう。10年ものの中古住宅が400万元=6,000〜7,000万円したというから当然。これは購買力平価で考えると日本の億ションに相当するだろう。ランチ後、色々地図で周囲の環境を調べる。自宅の高度は海抜10米と意外と低い。

クリックすると元のサイズで表示します

周りに湿地帯が多いのもそれか! ここの住民は当然、自家用車利用らしいが方法がないわけではない。団地の出入り口は2つしかないが、北口(家から1.7km)に「阳光天际」なるバス停がある。もう1つのより近くの出口は東側で川沿いの道路にでるが、公共交通の便はないのでもっぱら車専用。北口から地下鉄の終点1つ前の「杜甫站」まで行き。そこから地下鉄2号線に乗り市街地に行く方法。ただし経験はないとのことで地下鉄の駅へは滴滴利用で10元と格安。もっとスマートに、キックボードで地下鉄終点の良渚站という方法もあると思うが、ダメ? 日本も中国も車優先の都市開発をしている。

クリックすると元のサイズで表示します

本日2度目の散歩でさらに丘陵部を探索。地図でvista pointなる表示が出ていたことが理由だが、結論から言えば何もない。同じような風景が続いていただけ。ただし、少し丘陵部は上級クラスの住宅とみた。池のある公園には管理組合の責任者が表示されている。

クリックすると元のサイズで表示します

常時業者が周り、ゴミ掃除などを行っているようで全く団地内にゴミがなく植木も手入れが行き届いている。丘陵地帯の住宅は路面に面した部分に車庫があり、そこに駐車したあと階段(あるいはエレベーター?)で登り自宅に入る形式。かなりの高低差(2〜5m)があるので老人はエレベーターが必要だろう。豪邸になると車庫から玄関までかなりの高度差がある。先の植木の根の問題も含め、20〜30年先の生活までは計画には入っていないということか? 日中共に同じ問題をはらんでいるということ。植木については30年目の自宅で色々問題を経験したので少しは利口になっている口(笑)。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5841/trackback

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/28

一日の長 & 3日目  杭州7

今日2回目の投稿


<キャッシュレス詐欺>
ドコモのキャッシュレス詐欺のニュース。いかにもありそうで、しかもその対応も如何にもドコモらしい
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5699/trackback

あの時、『ドコモの従業員のレベルは低い…(ドコモは)普通のレベルの仕事ができない』と感じて、「d払い」を止め、「PayPay」1本にしたのはこうした事件を予感したから。

こうした詐欺は自己防衛しかない。中国にいる時も安全のため、クレジットや銀行口座の出入りを何度かチェックしていた。1つ問題なのはAEONウォレットが「サーバーで問題が生じました」とのメッセージが出たこと。これは中国からのアクセスが原因か? 帰国後再度アクセスすると問題なかったが、それならそれで理由を知りたい。いずれサービスステーションに行き原因を聞く予定。エラーコードはA08205。なお銀行のWallet+やUCカード、PayPayでは問題なし。

クリックすると元のサイズで表示します

とはいえ、これらは立ち上げ期にはよく起こる犯罪、それなりの安全が確保されるには時間がかかる。余り知られていないがペイペイはインドのモバイル電子決済サービス最大手のPaytmの技術を基盤としている。インドの技術と云って侮るなかれ、インドはIT先進国というだけでなく、銀行制度が未熟なこの国では電子決済が最も早く進んだ国、「一日の長」ということだろう。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36927800V21C18A0X30000/



3日目(8/24)
カフェテリア形式の朝食。子供たちが食べきれない量の料理を持ってくる。結局かなりの量食べ残す。これは習慣だから仕方ないが、1つの原因としてお爺ちゃん、お婆ちゃんが孫の世話をしていることと関係あるのだろう。彼らの世代、中国は貧しかったので食事を大量に作ることは贅沢の1つだったのだろう。最終的には写真のほぼ2倍量持ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

それに文革時代の負の遺産もある。当時食堂は食べ放題だったらしい。これは飢餓を増大させた原因とされている。その影響もあるに違いない、これは私の独断と偏見。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5667/trackback

中国の食習慣でこの量が半端ないことは健康問題も引き起こしている。成人病による財政負担は米国についで大きい。例えば、糖尿病のコストは中国1,700億ドル、米国1,050億ドル、インド730億ドルと最大(但し、人口比で比較すべきだが)。こうした国民健康レベルは日本が格段に上位。こうした問題は将来の中国経済に重くのしかかるだろう。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5782/trackback

カフェテリアから外の眺めは抜群。ただし暑いので早々に室内に退散。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝食後はお婆ちゃんがやってきて孫を引き連れホテルのプールに行く。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチ後、再度博物館に行く。昨日見れきれなかった分をゆっくり見学。土曜日なので人が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

ビデオでの説明と模型の組み合わせが抜群。非常に判りやすく、これほど親切な展示も初めて。祭祀が行われ、太陽信仰により埋葬や稲作の時期が決められたのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

この時代から城壁は藁で包んだ土塁で作っていることが模型と実物の展示で分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

当時から玉が重要な祭祀の道具であることが判る。

クリックすると元のサイズで表示します

ボランティアの学生が多数駆り出され働いている。手すりに寄りかかって模型とビデオの解説を見比べていたら女子中学生と思しきボランティアの学生から注意された(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/8/28

風向きが変わった? & 2日目  杭州7

風向きが変わった? 少しも驚かない。これが歴代政権と同じ道を辿るか? 末期に反日カードを切るのがあの国の常道



2日目
朝食後博物館に行く。地図で確認すると歩いていける距離のようだが(<最初の印象。出口が2箇所に制限されるので実質3km以上の距離がある)。子供連れだったこともあり、車で移動。コンクリート造りの大きな建物で内容も実に素晴らしい、隣に管理委員会の厳格そうな建物があるのは愛嬌。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

周囲は堀に囲まれ蓮の花が咲いていた。見学は無料、但し身分証明書(パスポート)提示が必要でセキュリティーも見かけ上厳しいが、金属探知機のアラームがなっても誰も気にせず通過した(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

展示内容もびっくりするぐらい豪華でパノラマ模型の他、 沢山のCG合成による歴史解説も群を抜いていて、中国語が分からなくても十分理解できる。CGの隣に模型および歴代の土器の展示という配置もこの遺跡とそれを囲む一帯の歴史変遷の理解を助ける。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

出土した石製の鋤が幾つかの断片を集めて1個の鋤にしていることが判る。鎌は当時の人の多くが左利きであったことを示す。また模型パノラマと断面図が並行して展示され、この遺跡の構造の理解を助ける。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

子供(子3人、うち1人は米国籍、が杭州でお婆ちゃんと生活、学童時の2人は山東でお爺ちゃんが面倒をみる。幾分緩和されたとは云え、中国の1人子政策を知る者には驚きだろう)連れだったので初日に観たのは2時間程度。全部で4展示場を駆け足で見たので後日また行くことを計画。帰りがけにアフリカからと思われる一団が来ていた。普段、こうした他人を撮るのは遠慮するのだが、これは私のスマホを勝手に使って撮影したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は中国菜、 左上の地瓜(digua)は日本にはなさそう。美味しいが脂っこいので注意。

クリックすると元のサイズで表示します

2日目(8/23)の昼頃に家のWifiのpwdを聞き自由に使えるようになる。これからのローミング量に注目。2日目、昼の合計量は60.7MB(23日、朝時点で51.5MBこれは飛行場と杭州のバス停で写真を送ったのが大きかった?しかし、連絡には必要なので仕方ない)

午後から足湯?に行く。子供用の足湯もある! 灰指甲(huizhijia)は日本にはない。これは足裏と爪を切る治療法? 修脚(xiujiao)の1つか?

クリックすると元のサイズで表示します

2日目の宿泊はわざわざ近くのリゾート&スパ・ホテル NARADAを取ってもらう。実際はこのホテル、一見豪華だが色々欠点あり。例のごとくロビーは豪華絢爛。子供の遊び場になっているが、床はコンクリートなので危険。

クリックすると元のサイズで表示します

1)建物の構造 2)異臭&wifi問題 3)電灯 4)水道の水が最初汚い。見た目だけ豪華だが実態がともなわない典型。星1つ(断言)!
http://www.naradalz.com/cn/index.aspx

1)まず細長く、枝別れた構造で相当歩かないといけない、しかも部屋番号5212と階表示が無関係。2階の部屋を探し難くかつ迷いやすい。1度ならず迷った。

クリックすると元のサイズで表示します

2)最初の部屋に異臭があるので部屋を替えたのだが、部屋番号と予約電話番号の組み合わせでwifiが使えるようになる仕組みで、その変換が出来ず手間がかかった。 全てが自動設定なのだろうが、予定変更が起こる(中国では多い)と人がそれについていけない。スッタモンダの挙句、特殊な方法でようやく解決。詳細は省くが、中国の電話番号を持つ人なら解決できるが、そうでない外国人には無理な方法。(パスワード一時変更手順が必要で、この為の「一時パスワード」が電話で届く仕組み)
3)電灯に総電源スイッチがあり、これを切るとどの電灯も点かない仕組み。最初それが判らず、手間取った。英語での表記がないので外国人には向かない仕組み。だいたいこんなことでのトラブル経験は今までない、室内デザインが悪い。
4)これには驚いたのだが、長く使われていない部屋なのか最初水を出すと暫く色のついた水が出る。流石にこの時点でこのホテルの点数は0点=星1つとなる。

経営形式がどのようなものか判らないが、これでは普通だったら評判は落ち長く持たないだろうとも思うが、ここは中国その限りでない。このホテル、意外と外国人宿泊客が少ない(あるいは西洋人は見かけなかった)。それだけ中国にも富裕層が増えたということか? 部屋は茶室まで付いている。値段は800+@=1000元程度。高過ぎる!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/27

1日目  杭州7

先ほど帰国。
teacupがアク禁になって、BackupにGooを準備したが、前回も今回もアクセス出来ず。Gooもアク禁になったよう。amebloへの移動決定。

中国もそのうち自由社会の仲間入りだと昔は思っていたが、どうやらアセモグルの予想とは裏腹に、「自由でない社会でも発展する」例を見ているようで、少し憂鬱。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4885/trackback

それにしても、今回は行きも帰りも想定外の事件?が起こり、無事予定通りに移動できたのは運と周囲の助けです。とりあえず家族に感謝です。詳しくはいずれblogにて。

1日目;22日(木)
前回同様バスで空港に行く。前回はガラガラだったが、今回は学生らしき若者が多かったのは夏休みだからか? 到着した空港(国内線側)は新しくなっていてちょっと戸惑う。国際線の方は相変わらずだが、搭乗手続きの部分にプラスチック製のセパレートができていた。

クリックすると元のサイズで表示します

Gateは一番遠い一階下にエレベーターで移動した50R。 運賃の安い航空会社用か? ただしカフェテリアや売店があり。設備は良い。1時間遅れで出発、機内食はサンドイッチ、味はまあまあ。上海到着後も30分近く航空機にタラップが取り付けられず4時25分到着(現地時間)のはずが、5時半頃になる。そこから急いで入境手続き。すべて手荷物にしたのが正解だった。この時点で杭州までの長距離バスに乗れるか心配だったが幸運もあり6:20分発(この時間帯は他の時間帯より便数が2倍多い?)に乗れる。遅れれば次は7時。料金は120元だったが、杭州行きの乗客を優先してくれる人の案内で5元増し。5元で早い便に乗れればOK(笑)なお、最終便は現時点で8時のよう。早めの便を取るのがリスク回避に必要。

追伸:後で気がついたが5元は保険料金とされていた。しかし、今まで取られることがなかったし、帰りのバスでも要求されなかったので優先待遇のサービス料金と考えよう(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

杭州までのバスで隣人から何か中国語で問われるが、全然聞き取れなかった。それで最初英語で会話したが、すぐ私の和製英語に気がついたか「日本人か?」と問われる。何とその若者が九大に留学している杭州人!もちろんその後は日本語で話す。彼はシムフリーで日本と中国でスマホのキャリアーを使い分ける。成る程この手があるか! 今後の検討課題としよう。初日の最終段階でのローミング合計は51.5MB。不要な時は、機内モードにしてモバイル通信をできるだけ抑えるように心がけた。さて、その成果はどうか?
 
追伸:最終日で89.4MBこれはダブルトラブルで緊急に連絡が必要だったから。

3時間、トイレ休憩なしで杭州着(夜の便はいつもトイレ休憩なし、昼間は必ず1回ある)。WeChatで到着地の画像を念のため送る。バス停は4つ(知る限り2つ)あるとこの時点で認識していたが、これまで全ての杭州終点は武林门。杭州から上海への帰路、これで大トラブルが発生するが、家族の助けでギリギリセーフ。これについては後日詳細を記す。

バス停で待ち合わせ、それから遺跡の近くの自宅まで1時間弱かかって到着。すでに夜の時間帯だが、いつものように沢山食べさせられる。それでも葡萄とエビが美味しかった。その他、カボチャか瓜のようなものを煮たものもそこそこいけた。

周辺は実によい環境で家も十分に大きい。団地内に入るにもセキュリティーが厳しく門番がいるのは中国では普通だが、なんとなくこれまでの団地とは違う。ランクが1つ上がった感じ。聞くところによれば10年ものくらいの中古物件だが400万元したとか。皆んなで協力して購入したとか。成る程、いかにも大家族的。駐車している車もベンツやBMWなど高級車ばかり、ペットを飼っている家庭も多い。住民はプチ富裕層?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回ベランダが2つあることに気がつく。1つは物干し専用か、現在天井を設置中で工事が入っていた。もう1つには家庭菜園? ベランダから植物の実(栆zao)に手が届く。

クリックすると元のサイズで表示します

1階(建物としては3階)に大1室、2階(4階)に3室(内大1室)の構造で大2室が浴室付のかなり大きな部屋。共有部分が広いので2〜3世帯が住める規模。贅沢な高級団地。北西側の小部屋の窓側に国道が走っているようだ、普段は気が付かないが窓を開けると車の走行騒音が聞こえる。 団地の名前は良渚文化村。団地内の道路は入り組み現在地がなかなか把握し辛い。風光明媚で緑が非常に多い。
0

2017/5/10

7〜8日  & 韓国の大統領選  杭州7

<韓国の大統領選>
韓国の大統領選が決着したようだ。これからの日米韓同盟の将来も難しい側面がでてくるだろう。

偏見かもしれないが韓国という国、日本以上に危機管理ができていない国だと感じる。地政学的難しさはあるにしても戦争中(目下停戦中)の国が紛争境界線の近くにソウルという首都大都市や仁川国際ハブ空港を建設したり、毎回大統領は政権末期には死に体どころか、逮捕されたり、自殺に追い込まれたり果ては暗殺されたりと、ロクな目にはあわない。今度の文在寅氏の将来もどうなるかわかったものではないが、自分だけは例外だと考えているのだろう。

<日曜上海に移動>
帰国の便は月曜だが早い便なので、当日杭州出発だと早朝から動かなければならないのは不便。それに翌日には授業が控えているので乗り遅れとか起こると面倒。というわけで前日上海浦東泊ということで予約を取ってもらう。(宿泊料金を予め入れておくと、宿泊時のデポジットが不要で便利)

昼過ぎ家を出て黄龙のツーリストセンターに行く。ここが武林のバス停より出発バスが判りやすく。(黄龙では上海浦東行きは20番と決まっているが繁華街の武林は場所が混雑で移動することがある)トイレや雨をしのげる設備もあるし、場合によっては軽食も済ませられる。

朝食を摂らなかったのは、3時間のバス旅があるからだが、「食べておけ」と煩くいう。結局、KFCの持ち帰りを無理やり持たせられる。もっとも浦東につくまでコーラを少し飲んだだけで食事はせず。空港到着後ターミナル連絡路のベンチで食べる。お腹が空くのは我慢できるが、トイレに行きたくなるのは長距離バス旅では絶対に避けねばならないからね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

1:30PM発のバスに乗り込み3時間かけて上海浦東空港に到着。いつものように到着直前でトイレ休憩。どうせなら、もっと早く休憩に入るか、それともあと少しなので直行すればよいといつも思うが、何か特別な事情があるのかもしれない?

さて事件?は、浦東到着後に起こる。ホテルのShuttle Busを探していたらタクシーの運転手が盛んに声をかけてくる。それでShuttle Bus Stopはどこかの聞くと。シャトル・バスはないと言う。しかも100元で連れて行くという。 あまりにミエミエの言動につい英語で『No way!』と大声を出してしまった。実際少し探すとすぐシャトル・バス停が見つかる。近くに公安もいるが見て見ぬふりでもしているのか? よほど公安にこうした悪質な客寄せ、否、詐欺行為を指摘しようかと10メートルほど公安に方に向かったほどだが、変なトラブルに巻き込まれるのは嫌なので途中で引き返した。こうした面は今でも中国はレベルの低さを残している。ま、日本も昔はひどい客引きがいたことは承知している。これもどこの発展途上国も一度は歩む道だろう。因みに無料シャトルでホテルまでは10分程度。

さて、今回はスマホのWifi機能とモバイルデーター通信機能を切り替えながら使ってみた。モバイルデーター通信を常にローミングONにしておくと帰国後すごい課金がなされてしまうという話を聞いてきたので、Wifiがあるところではモバイルデーター通信機能をOFFにして使用した。それでも移動中は当然常時、モバイルデーター通信ON+ローミングONとなるので、この数日間で結局。ローミングの合計は6.3MB。全体の量は1.5GBなのでそれに比べればわずかだが、音声通信はゼロでQQとメッセージしか使っていないのに意外と大きい感じもあうる。さてどのくらい料金が請求されるのか? 

あとから確認したら+5,600円ほどのローミング料金が加算されていた。気をつけていたが、すごい高い。昔のガラケーでは1,000円以内に済んでいたのでスマホはやはり気をつける必要がある。ちなみにイタリア旅行中はwifiのみでローミングはOFFで過ごした。今回は常時連絡できる状態にしていたのでそれだけかかったのでしょう。位置情報やらでも通信回線を使用していたのだろう。

教訓:こまめにローミングON-OFFを切り替える

0

2017/5/9

赤ちゃんポストから10年 & <6日>  杭州7

<赤ちゃんポストから10年 あるいは 当時から徹底した「安部嫌い」>
帰宅途中の車の中で、「赤ちゃんポスト」が今年で10年目に入るというニュースを聞く。聞けばこれまでに125人もの赤ちゃんを受け入れたとか。ゲストの研究者によればことの始まりはドイツだとか、当地では現在100箇所もあるらしい。現在ドイツでは法的に3つのシステム、1)赤ちゃんポストタイプ、2)匿名タイプ、3)秘密タイプ、があるらしい。

2)3)は出産の段階からケアーが始まり。3)では記録が残され、赤ちゃんが16歳になった段階で生みの親の情報が提供されるらしい。「赤ちゃんポスト」を運営する慈恵病院?の先生は3)のシステムが日本でも根付くことを期待されていた。

研究者によれば、「赤ちゃんポスト」に赤ちゃんを委ねる母親は多くの問題を抱える場合が多く、回避は簡単ではないらしい。貧困、知的障害、パートナーの不在、10代での妊娠と、幾つもの困難を抱えている場合がほとんどだとか。

昔このシステムがスタートした時、賛否両論があったことを記憶している。 これについて自分のblogを検索したところ。安部首相の昔のコメント見つけて、あのころから安部嫌いが徹底していることに気がついた(笑) その時以下のように私は述べたようだ。

『緊急避難的救済に当たる主たる当事者は政府であり、その長が首相彼自身ではないのか? 確かに歴史的にみれば宗教組織等がそれを担っていた時代は長い、しかし近代国家が成立してからその当事者は政府になった。それが近代国家というものだろう!? 

 「おぼっちゃん」を首相に持つ国民は難儀なことだ』 と、当時から筋金入りの反安部派のよう(笑)。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/539/trackback

ちなみにこの豊かな日本で2007年当時、捨てられる赤ちゃんの数は年間460人だった。その後の数字は知らないがそれほど変化はないだろう。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/712/trackback

以下のようにも述べていた。

『近代国家では貧民を救済するのは国家・政府の役割。その長たる安倍さんが「赤ちゃんポスト」を批判するのはいいとして、ではそれに代わるどのような仕組みを設けるのか? それに対する解答なくして軽々に批判は出来ないはず』
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/712/trackback

ちなみに赤ちゃんの遺棄は今に始まったことではなく、ローマ時代からあり、それがパックスロマーナ時代の奴隷の供給源であったことは『薄闇のローマ世界――嬰児遺棄と奴隷制』にくわしい。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/569/trackback

<6日>
公寓酒店からの夜景は美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

昼ごろ散歩に西湖まで行く。いつ来ても観光客が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

街中の観光スポットにシャングリラホテルがあるが、その中庭的な部分で文化的な行事が行われている。子供の絵画教室やライブ演奏。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その正面にユニクロが店舗を構えている。ここではユニクロはブランドメーカーだ。今では日本でもそうなりつつあるが、昔は学生が衣服を買う店だった。

クリックすると元のサイズで表示します

9時に迎えが来るということでしばらくアパートに待機。職場見学。場所はビジネス街の中心にある大きなビルの最上階? 以前はお役人の会議利用(贅沢でしょう?!)が多かったが今はやはり皆無とのこと。どこも反腐敗、反贅沢運動でこの手の産業は不景気のようだ。1室半日借切りで、基本3,000元程度とのこと。会議に3,000元はないでしょう! 

最近はほとんど商談に使われているとか、料理とかお酒も出るが、もちろんそれは別料金。商談というにはいろいろカラオケなどもあり、お店の人が気を使い日本の歌謡曲を流してくれたが、とても古いものばかしで知らないものがほとんど。北島三郎の曲で聞いたものがあったくらい。時間が30年くらい前で止まっている感じ。90年代の改革開放時代には日本人のビジネスマンとお役人が公費で飲み食いしたに違いないと偏見をもってしまう。家族も一族郎で一度来たらしいが、私は1回行けば十分。勿体無い。
1

2017/5/8

初日4日〜5日  杭州7

<引越し>
妹に2人目の子供ができて、(2人の)故郷からしょっちゅうおじいちゃん、おばあちゃんが杭州に子守り?にやってくるので、以前の自宅は彼らが使っている。それで1人で都心部に転居している。なかなか便利なところだが、24時間外を走る車の騒音が11階まで漏れ聞こえる。造りは最近流行りの?公寓酒店という形式。窓から見える景色は抜群。1DKで月4,000元は安い方だとのこと。建物はやはり古く10年以上は経っているのではないか? 家賃は安いが駐車場代が毎日かかる、これが結構な値段で実質は、それも入れると6,000元くらいになるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

浦東空港の長距離バスのターミナルからスマートフォンのモバイル通信機能でQQでもメールでも連絡がとれず、空港のwifiを使い急遽連絡。杭州到着時に連絡がとれないと困るな〜 と思っていたら。なんてことはない、電波がコンクリートの分厚い壁(1階にバス停はある)に阻まれたみたいだ。バスが走り出すと問題なく接続。ちょっとヒヤリししました。

<心機一転>
先にシャングリアホテルに構えていたセレブ対象のお店は経営が上手くいかず3月をもって閉店したと聞いていたが、今は同じような分野のお店にBUSINESS DIRECTORという肩書きで勤務しているとか。今夜、私もお客としていく予定。これまでオーナーとしての立場だったのが、今は1従業員。なかなか辛いものがあるようだがこれもまた人生、まだまだ若いのだから、再起をかけて頑張ればよい。こうした起業精神は日本の若者と比べて中国人の方が旺盛だといつも感心させられることが多い。ただ同じような分野なので今の中国の政治状況下(=反腐敗、贅沢禁止)でそうしたセレブ?対象の業種にどれだけ未来があるのか、疑問な部分もあるが、まずはお手並み拝見。

さて昼ごろまでゆっくりしてブランチ。いつものことだが、食べきれないほど注文する癖はなかなか治らない)ついでに杭州大厚(中は夏)に私の服装が気に入らないとして夏物の衣服一式買い物にいく。これは今夜、職場(お店)見学?にいくことにも関係しているが… 

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、なんでもかんでもスマホで決済をすませるのが今の中国流、駐車料金までバーコードみたいなものをスマホで写しとるだけで支払いが済む。駐車場には管理をする人が沢山いて、車を誘導し料金を徴収しているのがなんとも対照的。スマホ導入は人減らしが目的ではないということだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

宅急便も日本みたいに直接人が受け取るのではなく、スマホでこれまたバーコードを読み取ると自動的に鍵が開くようになっている。金庫も大きさは様々で50スペースほどあり、利用者も多い。これは個人に特定に箱があるわけではなく箱そのものは共有というところがミソだ。だから50スペースで500世帯くらいカバーするのではないか?日本の宅急便業者も導入したら再配達がなくなり合理化になるはず。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろなところで日本はすっかり遅れをとってしまった。どれだけの日本人がそうしたことを理解しているのか、最近の嫌中傾向や中国を下に見るような多くの言動には文字通り「井の中の蛙」というのがぴったりする。
1

2017/1/7

元旦  杭州7

別のホテル、Oakwood Residence Hangzhou に移動、景色はいいが霞んでいる。PM2.5によるものか?

クリックすると元のサイズで表示します

このホテルはなかなか豪華で調べたら4星半。
http://oakwood-residence.hangzhouhotel.org/ja/

このホテル、もともと住宅用に建てたものではないかと思われる。というのもキッチンや洗濯機などがすべて整備されている。買い手がつかなかったのか、それとも投資用なのか、ホテルとして活用されているのではないか? 同じような形態のResidence型ホテルは他にも見てきた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4617/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

そんなわけで、また部屋で宅配鍋料理。包丁、鍋の類もすべて整備されているので、それらを使用する。ただし基本沸騰したお湯に下ごしらえが済んだ材料を放り込むだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

夜はシャングリラのレストランで妹の家族と夕食。元旦だというのにお客さんが少ない。政権が変わってから贅沢禁止令でこうした高級ホテルはいまだに閑散としている。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ