2010/9/6

ソウル2~3日目 & 経済特区?  Korea

部屋の窓からの眺め

クリックすると元のサイズで表示します

2日目はZYさんの要望で午前からエステへGO。 こちらは「仕方なく」の垢擦りだったが、なかなかこれがよい。 特に足の裏の角質層を剃刀みたいなもので削ってもらい、つるつるとなったのは気持ちよかった。 

追加:行った場所は「漢江汗蒸幕」
http://www.utravelnote.com/seoul/play/hangangsauna

男性は1時間程度で終わるが、女性のエステは3時間かかるとのこと、仕方なく道路反対の喫茶店で昼過ぎまで時間を過ごす。 この界隈はインド料理やイタリアン、タイ料理の店が並び外国人が闊歩する「おされ」な空間のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

昼もかなり過ぎてから、ようやく希望の景福宮にGO。正門前は近代的な建物が立ち並ぶが裏は山に面しなかなかの場所。 宮殿の裏には庭園がある。 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

池に浮かぶ宮殿

クリックすると元のサイズで表示します

宮殿の前の庭は石で敷き詰められているなのは紫禁城的

クリックすると元のサイズで表示します

回廊も中国的?な感じがした。 途中で足が痛いといいだしたZYさん、靴を脱ぎ歩きはじめる(汗)だいたいハイヒールで行くのが間違い。 勿論、あとで靴を購入(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

北の端まで行きたかったが、途中でZYさんお疲れのようで、庭園の手前に待たせて一人で足早に見て回るが少し物足らない感じ。

明洞で夕食後、不思議に元気になった?ZYさん、今度はクラブ(DJとかがいる方)に行くとのこと。勿論、購入したばかりの服装で上下を決める 

クリックすると元のサイズで表示します

但し予め調べてないので、ホテルの人に聞くも判らず、結局ホテル併設のカジノを見学? 入口でパスポートの提示が必要ということは、ここは経済特区? 

儒教の国、韓国や日本、中国ではカジノは禁止。ただしマカオとかでは可能。その類いだろうか? 因にZYさんは香港・マカオに旅行の時はいつも行くとか。 怪しげな共産中国娘。 なお当のカジノは撮影禁止で写真はなし。

成果? いや〜〜 数万won(てか、数千円程度ですが)を数分で使い果たし。その後は見学に徹したチキン男(汗)

<ソウル3日目>
朝10時出発、免税店にGO お土産を購入して空港へ。 

クリックすると元のサイズで表示します

空港でのパレード

クリックすると元のサイズで表示します

その他には特になし、やはり2泊3日は短過ぎる。それでも金曜の期末試験をすっぽかしたZYさんに日本語学校の先生から電話、急遽月曜に追試が決まる。

0

2010/9/6

ソウル初日(続き)& 中国式  Korea

今日は1日休みで、家でゆっくり♪

ソウル初日(続き)
今回は韓国が初めてということもあり、空港とホテルの送迎は旅行会社の案内を頼んだが、基本的には個人旅行。 ソウルだから英語が通じるだろうとの判断。 ところが実際には日本語が何処でも通じたのには驚く。 特にタクシーは全て日本語で問題ないレベル。 如何に日本人観光客が多いか判る。

小高い岡の上にあるヒルトンホテルにつくなりZYさんはショッピングにGOの雰囲気。 送迎の人が車中で色々観光スポットを説明、偽物ブランド売り場を紹介するとのこと。ただし違法なので本人は紹介するだけ、ホテルのロビーで売人と待ち合わせで倉庫のようなところに連れていく手はず。 

クリックすると元のサイズで表示します


行きたくなかったがZYさんは行く気満々。 仕方なく同行。 場所は明洞の繁華街のすぐ近く、やたら日本人が多い。あちこちで日本語が飛び交う。 しかも日本円でOK。 と云うか、カードが使えない。 偽ブランド品売り場では判るが、意外にも普通の繁華街でもキャッシュが主流。 慌てて町中で林立する両替場で換金する。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、偽ブランド品売り場を終わらせて、明洞繁華街へ。 ここでもショッピング熱は冷めず、わずか2〜3千円程度の服をねばり、粘って、身振り手振りに電卓使って値下げさせる。 気に入らない値段の時には、30分程度色々試着した後もあっさりバイバイする。 これには流石にこちらが慌てる、流石中国式。 場所は写真の右側のビル内。 左下に購入したブツを肩にかけ、ショッピング熱を発散させながら歩くZYさんの姿がある。

クリックすると元のサイズで表示します

この手の服装品売り場の広さは大抵、1メートルx5メートルの壁沿いのとても狭い空間。 ここにあるだけの品を3次元的にディスプレーしてあるのには驚いた。 勿論試着室などはないので、頭からカバーをかぶりその場で着替える。写真は1カ所だけ空き店舗の場所があったので、好都合とばかりに空間を示す写真を撮る。

クリックすると元のサイズで表示します

ショッピング熱は夜になっても収まらず、9時頃まで私は喫茶店で2時間程度待機というか、休憩。
疲れました。歴史探訪の旅は今回はなし /(_ _;; 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ