2007/10/11

中国とインド & サカーダのこつ  Tango

今朝の『ビジネス展望』はカン氏による投資先としての中国とインドの比較だった。 投資先としてインドは様々な指標で中国の1/10から数分の一の規模、唯一肩をならべるのは人口規模だけだとのこと。 

また社会的にインドは効率より、公平さを求める社会で、中国は逆に公平さより効率を求める社会体制でもある。これは中国が共産党一党独裁ということが大きい。 結論として、全体的にインドは中国に20年遅れているということでとても現状では勝負はついているとのことだった。

…しかし、これは考えようである、もし20年、30年先の将来を見据えればこれは逆にこれからインドは発展する可能性があると云えるし、一人子政策の中国は世代交代の時期を迎えれば人口学的危機を抱えるということにもなろう。

さらには隠れた「初期的資本主義国」中国
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/588/trackback
がどのように共産党一党独裁と折り合っていくのか? かなりリスクをかなりひめているように私には思える。

私自身の結論としては中短期的な視点を持つか、長期的視点を持つかで評価は180度変わると云えるだろう。

何処かで聞いたことがあるが、企業家は中・短期的視点が必要だし、政治家は長期的視点が必要で、その人の立場で評価や解釈は異なるのが当然。 そう考えるとカン氏が中国に軍配をあげるのは当然だし、またその答えが全ての人にとって同じだということはないということでしょう。

<Tango>
サカーダの時は、T字型に足をかけると見栄えがする。

<再び原油価格について>
これまで専門家と称する人々が、急成長する中国が原因だとする説、ナイジェリアの内紛説、革命政権ベネズエラの暴走説、中東の政情不安説等色々でてきたようです。

しかし最近ではこれらは最後の中東政情不安説を除き説得力を失っているようです。 事実、最近誰も云わなくなった。 
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/678/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/441/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/311/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/187/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/217/trackback

私は投機筋の動きだとにらんでいます。 素人の薮睨みだとお笑いください(笑)
0

2007/10/10

サカーダ連続技  Tango

今朝の太陽熱温水器でのシャワーは寒かった。温水そのものも低かったが外気が低かったこともある。今日は午後から天気が回復しそう。今週はそれなりの天気との予想が出ているので今週一杯はもつかもしれないが、そこまででしょう。そろそろガス湯沸かし器活躍の時期。 今年は撒水と植生でクラーも使わなし、ガスの代わりに太陽熱でかなりエコには貢献したと思う。

<サカーダ連続技>
左足横、右足左前
女性を大きく*ピボットさせて、軽く右に押す
右足でサカーダ
自身も*ピボットして左足揃える(女性の足は抜けて行く)
女性ピボットさせて、左足横
さらに女性を*ピボットさせて、右足横
* ピボットの時、重心変える

これから>
女性前オーチョ、男性右足でのサカーダのパターンに移行可能
0

2007/9/27

バリーダ  Tango

今朝のニュースから。 GMのストが収まったが、労使交渉で退職者に対する企業の医療保険給付の免除が合意されたとか。アメリカの労働者はお気の毒と云う他ない。 しかしこれが国際標準になれば次は日本? ところでこのニュースは今朝のラジオで聞いたがネット上には調べた限り何処にも報道されていない。

ミャンマー情勢は緊迫の度合いを深めている。独裁軍事政権があれだけ長く続くというのもこの時代不思議な感じがする。しかもどの国も(とりわけ民主主義の美旗を掲げる合衆国)これに対し有効な対策を打てない、いや正確に云えば「打たない」のはやはりミュンマーに資源がないからでしょう。もし石油でも出ていたら結果は違っていたはず。 同じことは虐殺が続くスーダンでも云える。

Tango
<バリーダ>
女性の足を箒で掃く(バリー)ように移動させる。この時軸足はフレッスして、大きく足を移動させると見栄えが良い。
0

2007/9/26

策士、策に溺れる  Tango

清々しい朝、また夜明け前の49号線をひた走る季節になった。画像は今朝の風景。
クリックすると元のサイズで表示します

今朝の『ビジネス展望』で慶応の金子氏も例のサブプライムローンの話だった。取り立てての内容はないが、彼もこの危機が不動産バブルと金融バブルのダブルバブルだと指摘し、後者は元々リスクを回避する手法がむしろリスクを隠すことになり、虚構経済危機が実体経済危機を引き起こしたと指摘する。「策士策に溺れる」のよい例だろう。 

いま、この状況下、行きどころを失ったマネーは資源、とりわけ原油に流れているので原油高=インフレを引き起こしそうだとの指摘。 

思うに、中東はトホホのブッシュさんのお陰で泥沼化し。金融資本主義の破綻でマネーは一転、資源志向が進んだ。 最近のバイオエネルギーに対する唐突な注目もこの流れを考えると納得いく。特にエコの思想が広まったわけでもない。ま、これを契機に… とpositive に考えることも出来ないわけではないが、ちょっとね〜 m(_ _;;m

<月曜Tangoクラスの復習>
左足横、女性をピボットさせて
左足左斜め前(1)。 女性をさらにピボットさせて右足右斜め前(2)
左足左斜め前(3)。 女性をさらにピボットさせて右足右斜め前(4)
女性を前のオーチョにリードして同時に右足でサカーダ
さらに女性を前のオーチョにリードして左足でサカーダ

<逆バージョン>
右足横、女性をピボットさせて
右足右斜め前… (1)〜(4)
左足サカーダ、右足サカーダ
0

2007/9/25

<難しい回転技>  Tango

今朝の『ビジネス展望』で評論家の内橋氏は今度の福田内閣に谷垣氏が重要なポストを得たことに政治の潮流が変った兆しだと述べられた。

1年前、私は谷垣路線がこれから必要だと述べ。当時総裁候補第一番だった安倍さんが俄に掲げた『敗者復活の出来る社会』のお題目に多少の不信感を述べたがその後の経過を見ればその予感は当たったと云える。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/249/trackback

また当時、『日本は元々敗者復活の機会を与えない社会、それをそのままにしておいて、さらにアメリカ的な競争原理だけを導入したツケが今後じわじわとボデーブローのように効き始めるだろう』とも述べたが、その予想は以外に早く現実のものとなった。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/245/trackback

自分の考えをblogの形でその時、その時に固定化することは大切。例えその過去の自分の考えが間違っていたとしても、恥じることはない、その間違いを認識し、訂正することにこそ意義がある。 自分の考えが変化していることすら気がつかないことの方が問題だろう。 それに、昨日も述べたように、過去の自分は現在の自分とは他人であると考えれば気が楽になるもの(笑)

さて、話題をもとにもどし、今後本当に新自由主義経済がこれから転換するかだが、まだまだその信奉者がいるのも事実。今後の推移に注目しましょう。

<難しい回転技>
左脚横、右足踏み込み
身体を反時計回りに開きながら女性をリードして、同時に左脚で勢いをつけサカーダ
両足揃えて(ただし右足左脚の後ろ)つま先でピボット(これが難しい)
左脚勢いをつけ反時計回りに回転し女性の前に遮る様におく。
女性男性の左脚を乗り越える

写真は残暑厳しい、祝日の居間

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/9/19

水曜クラス  Tango

右足右横、女性後ろのオーチョにピボットさせて、
右足横に出しながら胸を開けて左足女性の回りに反時計まわりに回り込みながらピボット。
右足サカーダ、左足女性の足の横につける。
身体を開けて女性を一瞬反時計回りにリードしてすぐ逆に(時計回りに)リード
右足揃える
0

2007/9/13

蟹さん歩き2  Tango

え〜っ、また小泉さん?!

よしてくれよ。たしかに彼の存在意義はあったと思うけど、今はないでしょう。
私は小泉さんは『過渡期の人』だと理解しています。 時代は過ぎましたね(断定)

<Tango>
左足横、ピボットさせて後ろのオーチョで横移動
横動き、男性後ろのオーチョ(女性前のオーチョ)
横揺れて、女性後ろのオーチョ
横、男性後ろのオーチョ
(ここからがキー)女性を引き寄せるような感じで横に移動させて男性右足で女性の両脚の間にサカーダ
男性ピボットして左足(右足の横を横切りながら)前進
右足外側に踏み出しながらピボットして左足前進(これを数回繰り返した後)

右足外側に踏み込み左足で反時計回りに方向回転
女性を前のオーチョにリードさせながら、右足でサカーダ
ピボットして左足女性の足横に添えながら前進
0

2007/9/4

今朝はとても涼しい  Tango

秋の気配。 もっとも晴天なので日中は暑くなるだろう。

1) 左足横
2) ピボットさせて、自らも足そのまま90度反時計まわり
3) 女性左足後ろ
4) 女性右足後ろに合わせて男性右足前
5) 女性左足後ろに合わせて男性左足前
6) 女性を引き寄せながら(女性右足前)男性右足寄せる
7) 女性をピボットさせて女性の左足前と合わせて男性左足よこ
8) 男性右足寄せる

0

2007/8/30

Take the lead(邦題;レッスン)  Tango

ダンス映画を昨夜見に行く。よくも悪くも典型的なアメリカ映画。
サルサ(仏)よりは落ちるが、ダンシング・ハバナよりは上でしょうか? 

色々なダンスが出来てきた、勿論サルサも。しかし決め手はやはりアルゼンチン・タンゴだったような気がする。社交ダンスということで、不良グループ予備軍の高校生が馬鹿にしていたのが、アルゼンチン・タンゴを教師が踊ることで態度が一変する。

夢は叶えられる  
ふん、限られた者だけさ、
そう! 挑戦する者だけ。

実話からとか、あの手の話はアメリカ人が好きそう。

邦題は「レッスン」だが、冒頭のシーンからこの映画、原題はTake the lead 先導する? いや、このまま「リードする」でいいでしょう。まさにTangoは如何にリードするか。
0

2007/8/28

何故いまアルゼンチンタンゴなのか?  Tango

今朝の『ビジネス展望』で内橋氏が今の日本は、かつて分厚い中産階級がいたアルゼンチンのような国が瞬く間に貧富の差の激しい国になったラテンアメリカの歴史に学ぶ必要があると述べられていた。このことは先に何度もここで述べた通り。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/516/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/527/trackback

いまアルゼンチンタンゴが流行している。単なる偶然なのか、それともこの世の流れを敏感に感じているのか、今の日本と20年前のラテンアメリカに何か通じるものがある。

<2つの動き>
1) 左足横、右足11時へ(身体を時計回りに捻り、女性をリード、女性は男性の左足をサカーダする) 右足は10時くらいが最初はやりやすい
2) 右足軸にピボットして、左足を後ろ6時へ、右足4時へ
3) 左足揃える

1) 左足横、女性を後ろのオーチョにリードして右足で女性を右足を払う(女性は足を払われたようにして脚をクロスにする)
2) 女性をピボットさせて後ろのオーチョさせ、左足2時へ右足横
3) 左脚揃える
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ