2015/11/1

Hallowenn  Live in USA

今夜はHallowenn, 万圣节。中国でもパーティーをするらしい。日本でもこの数年の流行なので中国なら尚更のこと、ごく最近のことだろう 。

クリックすると元のサイズで表示します

もっともHallowenn Partyで鍋料理というのも判らないが… (笑)


初めてHallowennを知ったのは留学生時代、もう20年以上も前。当時、プロテスタント的でないと思い何人かのアメリカ人に起源を聞いたことがあるが、ちゃんとした答えは聞いた記憶がない。初めてのパーティーでどんな仮装をしたらいいものか迷ったものだ(笑)。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/173/trackback

パーティーは遊び仲間の自宅で行った。自宅といってもシェアードハウスというもので、1軒屋を数人で借りる方式。大抵、学生や大学関係の若い人たちだったのでそれほどの不安はなかった。いずれにせよ、日本人留学生でも会社や国家公務員で留学派遣された人はお金があったので大学周辺のアパートを借りていたが、とても高くて私には手が届かない。(当時、大学近辺のアパートなら月2000ドルは必要。私の場合は450ドルのシェアードハウスだったが、それでも大学から給料みたいな形で支給された、奨学金の半分は飛ぶような金額)一方、大学の寮はセメスター毎に決められるので引っ越しが面倒。他に選択肢はなかったし、それが普通だった。

とはいえ、シェアードハウスは結果的には非常によかった。外国人同士、いろいろ摩擦がないわけではなかったが、相互理解は深まったし、なにより友達ができた。特に英会話の習得には最高の経験、ぜひ留学をする若い人には勧めたい。

さてパーティーはいつものこと、ドンチャン騒ぎ。よく周辺の住民の苦情が来なかったものだ。さてそうしたパーティーのある日、同じ研究室の大学院生Gが「葉っぱ」を持ってきた、すっかり酔っ払っていたので、その後どうなったかはトンと記憶にないが…(汗) 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1555/trackback

ま、少なくとも当時「葉っぱ」は大したことはない。若者のパーティーでは大抵出てきた。むしろハード・ドラッグとしてスピードという白い粉末もそうしたパーティーでは出てきた。またエクスタシーという錠剤(1錠50ドル!)もたまに出てきたそうだ(伝聞です、汗)。 スピードは個人差があり、夜の遊園地で服用したところ、乗り物酔いみたいになって気分が悪くなったそうだ(以上伝聞です、汗)。 

,,,ここら辺で止めときましょう(笑)
0

2014/6/28

青春時代  Live in USA

塵処分中に出てきた写真。この写真の中にノーベル賞受賞者が2名、未来の受賞者が1名。
夢のような世界の中に青春時代を過ごせたのは最大の収穫。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/10/7

祝 James E Rothman博士!!!!  Live in USA

ノーベル医学生理学賞おめでとうございます!!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000105-jij-int


先生が1978年から1988年まで10年間StanfordのDepartment of Biochemistryの教授のとき、最後の数年を一緒に過ごさせていただきました〜〜
http://www.cellbiology.yale.edu/people/james_rothman-2.profile

何度か遠心機をRothman先生の部屋に借りに行きましたね。 厳しい指導も頂きましたがノーベル賞おめでとうございます!!!
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/171/trackback
1

2011/8/27

Stay hungry Don’t Settle  Live in USA

この数日、頭の中で80年代と60年代が交錯しながら駆け巡っている。きっかけはHotel Californiaとジョブズ氏の引退。

80年代は留学時代。当時、週末は殆どのように60年代の痕跡を探しにシボレーマリブに乗って(寝泊まりしたことも)カルフォルニアのハイウエーを駆け巡った思い出。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1351/trackback

その旅の友は当時流行していたRenny Rogersの「Twenty years ago」(1986年)。 
曲の意味が判った時、涙を流した。そんな恥ずかしい思い出がある曲。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2245/trackback

それにThe California Highway 1 Book
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2427/trackback
0

2011/8/27

Hotel California & The California Highway 1 Book  Live in USA

<BSフジのプライムニュース>
久しぶりに野口氏登場。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/276/trackback

曰く、  『自民と民主の政策の違いが判らない』

しばらく聞いていたが、今回の代表選に何の価値も見いだせず番組を聞くのをやめてしまった。

<Hotel California & The California Highway 1 Book>
先日話題にしたEaglesのHotel California(リバイバルのCD盤)とWhole Earth Catalogを探してみる。(Whole Earth Catalogは下のURL中のYoutubeでジョブズ氏が言及するもの)

http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2426/trackback

比較的最近のCDは兎も角、本は20年以上も前のものである。捨ててはないと思っていたが、あるとの自信もなかった。

結局CDの方は出てきたが、残念ながらWhole Earth Catalogは出てこなかった。 その代わり、(私が個人的に勝手に思っている)姉妹品、The California Highway 1 Bookは出てきた。 

クリックすると元のサイズで表示します

この本、すごい骨董品である。よく残っていたものである。 というか、やはり捨てきらなかったのだろう。この本は私が60年代のCountercultureの聖地を探す時によく使っていたもの。

Whole Earth Catalogはもしかしたら2世代前の車を廃車にするとき、忘れてそのまま車のトランクに放置していた可能性がある。少しずつ状況を思い出した。

Whole Earth Catalogは下の写真の右下の地球の写真があるもの。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/8/26

残念ながら、その日が来た  Live in USA

カリスマ去る




http://www.asahi.com/business/update/0825/TKY201108250109.html

我々の世代には大きな存在。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2167/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2395/trackback

ジョブズ氏の手紙

アップル取締役と関係者各位へ
私は、アップルのCEOとしての職務、期待に沿えなくなる日が来たら、まず皆さんに伝えると言ってきた。残念ながら、その日が来てしまった。 ---- アップルのさらに輝かしく、革新的な日々はこの先にあると信じている。私は新しい役職で、アップルの成功に貢献し、見届けることを楽しみにしている。私はアップルで最高の友に出会った。あなたたちと長年、一緒に働けたことを感謝したい。 スティーブ

Whole Earth Catalogはどこかに残っているだろうか? 捨ててはないはずだが?



今度の新しいQQは凄い、実はTV電話機能もある。デフォルトTV電話と云った方がよい。これまでのQQ+Skypeということか。昨夜は杭州も雨だったようだ。わざわざ窓際にMacを持っていって夜景を見せてくれたが、流石に夜の雨は画面からは確認出来ず。
0

2011/8/21

Hotel California  Live in USA

中国blogを見て回っていたら、思いもかけぬEaglesのHotel Californiaの話題が出ていた。懐かしい歌。

http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/archives/1904653.html



最初の出会いは高校生(訂正 >中学生のようだ)くらいだと思うが、歌の内容には無関心でもっぱらエレキに痺れていただけ。やがてそれから大分経ってまさにCalifornia、「夢のカルフォルニア」に留学する機会を得た。そこで初めてこの歌の歌詞を知る事になる。

難解な歌である。その時個人的に理解したものは、決して一般的に云われていたものとは同じではないことにあとで気がついたが、それはどうでもいい。私のHotel Californiaでいいではないか。

この歌に私はCountercultureに踏み込む至福感とその危険を感じた。 
そう! 天国かもしれないが、同時に地獄かも、いや天獄かも?
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/173/trackback

そして同時に、もはやその時代は過ぎ去り、今(1980年代末)にその痕跡を追い求める自分を感じた

…だから1969年以来、もうワインはそのホテルには置いてない。自分はある意味、『遅く辿り着いた若者』、ワインを飲みそこねた若者だったのだ。

それにしても、インパクトある曲、今でも脳裏に浮かぶシーンの数々。 多くの人、あのBob Marlyですらカバーする曲。



でもやはりこれはEaglesでなければならない。

この曲に関するblogを色々読んでいたら、歌詞の中にある「修道院の鐘」が不自然だとの指摘があった。 しかしそれは違うと思う。あのCalifornia 1号線 を走れば教会、いや修道院ですらあるのだ! 歴史をひもとけば、修道院は西海岸に布教の為に次々に建てられたこと知るだろう。

Mission Basilica
http://www.yelp.com/biz/carmel-mission-basilica-carmel
Borromeo del Rio Carmelo Mission
http://www.athanasius.com/camission/carmel.htm


カルフォルニアがもともとスペイン領であることを知っていれば不思議なことではない。だから曲に中に、Hotelで修道院の鐘が鳴らされるのは決して不自然ではないのだ!

PS
基本的に訂正しないのが主義ですが、今回は高揚状態で書いたので、誤字脱字が目立ちさらに色々訂正、追加とか加えました(笑)




0

2006/4/22

Counterculture today 8  Live in USA

Acknowledgments

I thank an ex-housemate, Kelly for a primary introduction of the movements. I also thank my yoga teachers, Sara and Ginny who introduced some of communes.

References

1 Hot springs and Hot pools of the southwest
by Jayson Loam and Gray Sohler, Wilderness Press Berkeley, 1985
2 Zen mind, beginner's mind
by Shunryu Suzuki, Weatherhill, New york and Tokyo, 1987
3 Tassajara Cooking
by Edward Espe Brown, Shambhala Boston and London, 1986
4 The California Highway 1 Book
by Rick Adams and Louise McCorkle, Ballantine Books New York, 1985
5 The Upstart Spring; Esalen and the American Awaking
by Walter Truett Anderson, Addison Wesley, 1984
6 The Esalen Catalogs published
by Esalen Institute, Big Sur

Esalen HP
http://www.esalen.org/
Photo = Esalen meditation house
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/4/21

Counterculture today 7  Live in USA

The second paragraph, I introduced the typical model of the human potential movement. Some may oppose calling it the counterculture. They may claimed that this movement was products from purely clinical and sociological training by using psychology. I can not, however, ague that this movement was raised without any connection with counterculture movement. The movements was rather radical and was indeed born from the same atmosphere where the counterculture was born. I believe that human potential movement consists of brothers and sisters of counterculture movement.
According to Dr. Murayama, who is a professor of Kyushu Univ., Faculty of Education, 5 to 6 million people participated in these workshops from the late 60' to early 70'. Although I do not have any statistic data about the total participants up to the present, it must be quite a large number. It is a part of the culture rather than a brief fashion and Esalen was the ultimate mecca of the movement. Now their style has become less radical. Cynical critics may call it country club. Many organizations, so-called growth centers have become more money-orientated than experimental. Wealthy yuppies try workshops today as a status symbol. Have they sacrificed the spirit of resistance while becoming a part of the legitimate culture? I am not sure enough to say that. Maybe I am too sympathetic.

Why was the counterculture born and why did it grow America? Why did it not make an impression in Japan? It seems to be an interesting question.
The Vietnam war might be one of the reasons. While the war ended in a complete defeat of the U.S.A., some American started to think that their basic values and recognition might not be universal. For some of young people, this tendency became more serious, because they could have been killed cruelly in a jungle where different values took precedence. " Tune in, turn on, drop out" was indeed perfect slogan for such young people. In any case, this period was a significant turning point of America. The political and economical American power gradually declined. The counterculture might have been a seductive artificial flower at this turning point, as a lot of decadence grew out of that culture.
In this paper, I did not have sufficient time or space to discuss other important aspects of the movement. Sexual libertinism including gay power and women's lib is one of them. Although I have little information on them, they also seem to have become accepted in today's America. Especially, San Francisco is a mecca of the movement.

Tassajara HP
http://www.sfzc.org/tassajara/
Photo = Tassajara Zen Center
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/4/21

Counterculture today 6  Live in USA

Discussion

California is a really young state. People come to California from different places, even different nations. They bring different culture, but they hold same dream, Californian dream. Many girls left their home towns to become actresses. How many girls, however, could live in Biverlly Hills? California is no dout attractive. The blue sky is special and the land is rich. Young people do not hesitate cut away from their roots to be member of "the freedom state, so-called California Republic". No wonder the counterculture was born and grew up in this new frontier. They can do anything what they want. Indeed, many have tried everything. They did not have to mind their neighbor. They were also strangers. "Mind your own business" is American way of life, isn't it. They did not have to worry about tomorrow. California is too rich to worry. There is no place like California. California was perhaps born to be mecca of the counterculture.

Now the 60' are long gone and The times have changed. Some counterculture movements have vanished while some other still remain. All, however, is not what it used to be. Because they have to survive in the real world. They might give up to keep their original shape but become mutilated by the reality.
In the first paragraph, I introduced one example of Orientalism. Orientalism is a counterpart of Christianity which is the basis of the western world. Orientalism is chosen, just as with Christianity. They did not need any other specific reasons to propose it against the square world. "It is not Christianity" was enough. I also suppose that orientalism has something in common with the drug culture or is connected with the drug culture. The drug culture is the most significant aspect of counterculture. Although drugs are strictly restricted in the States today, the phenomenon spread across the nation. It is no doubt that drug experience strongly shook Americans consciousness. They may find another consciousness during drug experiences. They asked themselves that their recognition based on modern western ego might not a solely reality of the universe? Aldous Huxley wrote a book, named The Doors of Perception. He described a new world in the book under the influence of drugs. No wonder that Orientalism including Buddhism and Taoism hits such western intellectuals who started to taste new consciousness. In Zen practice, logical thinkings is supposed to be abandoned. It is a total recall of the modern western ego which has been cultured since Descartes(1596-1650).
--- To be continue

Harbin HP
http://www.harbin.org/
Photo = Harbin Hot Spring
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ