2021/5/9

今に賭けろ!  試行,指向,志向、思考

<今に賭ける新たな戦略>
この1年でコロナについて色々なことが判ってきた。

1年前は治療法もワクチンも無かった。但し診断法は極めて感度の良いRT-PCR法があった。だからRT-PCRでの検査による感染者の確定と隔離だけが唯一有効な方策だった。これに成功したのが中国、台湾、ニュージーランド。

現在は全く違った状況。治療法はまだだがワクチンはある。診断については他の人に感染をさせる大量のウイルスを出す人については抗原検査で確定診断が可能だということが判ってきた。

従って「新たな戦略」が必要だ。まず第一に、ワクチンを最優先に広げないといけない。また抗原検査でスーパースプレッダー等の感染源を突き止め隔離が必要。

1年前の失敗をあれこれ言っても仕方ないし無駄。今に賭けること! ワクチン普及に足枷になるかもしれないようなオリッピックなどやめてしまえ!



<好きな番組:人生には色々ある>
『小さな村の物語、イタリア』を観る。良質な番組。2008年の番組と、今2021年の大きな違いは皆がマスクをしていること。それだけで、世界が変わったことがわかる。
https://www.bs4.jp/italy/articles/vxm4cqer8ojnp3hc.html

13年後、癌が見つかったアルド。
フアビオは色々あったが最後に父親の跡を継いで漁師になった。
リストランテのオーナーシェフのアントニオは2008年には干潟のボラやタイ、それに貝を獲り店で提供していた、今は色々あって店を結果的に手放し、今は魚業組合長として、120人の魚業組合員を率いている。人生には色々あるということだ。

ついでに丁度13年前、私自身は何をしていたのだろうか?と思い、blogを見てみる。どうやら文科省からビック・グラントを得ようと休日返上で「作文」していたよう(笑)
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1038/trackback



<他にやる事があるだろう!>
依然として福島原発には危機が続いている。もし圧力抑制室が、規制委員会が指摘するように破損すれば東日本の未来はない。こうした事実があまり知られていない(知らされていない)のはどうしたことか?
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210508/k10013018251000.html

それに加えて、このコロナ下のオリンピック開催? 『オリンピックなどやめてしまえ!』と言いたくなる。最初から「金権オリンピック」として気に食わなかった。『他にやる事があるだろう』との思いは最初からあった。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3337/trackback
0

2021/4/24

支離滅裂 & 米国・中国そして日本  試行,指向,志向、思考

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ +98XP,30068XP,三十七分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=rqCA-PAqcdE&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=12
HSK4,#10〜#12, 背了四十二分钟单词。一共一个小时十九分钟。

今日は本来OFF日だが、木曜勉強しなかったので少し取り戻す。これが「数値目標」効果(汗)



<支離滅裂>
ついに速報で福岡は300人をこえる(18:03PM 現在)文字通り指数関数的増加。このままだと福岡も緊急事態宣言が出る? 
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a3341ced3cdb823a56ae4a01d6f686f38b91507
https://news.yahoo.co.jp/pages/article/covid19fukuoka

コロナは医療崩壊が目前、ワクチンの接種には多くの医療関係者が必要。それで更に3ヶ月後にはオリンピックで医療関係者が取られる? 当に支離滅裂で政府も東京都もIOCも責任回避の無責任状態。



<下水道検査>
土曜の午前中に下水道検査。この半年ほどしていなかったが段々暖かくなり樹木や雑草の伸びが半端なくなってきたので念のため行う。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5914/trackback

最後のコンクリート製の下水管を除き全て問題なし。最後の大きな下水管は非常に重いので今回は行わず。他の下水管の状況から見て問題ないはず。次回は秋頃か? スマホに9月末に予定を入れる。



<山の神神社→大山祇神社>
モールからの帰りにいつも横を通る神社。一歩通行なので帰りしか通らない場所。須恵町のシルバー人材センターの広い駐車場にちょっと駐車させていただき神社まで歩いてみる。場所はここ。
https://www.google.com/maps/@33.5847894,130.4983744,19z

看板の説明によれば、ここは元々は旧志免炭鉱の第6坑の山神社。これを大山祇神社としたもの。大正15年3月30日に建てられた「皇道不朽」の石碑があり、その奥に小さな祠。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



<米国、中国、そして日本>
昨日、西欧中世の諺、『都市の空気は自由にする』を挙げるのに下のURLを引用したが、その時『抑圧的寛容』という言葉を再度思い出した。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/300/trackback

アメリカという国は、

『自分が圧倒的に優位だと認識する時には、信じ難いほど寛容で思いやりに満ちた雰囲気でいられるが、自分に敵対する存在、自分を越えるほどの力をつけてきた相手には、異常な程の猜疑心と嫉妬心をつのらせ攻撃的になる』

まさに今、米国はこの「抑圧的寛容」を中国に対して失ったのだ。中国は、これまでの米国が対峙した国とは全く異なる、歴史も何十倍も長いし、何度も世界の超大国になった歴史を持つ相手。内心、自分とは「格が違う」と思っているはず。其れゆえ、異常な猜疑心と嫉妬心をつのらせ攻撃的になるはず。

中国は中華の国。実態は別にして常に観念的には自分が世界の中心。だから世界から何かを学ぶ姿勢はない。価値観も世界基準を取り入れるつもりは頭からない


一方、日本はどうだろう? 内田氏が言うように我が国は常に『辺境国』であったとするなら。日本は何時も、中心は何処かをキョロキョロ探し、周りを見渡していた。

そして、ここが中心だと思うと、(私に言わせると)その文化や価値観を常に自分に<接ぎ木>してきた。歴史的には長い間中国だったが、最近は米国となった。しかし根っ子は元々の日本のままである。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6460/trackback

ただ悪いことばかりではない。何故ならこうした国は『先生が教えたつもりがない事までも学ぶ』ことが出来き、発展させることが出来るから。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6462/trackback
0

2021/4/15

隗より始めよ  試行,指向,志向、思考

<隗より始めよ>

『明日から家庭の生ごみを通勤途中の車から少しずつ捨てていきます。 あ、大丈夫です。100メートルに1握り分ですから、目立ちません』


自然界にも微量存在するトリチウム水はそれほど危険というわけではない。生体(ウイルスを除き)はそれに対抗して遺伝子修復機構を有している。しかしそれは<微量であれば>ということだ。原発から出るトリチウム水が微量だという話は聞いたことがない

麻生さんは『飲んでも大丈夫』だと口走っていたが、それならまず「隗より始めよの諺通り、実行してもらいたい」と思うのは何も中国の報道官だけでない。

しかしそれならば、放射線医学の教科書に書いてあった「内部被曝」の記述は気にしなくて良いということになる。<極微量な放射線を出す>トリチウムの最大の危険性が「内部被曝」であることを知らないのか?
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5242/trackback

トリチウム水自体が普通の水と化学的に区別できないため処理の難しさがある。だから世界中の原子炉のトリチウム排水は大量の水で希釈して海洋に廃棄している。それをやっている中国の報道官にも是非、その排水を飲んでもらいたいものだ。

それと半減期が12年なので大丈夫だというコメンテーターがいたが、それなら放射能が1%以下になるまで減衰するのにかかる時間を計算してほしい。

私の指数計算式; (1/2)^n < 0.01 では, n x12 =貴方の曾孫の時代までかかることになるが? 計算を間違えたのかな??




1

2021/3/25


今日から聖火リレーがスタートしたとのニュースを夕食時テレビで知る。唖然とした。

国内では変異株による第4波襲来が噂され、海外ではロックダウンが再び行われる中でオリンピックを開催する? 海外から選手が来られるのか? 日本選手だけでやってメダルを独占する? ブラックジョークに近い。

最初は『(福島)復興五輪』といい、その後いつの間にか『コロナに打ち勝った証の五輪』 という。

そもそも <金権五輪> 生まれがこれだから、<育ちも金権>
0

2021/3/23

納得できないこと  試行,指向,志向、思考

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ +203XP,26565XP,一个小时十九分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=GAlv_aVMdIU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=4
HKS1#2〜HSK2#4 背了三十六分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=98ZZW0N06g0
看了四分钟李ちゃん频道

https://www.youtube.com/watch?v=PE99cOT_fb0
ヤンチャンCH/楊小溪 看了十九分钟频道。

https://www.youtube.com/watch?v=IHriE-YeyJg
まんてんChannel【公式】十八分钟。一共两个小时三十六分钟。

运动;散步 7.6km,10,445步, 12楼。 <公園の桜を見に行った散歩分。



『阿片戦争』の前巻の後半は寄り道せずアッという間に読み上げてしまったので後巻が手元にない。予定では後、数日は持つと思っていたのだが… 寄り道(ウェブ検索)なしで後半一気に読んでしまった(汗) ということで、今日は天気が良く桜も満開だし、平日なので急遽図書館行きと「1人花見」に決定! 午前中ならば、人も少ないはず。



図書館行きで考えた:
この1年、図書館は週末も5時までで、利用も制限が掛かっている。図書館では会話もないし、飲食もしないので感染リスクは非常に低いはずなのに一向に元に戻らない。その分の人手が保健所や感染防御の為の人員として配備されているという話も聞かない。コロナを言い訳にサボっているとしか思えないのだが? 

公務員は仕事が減っても給料が減るわけではないのでこうした手抜きをしているとしか思えないのだが? そうではないよという情報があればコメント頂きたい。

同様な不満は病院にもある。今通院している総合病院はコロナの患者を受け入れていない。一方でリスクを承知でコロナを受け入れている病院が有る。こうした病院の対応の差に納得いかない。これについては、今後ワクチン接種を受けた後に、コロナを現在受け入れている病院に転院のつもりだ。 社会的責任を受け入れている病院を大事にしたい。



『阿片戦争』の前巻を読んで感じたことを少しまとめ、頭の中を整理してみた。

中国の中華思想というのは伝統的なもので、国際関係についての自己中心性、無知、そもそも外交という観念が欠けている。それは、現代中国でも同じではないか? その証拠に近代以降、同盟国というのが中国にはない

中国には同盟国がないが、対峙する国は同盟で対抗しようとする。例えば今、米国、日本、オーストラリア、インドがクワッド、Quadを計画しているのはその現れだろう。 

それに対し中国は一帯一路の国同士で対抗できるはずだが、中国自身に影響力を及ぼそう(=支配しよう)という気はあっても、対等な同盟関係を結ぶ気がないし、見る限り中央アジアの国もロシアもその気がなさそうだ。関係の深いミャンマーにしても北朝鮮にしてもそれは嫌っているように見える。さてこの見立てはどうだろう? もし間違いがあればコメントいただきたい。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6385/trackback


それとは別の話になるが、『阿片戦争』の内容に関して考えると。アヘンの禁止は乾隆帝時代からだそうだが、その時点ではごくわずかな量だったようだ。それが清末に膨大な量になったのはアヘンを受け入れる原因=社会退廃、があったと考える方が正しいだろう。それが何かを知ることはこの現代の問題を考えるにも重要な気がする


以下は宇美神社の裏の公園の桜。満開なのと週末雨が降る予想なので今週一杯でしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/3/14

「ブラックスワン」から「灰色のサイ」2  試行,指向,志向、思考

<ブラックスワン>
「起こりそうにない」と考えられていたことが突然生じる。そのことで「起こりそうにないものとして構築された社会」に衝撃が広がる。その1年を今、世界中の人が経験している。

第一報を知ったのは去年の1月24日、在中のHaoziさんからの情報。この時点ですぐWHOのサイトを覗いたら、「人―人」感染の可能性が指摘されていた。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6034/trackback

その時点ですぐ中国の知り合いに連絡したが、まだ冗談を言う余裕がお互いにあった。その後、中国行きの便が欠航になった時も、「そのうち回復するだろう」と気楽に考えていた。

その後、2月1日の時点で不顕性感染の報告が流れたとき、
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6050/trackback

『症状がない人に保毒者がいたということは意外。これは結構大変なことになりそうだ』

と不安な兆候を感じつつも現状認識が甘かった。これは素人だから仕方ないが、日本の厚労省や医療関係者はこの時点で状況を掴んでもらいたかった。そうすれば、その後の対応は全く違ったものとなっていただろう。

それが出来た国が台湾でありニュージーランドだった。あれから1年を過ぎ世界が変わったが、人も変わらないといけない。10年前の福島の原発事故がそうであったように。生き方や考え方が変わらないといけないと思うが、どうだろう?

この記事は某アメンバー記事にインスパイヤーされたもの。



<NHK-BS「黄山」を見る>
https://www4.nhk.or.jp/greatnature/x/2021-03-13/10/19238/2551129/

土曜NHK-BS「黄山」を見る。近くの九崋山に行ったことを思い出す。スケールは大きいが何となく箱庭的なヨセミテとの共通性を感じる。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5032/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1377/trackback

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2021/3/11

3-11から今日で10年  試行,指向,志向、思考

<原発を無くすための10年間の試行錯誤>
その前の阪神淡路の記憶も鮮明にあるが、私の中では東日本大震災は明らかに違うものとなっている。その違いは原発事故の存在。あれは天災に人災が加わったものとして大きな違いがある。そこから何を行動に移すべきかを考えた。具体的には原発を日本から無くすための行動変異を起こさせた。

この10年間で電気やガスの使用量はそれぞれ7割から8割くらいに減らす事ができた。様々な試みを行い、あるものは効果が確認され、あるものは効果がないと判断できた。例えば、鳴り物入りで全ての照明をLEDに換えたがエコ効果はなく、太陽熱温水器の効果の方が絶大だったとか。夏季のクーラーの効率を上げるための朝夕の熱交換器への散水はそれほど効果がないこと(職場では大きかったが、規模の違いがある?)等。此処の事例ごとに数字でエコを考えることが大切で、「気分だけエコ」「思い込みエコ」は役に立たない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5212/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6355/trackback


<腐敗の構造>
それにしても東電は日本航空のように一度破綻させて国有化すべきだった。JALが見事に再建できたのに、いまだに東電は以前のままの存在であり続けている。

以前、2012年の段階で「これでは東電は変化しないだろう」と予測したが、見事その予測は当たった。いまだに株価は300円台だとか。株を売ってそれで事故費用に当てるとした目論みは完全に失敗したが素人でも十分予測できたこと。本当に馬鹿じゃないかと思う。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2876/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2850/trackback

原発についても、

「一旦、原発事故が起こったら株はゼロになり、紙屑になる」

この事を株主が経験しない限りモラルハザードは継続し、いつまでも尻拭いは国民に任せて原発継続の方針を続けることは当然だろう。その背景には政治家、企業そして科学者の癒着の構造が見られる。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5579/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5332/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2650/trackback



追伸:
原発事故について当時の民主党政権の瑕疵を指摘する声がある。確かにそれは事実だが、根本問題はそれまでの自民党政権が築いてきた汚職の構造が危機意識の欠如がある。それに気がつかないのか、気がつかないふりをしているのか、前者であれば愚か、後者であれば悪質。
0

2021/2/21


PCRのサイクル数を五人分のプールで38サイクル(=一人分なら35)と7月の時点で提言していたのに! 何を今頃議論しているのだ! 

私の数字は中国の37に近いが、テレビでは35を推薦していた。まさにこの数字! この数字は目薬1本分以上の唾液で感染性を持つらしい。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6433/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6240/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜 情けない、日本の政策決定者とその助言者=専門家は無能者ばかりだ!
0

2021/2/13

感染経路についての追加投稿(追伸あり)  試行,指向,志向、思考

<系統樹作成による感染経路について>
昨日中国が盛んに冷凍食品にコロナが付着していて、これから感染が広がったということを主張している点に疑いの目を持っていることをコメントに答える形で書いた。これについて少し説明したい。
https://ameblo.jp/bigsur52/entry-12656262495.html

遺伝子は複製ごとに突然変異をランダムに引き起こす。DNAでもRNAでも同じだが、DNAの場合はその後に突然変異抑制機構が複数あるため、RNA生物よりも100倍近く低く抑えられている。逆に言えばRNAウイルスは変異しやすい。

*生まれて初めて24歳で書いた論文は、その中のシトシン(C)の自然突然変異についてのもので、1976年のBBRCに出した論文。これは脱線(笑)
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5442/trackback

さてここで、時系列で考えると感染経路が判りやすい。

最初のウイルスの遺伝子配列をABCDとする。その後で見つかった2つのウイルスの遺伝子配列が決定されたとする。

1つはADCD、もう1つはADADだとする。これを並べてみると、

(1)ABCD
(2)ADCD
(3)ADAD

(1)から(3)が生じたと考えるよりも、(1)から(2)が生じる方が可能性が高く、さらに(2)から(3)が生じたと考えれば無理なく説明できる。

逆に(1)から(3)が生じ(そのためには2つの変異が必要)その後、(3)から(2)が生じたと考えるのは可能性が低い。

つまり結論は(1)>(2)>(3)で、(1)>(3)>(2)の可能性は低いとする。

この例は非常に単純化しているが、遺伝子配列が大きく、かつ突然変異が複数箇所で起こると、コンピューターを使えば比較的明確に感染経路の判定が可能。


追伸:

厚生省やWHOも冷凍食品を介した感染には完全に否定はしていないが「報告はない」としている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q2-8

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/question-and-answers-hub/q-a-detail/environmental-surveillance

https://www.who.int/news/item/30-10-2020-statement-on-the-fifth-meeting-of-the-international-health-regulations-(2005)-emergency-committee-regarding-the-coronavirus-disease-(covid-19)-pandemic

最新のWHOのプレスリリースを検索してヒットしたのは以下の1文のみ。

“Conduct research and share information on transmission, including role of aerosols; presence and potential impact of SARS-CoV-2 in animal populations; and potential sources of contamination (such as frozen products) to mitigate potential risks through preventative measures and international cooperation.”
0

2021/1/23


<1年前>
武汉がロックダウンされた。当日ウイルスの遺伝情報をゲットした。但し、感染は12月から広がっていたことも後日知る。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6040/trackback

当時、以下のように書いていた。

『このウイルスは細胞膜を持ているので消毒は容易、飛沫感染なのでマスクと消毒で効果あり。感染防御は比較的容易なのでしっかり防御すれば心配ない。致死率はそれなりに高いようだが、人=人間で感染が広がると人に順応した変異が蓄積されるので危険性が高まる』

8〜9割は正しかったが、まさか「不顕性感染」という頭がなかった。その意味では甘く見ていた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ