2020/1/22

いろいろなこと  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
エネラルドリーグ昇格, 183XP,+154XP 五十八分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=gKUoka-HWPA&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=13
HSK4#13
https://www.youtube.com/watch?v=Kgha36EPdf0&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=2
HKS1, #1〜2. 背了一个小时一分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=5CrnQ2XU_JQ
https://www.youtube.com/watch?v=3u4Q2wPVmXk
看了十五分钟李姐妹频道。

https://www.youtube.com/watch?v=yJFLBIVmyIQ&list=PL9370B169C99DC483&index=10
中級文法講座 第6〜10回。学了一个小时五分钟文法。

https://www.youtube.com/watch?v=HHfGUAoa4SI&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=60
ブレチャイな! 56~60. 学习三十六分钟文法。

https://www.youtube.com/watch?v=deulpzCEGgI
https://www.youtube.com/watch?v=tHBrExvAiqo
杏彩 in 中国。看了十四分钟杏彩的频道。这个知识很值得。 一共四个小时九分钟。

运动:爬山散步250kcal。

今日は順調に数値目標(4時間)達成で、いつもより一時間早くジムに行く。ドレッドミル後、いつものエアロまで30分以上の待ち時間。待つのは勿体無いし、これ以上ドレッドミルをやるのも休み明けで無理しそうということで早々に帰宅。



<NHKドキュメント>
1)『桃源紀行』
https://www4.nhk.or.jp/P2688/x/2020-01-21/10/22559/3118557/

雲南はコーヒーの産地、場所はここ。
https://www.google.com/maps/place/Puzhehei+Xiayulu+Inn/@24.127467,104.1304854,12z/data=!4m13!1m7!3m6!1s0x36ce51f2947b627d:0x614b567bb707d721!2z5Lit6I-v5Lq65rCR5YWx5ZKM5Zu9IOmbsuWNl-ecgSDmloflsbHluIIg5LiY5YyX55yMIOaZruiAhem7kuadkQ!3b1!8m2!3d24.135928!4d104.121602!3m4!1s0x36ce51f2e612bb19:0xdad734ac02fbf81a!8m2!3d24.1369631!4d104.1216373

2)世界ふれあい街歩き『“若さ”あふれる歴史の街 ボストン』
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/169/1767520/index.html?c=housou

バークレイ音楽大学がボストンにあるとは知らなかった!てっきりSF近辺のバークレイだとばかり! 確か汪峰もここで学んだはず。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3426/trackback

3)シルクロード 謎の微笑みの仏像
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/91878/1878331/index.html
イタリアからアフガニスタン、そして中国さらには日本。ミスラ(ミトラ)と弥勒の関係。知りませんでした。

う〜ん、何時もの「受信料払ってOK」のパターン。



<イスラーム圏は多産か?>
よく訪問するblogのshinzeiさんのところでイスラーム思想研究者の飯山陽さんが「イスラーム圏は多産」と述べられているようなのだが、これは間違い。 直接本を読んだわけではないので、真偽のほどはわからぬが、何れにしても誤解を招く表現はされたのだろう。
http://shinzei-co-led.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-64bf70.html#comments

下の図は直近のイスラーム圏と子供の数の分布図だが、見ただけでイスラーム圏は多産だということは言えない。むしろ南半球アフリカの方が遥かに高い。また同じイスラーム圏でもニジェール、アフガニスタンやイラクは高いが、インドネシアやトルコ、イランは低い。特にイランは日本と大差ない少子化が進んでいる。イラン=1.69、日本=1.44(2015) 

世界最大のイスラーム国家であるインドネシアの出生率は2.39(2015)でここも少子化が進んでいる。一般に出生率が3を切るとバスコントロールが進んだとされている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上の図はモスレムの割合。

むしろ識字率との相関が高い。例えばニジェール、アフガニスタンに注目してもらいたい。尤もこれはE. Toddの受け売り(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ところで飯山陽さんは私も注目するイスラーム思想研究者。最近はblogも更新されていないので、どうされているのかと思っていました。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4357/trackback

それとは別によく感じるのは、アラブ圏しか視野にないイスラーム思想専門家という人が多いという点。 以前も「偶像禁止」についてそのように解説していた自称イスラーム専門家がいた。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3935/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5961/trackback
0

2020/1/21

グダグダな1日 & 『日本人の勝算』4  お勧めの1冊

<グダグダな1日>
月曜日は体調?不要で1日グダグダ。勉強も運動も読書もなし、TVをつけっぱなしにしていたが、眠気の方が先に来る。ま、こんな日もあるということで諦める。明日からまた気を取りなおして頑張ろう…

その中でも『地中海“文明の十字路”を歩く』この番組は良かった。Google mapがここでも大活躍。 
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3581/2651020/index.html?c=housou

最後のステーラ、Suteraの街が特に良かった。すごい光景。
https://www.e-borghi.com/en/village/275/Caltanissetta/sutera

クリックすると元のサイズで表示します

番組を通じて感じたこととして、風光明媚で豊かな自然だけでない、深い悲しみを包み込んだ島という感じがする。

シチリアは確かに文明の十字路、シシリア・ノルマン王国が頭に浮かぶ。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4990/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1167/trackback

それは兎も角、ぐだぐだの原因の1つは前日の深夜番組、時間確認のつもりでつけたTVのブルース・ウイルイス主演SF映画「フィフス・エレメント」。それなりに面白かった。特に脇役が良かった。公開されたのは1997年だとか、とてもそうは思えなかった。ラジオDJに扮した役者が最高! 悪役のゾーグ役俳優も良かった。異星人はちょっとチープな感じだが(笑)
https://movie-lovers.hatenablog.com/entry/2018/05/16/192610

ま、いずれにしても夜更かしは禁物ですな。



『日本人の勝算』4
2000年代に入ってからの生産性上昇は業種間での差はなく、各業種内で開いている。図表5-7 つまりサボっている企業と努力している企業があるということ。意外だったのはサービス業でもそうだということ。p194〜5  例外として「美容室」は資本や最新技術が適応でき辛い業種だとか。それはなんとなく納得。p197 ということはこの分野はある意味AIとかロボットが入り込めない分野?

社会に於ける格差は経済成長に悪影響を与えるという結果がIMFとOECDから出ているとのこと。199 同じことはスティグリッツさんも指摘していたこと。 それに最下位層の賃金が上がれば消費に向くが、最上層なら貯蓄に向くから当然だろう。

『日本の産業の80%以上はドイツより生産性が低い。それらの業種は非正規が多い』p219 それが因果関係かどうかは判らぬが、それが事実だとしたら正規を増やして生産性の変動をみることは意味がある。なぜなら経済成長は人口増加と生産性の関数だが、人口増加が望めない以上。生産性を上げるしか道はないのだから。もちろん移民を増やせという意見があることは知っているが、それが正し方法とか思えないから。

また、全分野の8割という多さは、この生産性の低さが何か日本的=構造的なものだという著者の意見には同意できる。p221 

そこで著者は賃金上昇、労働分配率の上昇を提言する。またこれには政府の強制力が必要だとも。p222 なぜならそれだけの余力があるのに長年日本の企業はそれを行っていらず内部留保を高めているだけだから。その1つに最低賃金を上げることを提言する。これはこの著者が昔から提言していることだが、ここでどれだけあげたらいいかを計算式を示す。こうした具体的提言が好きだ。最低賃金は1人当たりのGDPの50%というのが世界的認識だとか。p223 だとすれば計算は簡単だ。また最低賃金の上昇は主に低所得者層に厚い、彼らの賃金の上昇は主に消費に回るというのも頷ける。高賃金を貰う層の賃金上昇は貯蓄に回る。
0

2020/1/19

『日本人の勝算』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ルビーリーグ, 1189XP,+112XP 四十六分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=gKUoka-HWPA&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=13
HSK4 #12〜#13−4min 背二十三分钟单词。一共一个小时九分钟。

运动;爬山散步300kcal和一个Zumba课



<昨日の続き>
今読んでいる『電子決算ビジネス』という本は10年前に出版された。そこで述べられていることは相当古い事柄なのだろうが、初めて知ることが多かった。現在では既に実用化されている内容も多いだろう。その中で 『日本は電子マネーなどの少額決済システムについて日本は進んでいるので世界にその仕組みを広げる可能性がある』とのべてあるが、実際には日本は完全に遅れをとってしまった。これは日本の社会の老齢化、硬直化、既得権保護が足を引っ張ったと感じる。p265 

内容は知らないことばかりで、どれだけ理解できたかは怪しいが、自分なりに理解した(と思った)範囲でまとめて頭を整理したい。

ここでも、電子マネーがマネーサプライをコントロールしやすくなるのでマイナス金利政策も可能になると述べてある。そう、もし10年後に著者らが期待するようなシステムが日本で既に構築されていたらなば現在の日銀がおこなっいるマイナス金利政策も成功しただろう。しかし現実には日本は全然先に進まず世界に遅れをとっている。p266



『日本人の勝算』2
著者は、人口減少時代は供給過剰なので輸出の拡大を勧める。p91 確かに著者がいうように多くの日本人が日本は輸出大国だと誤解している傾向がある。確かに総額でみれば日本の輸出量は世界4位と大きいが、人口当たりでみると44位、GDP比でみれば117位と驚く程低い。例えば総額3位のドイツの人口当たりは日本の2倍という事実がある。p95 図表3-1

日本が最早輸出大国でないことは知っていたつもりだが、これほど低いとは知らなかった。そして輸出が減っても経常収支が黒字であれば良いと考えていた。またあまりに輸出依存の経済は世界経済の低迷の影響を大きく行けることも事実。ここは程度ものだとかんがえるが、どうだろう? 良い例が韓国、韓国は1人当たりで日本の2倍。GDPでは日本の16.1%に対し、42.2%で、しかも隣国中国に依存しすぎる点が逆に弱点になっている。

また著者が例に挙げるドイツは、EUという枠の中で<関税なし+EU外には見かけ上弱いユーロ>の利点がある。もしTPPで関税なしの状況に、それもアメリカがそれに加わるとなると、日本も状況が変わるはず。ここらについても議論してもらいたかった。

とれは兎も角、著者がいうには多くの研究結果は生産性と輸出力は相関関係があるが、p103 企業別でみると、「輸出力すると生産性が高まる」との仮説は否定されているらしい。逆に生産性の高い企業は輸出力が高まるとの方が事実とか。さらに言えば『輸出したいという意思が生産性の高さの秘訣』だとも。p105 

ドイツの事例では、輸出をしている企業の生産性はしていない企業の1.3倍だとか。p106 さらに中間資材の輸入と生産性には正の相関があるとも。原材料の輸出とは相関しないとも。p108〜9 これは注目すべきデーター。日本の場合、中間資材の輸出が重視され、「自慢にもなっている」が、 著者によればこれは『他国の生産性の向上に働いている』とか。p110
0

2020/1/18

『日本人の勝算』  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ルビーリーグ, 1077XP,+167 一个小时九分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=rqCA-PAqcdE&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=12
HSK4 #11〜#12 背四十八分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=9WJbNW6MEtc
看十五分钟李姐妹频道。

https://www.youtube.com/watch?v=xP3fZZa_4z4&list=PL9370B169C99DC483&index=5
中級文法講座 第1〜5回。学了五十一分钟文法。

https://www.youtube.com/watch?v=AczvdkFIYmc
0〜5min, 二十六分钟。一共三个小时二十九分钟。

没有运动。



<現金決済>
先日たまたま記録をとっていたこともあり自分の場合、どれだけが現金決済か調べてみた。いつも行くスーパー(AEON)やコンビニ、スタバは実は専用カードやPayPay、ApplePayのスマホ決済で、基本キャッシュレス。

現金決済は駐車場代、ガソリン&灯油代、散髪代、医療費、スタバ以外の某喫茶店とレストラン、自動販売機。 直近の2ヶ月合計で21,692円であることが判る。つまり1月で1万円程度。このうち幾つかは現時点でキャッシュレスが可能だがやっていないだけ。となると、現金のやりとりは極端に減らすことが今の時点でも可能。駐車場代はいつも硬貨の準備をしないといけないので面倒だが当面これは改善の兆しは見えない。いずれにせよ。銀行口座に直接紐付けしない電子マネーはそれほど高額なものにならないので万一事故や犯罪にあっても被害は少ない。たまに入金するだけで済むことが判明。記録は取るものだ!

そのこと以上に重要だと思うのは、日常の現金のやりとりがこのように少額であれば電子マネーによるC to Cの取引に使えるということだ。電子マネーは「換金できない」ので法律上は送金サービスに該当しない。つまり個人間でのお金のやりとりに便利だということ。実際最初にLINEで可能になり。今ではPayPayでも「割り勘」機能として使えるようになった。実際はP2Pの取引機能だということ。
https://coin-with.com/cashlesspayment/paypay/warikan-paypay/
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5602/trackback


<IC type to Web type>
ジムの会員証もスマホ内蔵型になった。別に今までのカードでも問題ないがここはやはり取り入れるしかないでしょう! これでジムの入館管理等もIC型からネットワーク型に変更されて色々利便性が高まるはず、否、利便性を高めなければ導入した意味がない。そうでしょう?!

クリックすると元のサイズで表示します



『日本人の勝算』
デービット・アトキンソン著、東洋経済新報社。2019年初版。

信頼できる人物と考える人の最新の著書。この本は著者のこれまでの本と多少ことなり、最近の論文を紹介するという手法を取っている。勿論、その結論はこれまで著者が事あるごとに主張してきたことと変るものではない。(少なくとも最初の数章を読んだ限りの話)易しく書かれてはいるが、何しろこちらは素人、どれだけちゃんと理解したかは疑問。ただし、自分なりに頭を整理して、この中で幾つか重要と思われるデーターをメモする。

まず「人口とインフレが非線形な関係」にあるという点。自分なりに分かりやすく言葉を換えてまとめれば、二峰性がある。これにはインフレに大きな影響を与えるのが新築住宅=不動産購入という背景がある。p49 つまり新築する必要がある世代は子供が生まれて時点と(0〜20歳)、定年退職前後にまとまった退職金が入る時期(55〜70歳)。さらに70歳以上の人口の増加は逆に急激にインフレにマイナス要因となる。これは日本だけでなく世界的傾向でもあるみたいだ。それは資料の出所が国際決済銀行だから。 図表1-3 p29

ところが、この関係には時差がある。つまり人口が減り始めても不動産は急には減らない為に、人口増加の場合の不動産供給上昇みたいに同時に変動しない。つまり少子高齢化でデフレ圧力がかかる。 これは判りやすい。事実自宅の周囲の団地には空き家がボツボツではじめている。これは福岡市内まで車で15分の場所でもだ。地方だともっと大きな影響があるだろう。

著者はここで述べていないが、個人的な考えではこの構造は日本で特に顕著にでている。それは、不動産供給は人口増減だけで決まるのではないと考えるから。核家族化も別の要因としてあると考える。日本の場合は最初に核家族化が完了し、その後人口減少が起こり始めたので、あたかも人口だけの要因のように感じられるが、別の例として中国の場合を考えると、核家族化はまだ進行中。だから来るべき労働人口減少より不動産価格に影響を与える場合ではないと考えれば今の現状が解釈可能。つまり中国は人口増減と核家族化の同時進行で2つの要素が絡み合っていると考える

今、日本で進められている金融の量的緩和は方程式通りには進まないことを判りやすく紹介する。

量的緩和方程式: 通貨量X通貨の取引流通速度=物価X総生産

つまりこの方程式は潜在需要が掘り起こされるという前提があるが、日本では人口、それも少子高齢化で労働人口が減少しているので潜在需要がもともとない、だから金利がゼロでもお金を借りて物を、特に需要に大きな影響を持つ家を買おうという欲求がない。p41

第2章でピケティーの最新分析が紹介される。2017年の「The Role of Population in Economic Growth」* より、1700〜2012年までの世界経済成長の要因は0.8%が人口増加、0.8%が生産性向上で説明できるとか。 p57 勿論、これは国によって実態は異なっているので、ここでは平均ということだろう。例えば1913年〜2010年の北米やオーストラリア、ニュージーランドの経済成長は3.08%で、西欧の2.32%より高い。ただし、この差は生産性によるものではなく人口増加だと。p59

*上記の論文そのものはE. Wesley et. al. 2017, SAGE Open, October 11とあるので学会発表か?

つまり経済成長率は人口増加(正確には労働人口?)と生産性の掛け算なのでよく精査すべきということだろう。それゆえ、日本の高度成長期の成長率をもって『(日本の)技術レベルの高さや、国民の勤勉さで悦に入っていた人も多いのではないか』と耳に痛い言葉も。p62  実際、その通りだと思う。現在の米国の経済成長も多くは移民による人口増加によるところが大きいとの指摘は正しいだろう。p60

さらに日本の資本主義は「Low road Capitalism」だと著者はいう。p72 つまり『良いものをより安く』。p73 この言葉を聞けば「それが何にが悪い」と思う人もいりだろうが、人口減少時代の日本はダメだと『より良いものをより高く』が、「High road Capitalism」が必要だと。だから、アメリカの真似ではダメだとも。むしろ真似するべきはドイツ、スイス、オランダ、シンガポール、香港だと。p78 

確かに大枠では著者の意見に賛成だが、その優等例にドイツ、スイス、オランダはどうだろう? これらの国はEUという枠の中でスペインやギリシャなどの国をEUとして囲むことで利益を上げている部分もあると感じる。特に共通通貨ユーロの存在は大きい。またシンガポールや香港は都市国家、特に香港は大陸中国の経済力と労働力を選別して取り込むことで見かけ上の経済成長を果たしていると考えるがどうだろう?
0

2020/1/17

『中東の世界史』特別編  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ルビーリーグ, 910XP,+128 四十分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=-6dvSNw93Xs&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=11
HSK4 #10〜#11 7.4min。背二十八分钟单词。一共一个小时八分钟。

运动;爬上散步250kcal和一个Zumba课

今日も絶不調。早々にモールに行き、読書三昧。『日本人の勝算』を読み上げ、さらに『電子決算ビジネス』を1/3ほど読み上げる。両方の本を読んで感じたことは日本の社会は老人民主主義に流れてしまい。既得権や社会の硬直化で世界に大きく遅れをとってしまったということだ。



<明日(17日)で阪神淡路大震災から四半世紀>
時の流れの早いのに驚く。あれだけの教訓を受けながら、それを十分に東日本大震災に生かすことが出来なかったと感じる。「ハザードマップの活かし方」という本によれば、今でもハザードマップへの記載は地元の同意が必要だとか。不動産価格への影響が背景にあるらしい。それ故、千葉の認定率は極めて低い(33%)が、東京都内はほぼ100%とか。つまり地価の低下を心配する地主が登録を拒否する場合があるらしい。また自治体でそれだけ認定率が低いのは自治体(特に首長)の能力の差かもしれない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6005/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5944/trackback

果たしてそれで良いのだろうか。良いはずはない。



<グレートネイチャー>
「絶景!白い大地のミステリー〜スロベニア〜」
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/1872/2170115/index.html?c=housou

素晴らしい番組。あの赤く燃える山脈は、お隣りのイタリア北部山岳地方でも『イタリア異界物語』や『ベナンダンティー』の舞台を彩る。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5822/trackback

あのような不思議な風景がキリスト教以前の太古の宗教を生み出したと考えなくもない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4969/trackback

う〜〜ん、「受信料払ってOK」と思ってしまう(笑)




『中東の世界史』特別編
1回目ではスルーしたが、2回目に読んだ時注目した点ついて。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6013/trackback

E. H. カーはその著書『歴史とは何か』の中で過去をそのまま再現することは不可能で、「歴史」は語る人の視点で再構成されると述べたことが紹介される。p020  この一節を読んだ時思い出したのが、アーシュラ・ル・グインの詩「何も起こらなかった711年」というもの。 

歴史となるためには「物語られ」かつ「聞き手の存在」が必要で、そうでなければ歴史とはならないと彼も同じ事を述べている。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/154/trackback

かつて17〜19世紀にかけて海洋帝国であつたオーマンが、アフリカに築いた都市ザンジバル。p032 ここで生まれたのがクイーンのフレディ・マーキュリー。ゾロアスター教徒のインド人だということ。最初に読んだ時は彼がザンジバル生まれであることそしてゾロアスター教徒であることは意識しなかった。そして何よりも、そのかつての帝国が今ではほとんど注目されないアラビア半島に存在する一後進国だとされていることも。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5631/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5628/trackback
0

2020/1/16

『60歳からのリアル』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ルビーリーグ, 782XP,+538 三个小时五分钟。

运动:一个Salsa课

<絶不調>
今日は勉強する気力がなく、ソファーで横になって本を読みながらダラダラ。こんな日は読書も進まない。こんな日、ゲーム感覚で勉強できるツールは良い。β版でいろいろ不備はあるが、無料で使わせてもらっている身、文句を云う立場ではない。ただしソフトの改良の為のコメントはされてもらっている。一番の問題は「ta」の発音が「他」なのか「她」なのかわからない点。ソフトが要求する答えでないと先に進めない。
https://www.duolingo.com/learn

それにしてもこのソフトで3時間はやりすぎ?



『60歳からのリアル』2
リタイヤ後の「生き方」としては、すべてをリセットすることが大切だとか。p73

その通り! 現役時代と同じような生活と考えるから間違いが起こる。私は『ダウンサイジング・プロジェクト』としてゲーム感覚で進めたゼ!
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5257/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5249/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5266/trackback

ここで意外なことが書かれていた。それは物価上昇率で、40歳未満世帯では3.7%に対し、60歳以上の世帯では5.5 %と逆に高い。これは家屋の修繕費や通信費などが増えるからだとか。p98 修繕費が増えるのは持ち家の老朽化で当然だろうが、通信費が増えるのはなぜだろう? 暇でスマホ使用時間が増えるから?(笑)

ここでも特別出費の重要性が指摘されていた。医療費や修繕費などだろう。これは最初から想定済みのこと。p104

この後、NISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)が議論される。後者は以前何度も「不道徳な見えざる手」で散々議論された仕組み(笑)前者は2018年よりスタートした制度で利益が全額非課税で投資神託ができ、インフレリスクの備えとして適しているとか。p128 積立期間が長期間で投資が比較的少額なので経験がない人に適していると著者は述べる。p124〜5

インフレの問題は別にして、時間もないし年金の範囲でなんとか生活できると結論できた私としては考えないことにしている。

ただし一番の問題はインフレの可能性。 金融政策で大きな間違いがない限り、人口減少社会にインフレの可能性は低いだろう。しかしインフレが起これば貯蓄はすぐ目減りする。この場合は話は別。。例えば10%物価が毎年上がれば(1.1)^n n=5として、  5年で6割程度、超インフレで50% ならば5年で1/7くらいまで金の価値が下がる。つまり5年で1000万円が100万円ちょっとの価値まで下落する。これは大問題。この時は行動が必要

そのほか、最近TVでよく宣伝しているリバースモーゲイジとリースバックが議論されるが、これは完全に除外。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/15

『60歳からのリアル』  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ルビーリーグ, 244XP, 一个小时三十四分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=xer8C_poG98&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=10
HSK4 #9〜#10。背四十八分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=mKFAWpEMy1g
兎遊 十分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=HL1SjEsfW0c&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=55
ブレチャイな! 49~55. 学习四十两分钟文法。

https://www.youtube.com/watch?v=mhSutmPa05U&t=8s
カエル フレーズ 300 (3) 0〜5.11min, 背四十七分钟单词。一共四个小时一分钟。

运动;爬山散步200kcal

今日は何とか目標を達成できたので早めにモールのスタバで読書三昧。減量のため夕食抜きでジムへ行くとお腹が空いて途中で離脱。いつものエアロは無し。夕食を食べると4食になり減量にならない。どうしたものか?

クリックすると元のサイズで表示します



<誤解を与える番組?=「楽園」の凄惨な歴史>
火曜朝の「ふれあい街歩き」は「インド洋の楽園 タンザニア・ザンジバル」
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/169/1767526/index.html?c=housou

ザンジバル島がクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの生まれた場所だとは知っていたが、まさに冒頭に彼の生家が紹介されていた。2階建の白い石の建物の正面、ショーウインドに彼が3歳の時の写真が飾ってあった。今や観光スポットのようだ。彼はインド系ゾロアスター教徒の家庭に育ち、イギリスで教育を受ける。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5631/trackback

季節風で1年ごとにインドとの間に航海ができる。このザンジバルがかつてのインド海洋帝国オマーン首都でもあった。グローバル・ディアスポラと1963年の独立による移民虐殺(1万人にも及ぶ)の歴史がある街。勿論番組ではそうした凄惨な歴史は語られない。しかし「楽園」だとか「お互い助け合う街」というのは少し誤解を与える紹介かと。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4170/trackback

番組でシナモンが樹皮を剥いで乾燥したものであるとか、知らなかった。なおシナモンを樟=楠と直訳するのは問題かも? 調べるとクスノキ科のニッケイ属(Cinnamomum)だとか。日本の一般的クスノキからは取れないだろう。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3156/trackback


<2度目のトスカーナ>
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3719/2475138/index.html?c=housou

フィレンツェFirenzeからの列車の旅でピサPisa、そしてルッカーLuccaがでた〜。この街はイタリアでも中世の城壁が残っているのは珍しいらしい、今頃になって知る(汗)最後にLuccaから1時間北にリグリア海沿いに行くと大理石の街、カラーラCarrara。アフリカ大陸側から地殻が北側に隆起してアルプスができた時、海底が隆起してできたのがイタリア半島部だから大理石が多いのは当然。もう一度行きたいな〜
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4881/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

あの時は航空券の安い南回りにした。新疆からアフガニンスタン、イラン上空と危険地帯を飛行したが、今なら昔通りの北回りかな?

クリックすると元のサイズで表示します




『60歳からのリアル、 2,000万円持っていないオレたちはどう生きるか』
自由国民社、2019年初版、岡久著。

出たばかりの本。あの2000万円問題で世間が騒いだことでの出版のよう。すでにリタイヤした身としてはToo lateだが、今後のリタイヤ人生の参考になるだろうと思い読み始めた。

退職後2年を経て、最初の1年は貯蓄が150万円ほど減ったが、2年目からは年金だけで何とか生活できる目処がついた。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5991/trackback

今後は「不道徳な見えざる手」に惑わされず、特別出費となるであろう、介護・医療費、家のリホーム、それに車購入などの準備に取っておく。ま、出来れば後の2つはナシで済ませたいところ。

平均寿命として(81歳−68歳)残り13年?だが、こればかりは判らない。それでもリホームは10年前に1回やっている。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1783/trackback

したがって後1回とすれば200万円程度(前回150万円)? 車はこの団地に住む以上、後1回くらい購入が必要か? その後は自動運転のシェアードカーの時代になるだろう。ならば今の貯蓄で十分のはずと計算済み。年金で十分生活できるとの予測が立ったことが非常に重要。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5782/trackback

それでも、幾つか課題が見えてきた。先日の家計調査から毎月10万円以上が銀行振込の固定費として消えていくことが判明した。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5991/trackback

確かに生命保険や火災保険だけで月2万円程度。ジムやダンス教室にも月2万円以上支出していることを確認した。ここらが改善の対象か? その他は税金や光熱費、通信費等で必要経費だろう。そうした具体的目的意識を持った上で読み出す。

冒頭、年金受給についての章が続く。既に2年前から全額もらっている身には不要な情報だが。重要と思える部分をメモした。まず、3人に1人が現在繰り上げ受給している。p22 ただしこの数は新規資格者では大きく減って現在では9.2%。p28 これは長寿に備える人が増えてきたからだろうとの分析。それはそうだ、早く貰い始めると年金が少ないから(60歳開始では65歳の7割)p19 

ここで重要なことが書かれていた。それは保険などは減額あるいは無しでも済むが、遊興費は減らすべきではないとのこと。「心のゆとり」を保つ上である程度の遊興費は必要だとか。p42

そうですな〜 ジムやダンスに通えるのも海外短期生活も重要♪ 特に後者は私にとっての重要項目。

もとより起業のつもりはさらさらないが、重要なこととして『定年起業でしくじるな』と書かれている。数字として、起業1年後の存続率は4割。5年後で15%、10年後では6%という現実があるらしい。p57 起業する人は大変ですな!  また定年後の再雇用制度を利用する人は8割だとか。p63 4年前の同窓会でもほとんどが再雇用。私の場合は正式な定年が65歳だったので再雇用はなし。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4615/trackback

次に再就職=転職について。成功率は15%で給与は定年前の1/3程度だとか。p83 流石に厳しい現実が語らさる。


次に年金額。これは自分の場合、予め年金額が定年前の年収の1/4以下(単身で220万円)になることがわかっていたので、それなりの覚悟が最初からあった。それでも日本の年金制度は他国と比較して手厚く、屋台骨もしっかりしているという。p72 ここらはマスコミが正確に伝えていない、というか嘘っぱち。以下のようなデーターがある。これは自分で調べない視聴者にも責任がある。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4261/trackback

<米国>
単身:1,229ドル(15万円)
夫婦(配偶者が自己の年金を受給しない場合):1,994ドル(25万円)

<ドイツ>
713ユーロ(9万円)

<英国>
単身:週102.15ポンド(月7万5千円)
夫婦:週163.35ポンド(月12万円)

しかもこれは平均値だ、中央値だとさらに低いはず。いずれの場合も自分の方(月18万円)が遥かに恵まれている。
0

2020/1/14

『実践行動経済学』6  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
サファイヤリーグ, 1880XP, +191XP, 五十六分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=-aNrg-q3u7w&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=9
HSK4 #8〜#9。背四十七分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=UXFevS9SJGk
李姉妹ch 十分钟。很好!

https://www.youtube.com/watch?v=6lFYJGbHgl4&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=48
ブレチャイな! 41~48. 学习四十分钟文法。 一共两个小时三十三分钟。

没有运动。 节日版



<イランの反政府デモ>
https://www.afpbb.com/articles/-/3263138?pid=22008336

イスラーム国家を標榜する国だが、意外と近代的。Toddによれば人類学的現象(識字率と出生率)はイランが既に近代化を遂げた国だということを表しているとか。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/872/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1096/trackback



<名城大事件>
「リポートの提出期限が守れず『単位を認定できない』と言われ腹が立った」それで教員を刺す?  それなら私だって何度も刺されているわ! 
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6348012

レポートが必要条件の単位は多いが、普通試験よりも楽。形式が整っていれば、レポート出して単位を出さない教員はいないと思うが? 何か他に原因があるのでは?
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3479/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2958/trackback



『実践行動経済学』6
10章は薬剤給付プログラムについて。冒頭著者は読者に最近までアメリカでは薬費がメディケアーの対象ではなかったことを意外に思うのではないかと述べている。p245 確かにそうだ。現在では自費か医療保険がカバーしているようだ。ところが、この制度複雑極まりない。読んでいてもよくわからない。何しろ沢山の選択肢がある。これがリバタリアンにとっては重要なことらしいが。私にはアメリカの医療制度の欠陥と映る。結果的にアメリカには400万人の無保険者がいるらしい。p254

実は無保険者というのは別に特殊な存在ではなく、ちゃんとした仕事を持っている人でも無保険者だった人がいて、驚いたことがある。研究によればその大多数は貧困層らしい。

それはそうだ、アメリカでの民間保険料は馬鹿にならない。結果的にアメリカの一人あたりの医療費は日本より大きいのに健康寿命も平均寿命も日本より低い。それは適切な医療を受けられない層が沢山いるから。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4830/trackback
https://www.oecd-ilibrary.org/sites/health_glance-2017-6-en/index.html?itemId=/content/component/health_glance-2017-6-en

2015年時点のdata(OECD 2017年)を見ると日本の医療費4,400ドルに対し、米国は9,500ドル。平均寿命は日本が84歳に対し米国は78歳程度。それにしても米国の1万ドルというのは驚く、多分富裕層がとてつもない金をつぎ込んでいるからだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

この図を見るとなかなか示唆的。
1)4,000ドル以上医療費をかけても平均寿命は延びない?
2)米国は異常に医療のコストパフォーマンスが悪い。


さて、問題は医療保険で薬剤費が適切に補助を受けているかどうかだが、ある研究によれば加入者の2/3は自己負担が一番安くなるプランを選んでいないらしい。p264 これは専門家でもどのプランを選ぶか非常に選択は困難だとのことなので当然だろう。実際に著者らは自分で試みている。

自由選択は理念としては良いが結果としては悪い結果を出している。著者はこれについて様々な先進的選択アーキテクチャーとしてのデフォルト設定やナッジを行えば平均薬剤費を一人あたり500ドル削減できるというが、p268 自分としてはそれより日本の制度を使えば?と言いたくなる。日本は(後期高齢者を除く)一律3割負担で判りやすい。

11章は臓器提供について命令的選択を提唱する。これは臓器提供についてYESかNOか選択しないと運転免許の更新が認められないという方法。p279 これは流石にやりすぎという感じがする。特にアメリカと違う生命観を持つ日本では難しいだろう。やや穏やかな方法として「留保」の第三の選択肢を作り、保留を選択した人の免許更新の期限を1年にするというのはどうだろう。1年もの期間を与えれば自ずから判断はできる。
0

2020/1/13

『実践行動経済学』5  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
サファイヤリーグ, 1689XP, +165XP, 三十九分钟。

今日は休日スケジュールだが上のサイトは1日でも休むとメールが届く。少し煩わしいので形だけアクセスして少し勉強。運動も今日はなし。



<Yahooのビジネス転換?>
車の中で聞いたラジオでYahooが長期間使われていないYahoo mailを整理する(削除?)とのニュースが流れていた。帰宅後早速アクセスして削除されないようにする。 ほとんどmailとしては使っていないが、航空チケットの購入や寄付にYahoo addressを使っていたので念の為。

Yahooは先日もblogを廃止し、今回は更にmailの整理? Yahooが転換を模索していることと感じている。 実は、同じことがAOLでもあった。今でもmailはAOLが使えるが、blogは廃止されteacupに移動した経緯がある。昔のファイルには当時のaolのblogアドレス(URL)が残っているが、リンクがそれで切れているので繋がらないのはそのせい。AOLの場合はビジネスが立ち行かなくなり、赤字補填の為に資産を売却したことによる。今回のYahooも投資で大きな赤字が出ていると聞く、その背景もあるかもしれない、どうだろう?



『実践行動経済学』5
8章では「借金市場に油断は禁物」として住宅ローン(これは完済したので軽く読み流す、笑)とクレジッット・カードについて。

ここでデビットカードが銀行残高の範囲内でしか利用できないことを指摘した上で、これを与信機能として利用するとクレジッット・カードより手数料が高いことが語られる。p218 与信機能があること自体知らなかったが、もともとデビットカードが残高額しか使えないことを逆に利用して、セキュリティー上、海外での使用に限って使っている

ここでクレジッット・カードの融資利率は年18%とされる。試しに自分のクレジッット・カードの手数料を銀行口座からの引き落としと税込の購入額を対比して調べてみたが、口座引き落としで、いつも1回払いにしているので手数料はゼロだということを初めて知る(汗)多分、加盟店は手数料を支払っているだけなのだろうが?

こうした基礎的なことすらこれまで知らずに長年使用していた。恥じ入るばかり。調べてみるとクレジット払いを三回払い以上にするとどうやらかなりの手数料がかかるみたいだ、全然知らなかった。p219 もし、この記述に間違いがあればコメントください。

スウェーデンは年金を民有化したらしい。ここから得られる教訓には成る程と思った。ここではデフォルト設定と様々なファンド(最初456ファンドから最終的には783ファンド)を選択できるプランを用意し自分でできるだけ選択することを奨励したとか。p226 その結果国民の1/3がデフォルト設定を選び、残りの2/3が自分自身でポートフォリオを選んだとか。p230 

スウェーデンの国民の多くが自分で選択したことに少し驚く、日本人だったら多分デフォルト設定を大部分の人は選ぶのでは? これは国民性の違いか? 確かに知り合いのスウェーデン人はこうしたことに非常に意識が高かった。個人差はあるだろうが、、、

さて、それはともかく、運用実績で比較すると、開始当時に株価が上昇していたこともあり、その影響が出た。しかもこれが逆転して低下しても現状維持バイアスがかかり、変更する人は少なかったせいで、結論だけ述べればデフォルトの成績の方が良かった。つまり、『(選択時の)タイミングが大きな影響を与える』との教訓が得られたとか。p238 これは学ぶべき点。
0

2020/1/12

『実践行動経済学』4  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.youtube.com/watch?v=svq8CaeWyqU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=8
HSK3〜4 #6〜#8。背四十八分钟单词。

https://www.duolingo.com/learn
サファイヤリーグ, 1524XP, +332XP, 一个小时十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=mL1WKI6xweA&t=19s
カエルフレーズ300(2)、0〜end, 做三十五分钟作文。一共两个小时三十八分钟。周末版

运动;爬山散步300kcal和一个Zumba课



<ゴーン氏の件を整理してみた>
1)司法制度の問題=人権の軽視 >改善すべき
2)司法取引 >共犯者の罪が問われないor軽減されるのは当然のこと。
3)国外逃亡>犯罪行為

上記3つは区別して議論すべき
それができていない議論があまりにも多い。<素人が傲慢噛ませます!(汗)

2)については、巨悪は大抵、組織犯罪。『三年清知府、十万雪花銀』は中国だけのことではない。1人の犯罪はタカがしれている。撲滅すべき最大の標的はこの組織犯罪。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1898/trackback

司法取引がさらに一般化すれば、「共犯者の裏切り」の可能性が犯罪の抑止になる。是非推進すべき。更にキャッシュレス社会の普及で金の流れがトレースされるようになれば脱税等に大きな効果が期待できる。何しろ日本はGDPの2割、100兆円の現金が流通し、その9割が1万円札。多くが脱税に使われていると考えられている。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5590/trackback


<台湾情勢>
民進党の蔡総統の勝利が濃厚との途中経過(2020.1.11.19:17PM現在)
香港情勢が追い風になった感じ。习近平氏に対しては内部で相当不満が高まっているとも聞く。今はまだ誰も口を噤んでいるが、台湾の選挙結果で変化が起こるか?  ま、ないでしょうけど…?  むしろ再選で台湾の今後が厳しいものとなるかも?

“今天香港,明天台湾”
https://www.secretchina.com/news/gb/2019/07/24/901326.html
http://www.taiwan.cn/plzhx/zhjzhl/zhjlw/201909/t20190912_12200992.htm


<イランが誤射を認める>
イランの防空システムにリアルタイム航空機位置情報がリンクしていないことが判る。防衛システムの技術レベルの低さが露呈。



『実践行動経済学』4
確定給付型年金プランは将来を十分考えない個人には優れている(まさに私の場合)必要選択は何時年金を受け取りかだけ。日本なら60歳〜65歳まで、今後は70歳まで伸びる。p169  給付額は勤続年数とその間にかけた保険料で自動的に決まる。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6020/trackback

ところが『人生100年時代』。これまでのように1つの職場に、否、それどころか1つの業種に一生務めることができない時代にはポータブル(持ち運び可能=自由に転職が可能)型=確定拠出型年金制度が求められる。ただしここで労働者は常にベストな条件を自分で決める必要がある。これは大変だ。

アメリカの場合、この確定拠出型年金制度に加入している人の68%が拠出額は低すぎるとしている。p172 これを満足するにはもっと投資する必要があるが、今の生活をその分犠牲にする選択が必要となる。例えば老後に素敵な住居をフロリダに得るためには欲しいスポーツカーを諦める?

そこで著者らは様々な仕組みや貯蓄(=投資)のためのナッジ例を紹介する。デフォルトの自動加入、p176 賃上げごとの自動拠出金上昇プログラム(SMarTプログラム=Save More Tomorrow、名目賃金は低下しない)p181 が前者だし、退職後の入手可能な住居のモデルルーム写真提供プログラム(笑)p204

ただ、以前も書いたように「後から不利益なデフォルト設定を用意した」ことで訴訟沙汰にならぬよう、現在では「比較的安全だが儲の少ないデフォルト設定」に流れる傾向があるとか。p201
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6020/trackback

最後に著者はこの確定拠出型年金制度についてアカロフが酷評したのと同じような言葉を付け加える。曰く、

自分で髪を切ろうとしたら大半の人は…「悲惨な状態」だ。』p205
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ