〜秘密クラブ〜

秘密、秘密、秘密クラブです。まあ、アレですよ。基本的にブログです。
日々の出来事、鉄拳への心意気、小樽観光等の秘密を公開しています。
最近、放置プレイしてる理由も秘密です。

 

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

welcome

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« いい感じでカミカミ | Main | 準備は万端 »

2005/5/14

「あなたに逢いたい」  観光してみる
今日も仕事。
でも、その前に前のバイトの後輩から
「あなたに逢いたい」とメールが着たので、逢いに行く。

逢いに行く。と言っても、後輩がなのは仕様です。

で、そこらで買い物をした後、マンジャーレTAKINAMIという洋食屋に行く。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに店名の『マンジャーレ』イタリア語で『食べる』という意味。

写真で見ると、小洒落た外装だけど、実は昔の倉庫を使っています。

クリックすると元のサイズで表示します


 店内に入ると、石造りで天井が高く、
 すごく雰囲気と赴きがある店内。
 




イタリア風の料理をメインにしているのが特徴で、
その中でも、マンジャーレ特製パエリアは、知る人ぞ知る一品で、
作るのに四十分もかかる、手の込ませよう。
予約して、作ってもらうのが良いらしいです。

ちなみに写っている野郎が、僕本人ということは秘密です

そして、それぞれ、ランチの肉料理と魚料理を堪能する。
本格的な洋食は、滅多に味あわない味なので、十分に堪能する。

そして、デザートタイム。。。

春なのか、桜のアイスクリームというものがあったので、それを注文する。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしい。。。

甘いもの大好きっ子なので、美味いデザートを食べると、
思わずにっこりしてしまいます。甘党、万歳。

ランチということで、予算は一人約1000円。
僕達は、デザートも頼んだので、合わせ約3000円位でした。

その後、マンジャーレの近くにある飴屋に行く。

クリックすると元のサイズで表示します

この飴屋は、飴谷製菓さんという飴屋で、大正7年から飴作り一筋。
代々、飴を作り続けて7代目になるとか。

以前の仕事で、お世話になった飴屋さんでもある。

写真の場所で吟味していると、

「いらっしゃいませ〜」と、にこにこ笑顔のお店の人が出てくる。
「今日は非番でございますか?」と、素敵に話しかけてくる。

ん?非番てw

よく出てきてくれる店員さんが、二人いるのですが、
僕は、ここの眼鏡の店員さんが笑いのツボに入ります。
今日は、ツボの店員さんが出て来てくれました。

以前の職場で、僕がその店員さんのモノマネが得意で、
仲間に「似てる!」と絶賛だったとか。

まあ、過去は置いておいて、色々と飴を買う。

クリックすると元のサイズで表示します

↑きなこ飴、バター飴、りんご飴、楽京飴等を買いました。

馴染みということで、割引してもらう。
それでも、職場への分も買って、1500円分買い込むというキチ○イっぷり。

今、考えたら、ランチ代より高えよ…

普通に買ったら、一袋三百円で買えます。
後、色々、試食もできるので、観光がてら、足を運ぶと面白いかもしれません。

飴谷製菓さんのお薦めは、きなこ飴バター飴
他に『イチゴ飴』なるものも新発売中です。

今でこそ、北海道の人気ナンバー1土産は『白い恋人』ですが、
以前は、バター飴が北海道土産の主流の時代もありました。

でも、今でも、その美味しさに変わりはありません。

飴も買った後は、軽く花見だ!
ということで、先日記した手宮公園に行ってみる。

と、見事に枯木だらけでした。

写メに撮るものもなしです…

14日から、桜のライトアップがあるそうですが、盛り上がる要素ゼロです。
もう、手宮で満開の桜は見れないのでしょうか…?
まあ、また後日、確認しに行ってみます。

そして、遊びすぎた為にぎりぎりに仕事に行く。

すると、人手不足の為、GWを越える忙しさを感じました。
ヤヴァイので、一番下っ端ということで、抑えていたものを出してみる。

まあ、人が少なくても一丸となれば、何とかなるもので乗り切れました。
また、一つ、強くなれた一日でした。

そして、明日は仕事です。
栄養ドリンクという、おっさんくさいものを飲んで、明日に備えるのです。
0
投稿者: マモル
詳細ページ - コメント(7)
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
 食道楽の旅と言いつつも街中散策は欠かせないので、無料駐車場に車を置いて観光客が来ないような人気の無い場所を歩きます。
 途中で大正7年創業手造飴製造【飴屋六兵衛本舗(飴谷製菓株式会社)】が露店を出していて自由に飴を試食出来るようになっていたので黄粉飴...
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ