〜秘密クラブ〜

秘密、秘密、秘密クラブです。まあ、アレですよ。基本的にブログです。
日々の出来事、鉄拳への心意気、小樽観光等の秘密を公開しています。
最近、放置プレイしてる理由も秘密です。

 

welcome

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2005/5/17

昨日の熱が収まらぬまま今日も休み!
今日は、先日の予告どおり、

チャリンコツアーin札樽

と、いうことで、待ち合わせのセイコーマートに行くと、
笑顔で、二人の同僚がお出迎え。

そして、とりあえず、店長とは朝里のTUTAYAで合流なので、
小樽駅近辺から朝里に向かう自転車の野郎達。

僕は、折りたたみ自転車。
一人は、マウンテンバイク。
もう一人は、ママチャリです。ん?

ママチャリに哀愁を感じてなりません。

地元は別名『坂の街・小樽』とも、呼ばれているだけあって、
非常に起伏に富んでいます。
なので、小樽を自転車で走るなどは、結構、勇気が入ります。

そして、30分後、待ち合わせの朝里のTUTAYAに着く。

僕は、普段、無謀にも自転車通勤をする時があるし、
以前の仕事上、体力には、そこそこ自信があるのであまり疲労せず。

他の二人も、部活だなんだで、体力自慢なので、割と涼しい顔。

しばらく、休んでると、爽やかな笑顔で向かってくる自転車の男が一人。

「おまたせ〜」

今回の、馬鹿なツアー首謀者の店長登場です。

で、メンバーも揃ったことで、いざ、麻布へ!!

なぜ、麻布かというと、麻布に職場の支店があって、
そこに皆でご飯を食べに行こう!自転車で。って、企画です。

そんな僕達をいきなり待ち受けるのは、長い緩やかな上り坂…

登って一分位すると、最後尾にいる店長から声が。…


「無理だ。」


開始一分ギブアップが出ました。

自分から企画しておいて、なんて屁タレな人なのでしょう。

でも、そんなのは、無論許されるはず無く僕達はどんどん進みます。

普段、車から眺める札樽間を
まさか自転車で通ることになるとは、思いませんでした。

最初は、自分の体力、自転車に不安があったので、
今回の企画にあまり気乗りがしなかったのですが、
颯爽と運転していると徐々に楽しくなってきて、
体力も余裕、自転車もしっかりしているので、
これは、いけるわ。と、思い、麻布に行く気まんまんです。

そんなことを考えつつ、僕達は突き進みます。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真、手前の二人が同僚です。
一番奥、道路の真ん中に見える米粒みたいなのが店長です。

店長は、疲れのあまりか暴走していました。

坂を登りきったら、今度は下りです。
猛スピードで走る爽快感、
転んだら、吹っ飛んで車に轢かれるスリルもあり、楽しさMAXでした。

まあ、帰りはこの下りが地獄の上りと化すのですが。

で、銭函手前の高速道路下のループを抜けて、しばらくすると、
青い人影が僕達の前に立ちはだかって、走行を止められました。

警察官です。

まさか、スピード違反!?

…と、思ったけど、そんなことは無く、
最近自転車泥棒が多いので、一応、職務質問だそうです。

こんなんで、警官に職務質問されるとかレアです。

聞いた話だと、最近、自転車盗難が多発しているみたいです。
ですので、自転車を利用している方はご注意を。

それから、コンビニがあったので、休憩。
ミーティングを開き、これからのルートを相談です。

店長が

「自転車をなめてた」

と、言い出し、ここで折り返しすることになりました。

せっかく、やる気だったのに残念。

でも、天気予報が夜から雨なので、丁度良いかもしれません。

帰りは、同僚二人も疲れたみたいで、スローペースでした。
僕は、むしろ、ハイペースになりました。

やっと、体が温まってきたくらいです。

以前の仕事の産物は、我ながら凄いなと関心しました。

で、朝里のTUTAYAに戻り、チャリンコツアーは閉幕です。

そこから店長のワゴンに自転車を積んで、
自分達の職場に開店と同時に飯を食いに行く。

疲れた後の飯は、格別に美味かったです。

それから、ボーリング大会を開き、
今度の昼食代賭けをしたり、盛り上がり、各々解散です。

その後、予想外に時間が空いたので、
地元のゲーセンに行ったり、DK君と温泉に行ったりして、
休みを充分に満喫してきました。

そして、明日は仕事です。
新人さんが来るらしいので、楽しみです。

まあ、僕の家の向かいに住んでいる人なのですがw

休みボケしてそうだけど、頑張ります。。。
0
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ