〜秘密クラブ〜

秘密、秘密、秘密クラブです。まあ、アレですよ。基本的にブログです。
日々の出来事、鉄拳への心意気、小樽観光等の秘密を公開しています。
最近、放置プレイしてる理由も秘密です。

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

welcome

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« 職場の店長がこれ | Main | 屋根が直撃する »

2005/9/9

「ただ、ただ泣き崩れて」  恋愛事変
秋ですね。
台風もたいした被害もなく、去っていきました。

K@Zさんからも煽る発言がでててたので、
前の彼女を酷く傷つけてしまった件について。

以前、働いていた職場で最初で最後の大きな一泊旅行があったんですね。

僕と前の彼女は、その職場の出会いがきっかけで付き合っていたんですが、
その旅行の時は、もう彼女は僕の職場には、いませんでした。

で、彼女はその旅行に僕が行くことにすごい反対してたんですが、
なんとか、説得して一緒に行くことになりました。

でも、彼女は結局、具合が悪いだのなんだの言って、
彼女の友人に送られて、一足先に帰っていきました。

そして、僕が帰って来て、できた写真などを見てたら、
「楽しそうで良かったね」とか、すごい感じ悪く言うんですね。

で、その後もめっちゃ感じ悪く、ぐちぐち言うんで、
さすがに僕もキレてしまいました。
てめえの都合で帰っておいて何言ってんの?みたいな感じで。

で、自分の部屋にいたんですが、部屋のものに当たって、
壁とかに穴を空けてしまったり。

彼女は泣きながら「やめて」と僕の体を押さえます。

そして、我に返ったら、僕も彼女も泣いていました。
僕は、その時の自分があまりに情けなさ過ぎて、
「ごめんね。ごめんね」と呟きながら、ただ、ただ泣き崩れていました。

その後、どうしたかは覚えてないけど、
それから、二人に距離ができて、次第に離れていきました。

彼女自体を殴ったりはしていないけど、
殴るよりも酷いことをしてしまったと、今でも後悔しています。

このことから、彼女というか、女の子に暴力を振るうことは
もう絶対にしないと心から誓いました。

そんな、遠い日の思い出です。
この経験が次に活かせればいいんですけどねw

そして、今日も朝日を拝みながら眠るのです。
0
投稿者: マモル
詳細ページ - コメント(11)
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ