〜秘密クラブ〜

秘密、秘密、秘密クラブです。まあ、アレですよ。基本的にブログです。
日々の出来事、鉄拳への心意気、小樽観光等の秘密を公開しています。
最近、放置プレイしてる理由も秘密です。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

welcome

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« 厳しくなるまでは現役 | Main | 学生さん恐るべし… »

2006/11/13

「札幌クオリティ」  燃えよ鉄拳
1年… 遠征せずに一年です。

遂にこの日が来た…

ということで、DK君と札幌鉄拳遠征に行ってきました。
マジ1年ぶりで遠足を待ち遠しくいている子供の様な気持ちでした。

初D君カーで途中、色々、寄ってもらい買い物とかして、まずは手稲で飯。この後のことを考えてかカツ丼とか、げんかつぎ的な。

で、せっかくだから手稲キャッツによって鉄拳、同段キングの人がいて、勝ったり負けたりで、結果、相手を降格させて終了です。それから、DK君を吸って六段になった気がします。六段とか、かなり今の適正段位です。

なんか、そのキングの人は降格戦の時の強さが半端なかったです。
それよりも何よりもキングのわけの分からなさにげんなりです。

途中、カード無しブラの人がいたのだけど、動きとか参考MAXでした。
ぶっぱ鉄山の確反のジェッパで、すぽーん飛んでいく姿が華麗でした。

まあ、空中コンボ食らっているのですが。

その後は、マキシムに行き、仕事帰りのTomさんと合流して、対戦してると

「なんですか?この人」

とDK君にぼやいてました。

僕は魅せ魅せです。

それから、本日の目的の一つでもある、マードック使いのまぁさんと初対決。
マードックって、びみょ〜な人が多いのだけど、まぁさんマードックはそこらの微妙マードックと違い、非常に熱かったです。7〜師範位と聞いていたのに、いつのまにか拳豪とか、同段の要素なくてしょんぼりでした…

あと、初対面の人は緊張してしまうので、もじもじでした。

それから、えぬさんも来て、対戦。 えぬさんも相変わらずで良かったです。

ってか、気のせいかシャオユウが4人くらいいて、色んなシャオユウがいるんだな〜と関心してました。

その熱きシャオユウまみれの中、シャオ使いのえぬさんが、入って、シャオかと思いきや、レイで挑んでいて、この人は空気よめt(ry

それよりエヌさんの勝敗後のボタンさばきが、ピアニストのように華麗だったのが印象的でした。

それと、何の数字か知らんけど26の集いでした。26万歳ですw

そして、今日、鉄拳やってて思ったことは、圧倒的に知識がないことと、横移動使ってないこと、人間性能がやっぱり低いことを思い知らされました。
段位も必要ですね〜昇降格絡むと熱いし、皆さん、文字段なので、数字段とかちょっと恐縮です。
こっちにいると仕事の都合もあって対戦、同段の機会が少ないので、師範も一苦労です。
師範になったらなったで、即吸いされたし、やってね〜

札幌クオリティがうらやますぃ…

まあ、当たればいいやと確反覚悟でぶっ放してるから、勝てるもんも勝てないんですが、楽しければ良いかなと思ってます。

もう、ネタとか、動かれたら負けてしまうので、とりあえず攻めとけみたいな感じでした。8割ぶっぱなし。

考えるな感じるんだ。

かの有名アクションスターも言ってます。

それと、僕の対戦を見ててD君いわく

「対戦格闘ってかアクションゲーム」

だそうです。 マジ、殺る要素しかないです。

そして、まぁさん、Tomさんとラーメン屋に行きました。
店の店員の中国娘的なおだんご、店長らしき人の髭具合、ラーメンに埋もれてる具材がちょっとツボでした。 せめて、きくらげは刻んで入れとけ。

男同士の飯は、安く済むので良いです。

1年ぶりの遠征は、マジで楽しかったです。

札幌のみなさん、機会があったら連絡するので、またよろしくお願いします!

あと、ポール使いってか、崩拳使いの二徹さんがパロにいたとの情報を得たので、メッセージでも送っとけば…と思いました。
いつか、実現したい、攻めない同志の同キャラ対決。

あ、まぁさんが「ええすは変態だ」と言っていたのが、納得なのでした。
1
投稿者: マモル
詳細ページ - コメント(4)
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ