〜秘密クラブ〜

秘密、秘密、秘密クラブです。まあ、アレですよ。基本的にブログです。
日々の出来事、鉄拳への心意気、小樽観光等の秘密を公開しています。
最近、放置プレイしてる理由も秘密です。

 

welcome

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2005/6/29

今日も仕事。

仕事に行くときに見かけるのですが、
運河沿いの道路(臨港線)を余市方面に抜けるところにこんな店があります。

クリックすると元のサイズで表示します

田中酒造というお店で、明治32年(1899年)創業の日本酒の老舗です。

今の時期なんかは、観光の方が多く訪れるのを見ます。

中では試飲なんかもできるので、お酒好きの方にはいいかと思います。
店内も昔の姿が残っているので、観光も出来ちゃいます。

ちなみに僕は、酒は飲むけど、そんなに好きな方ではないです。

友人達とは飲みにいくけど、自宅で一人で飲むことはそんなにないです。
酒はたまに飲むからおいしいのかとも思います。

そんな僕は、新メニューのお酒の試飲で酔って
ほろ酔い気分で仕事していたのは秘密です。

そして、酔っても明日が来るので眠るのです。
0

2005/5/14

今日も仕事。
でも、その前に前のバイトの後輩から
「あなたに逢いたい」とメールが着たので、逢いに行く。

逢いに行く。と言っても、後輩がなのは仕様です。

で、そこらで買い物をした後、マンジャーレTAKINAMIという洋食屋に行く。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに店名の『マンジャーレ』イタリア語で『食べる』という意味。

写真で見ると、小洒落た外装だけど、実は昔の倉庫を使っています。

クリックすると元のサイズで表示します


 店内に入ると、石造りで天井が高く、
 すごく雰囲気と赴きがある店内。
 




イタリア風の料理をメインにしているのが特徴で、
その中でも、マンジャーレ特製パエリアは、知る人ぞ知る一品で、
作るのに四十分もかかる、手の込ませよう。
予約して、作ってもらうのが良いらしいです。

ちなみに写っている野郎が、僕本人ということは秘密です

そして、それぞれ、ランチの肉料理と魚料理を堪能する。
本格的な洋食は、滅多に味あわない味なので、十分に堪能する。

そして、デザートタイム。。。

春なのか、桜のアイスクリームというものがあったので、それを注文する。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしい。。。

甘いもの大好きっ子なので、美味いデザートを食べると、
思わずにっこりしてしまいます。甘党、万歳。

ランチということで、予算は一人約1000円。
僕達は、デザートも頼んだので、合わせ約3000円位でした。

その後、マンジャーレの近くにある飴屋に行く。

クリックすると元のサイズで表示します

この飴屋は、飴谷製菓さんという飴屋で、大正7年から飴作り一筋。
代々、飴を作り続けて7代目になるとか。

以前の仕事で、お世話になった飴屋さんでもある。

写真の場所で吟味していると、

「いらっしゃいませ〜」と、にこにこ笑顔のお店の人が出てくる。
「今日は非番でございますか?」と、素敵に話しかけてくる。

ん?非番てw

よく出てきてくれる店員さんが、二人いるのですが、
僕は、ここの眼鏡の店員さんが笑いのツボに入ります。
今日は、ツボの店員さんが出て来てくれました。

以前の職場で、僕がその店員さんのモノマネが得意で、
仲間に「似てる!」と絶賛だったとか。

まあ、過去は置いておいて、色々と飴を買う。

クリックすると元のサイズで表示します

↑きなこ飴、バター飴、りんご飴、楽京飴等を買いました。

馴染みということで、割引してもらう。
それでも、職場への分も買って、1500円分買い込むというキチ○イっぷり。

今、考えたら、ランチ代より高えよ…

普通に買ったら、一袋三百円で買えます。
後、色々、試食もできるので、観光がてら、足を運ぶと面白いかもしれません。

飴谷製菓さんのお薦めは、きなこ飴バター飴
他に『イチゴ飴』なるものも新発売中です。

今でこそ、北海道の人気ナンバー1土産は『白い恋人』ですが、
以前は、バター飴が北海道土産の主流の時代もありました。

でも、今でも、その美味しさに変わりはありません。

飴も買った後は、軽く花見だ!
ということで、先日記した手宮公園に行ってみる。

と、見事に枯木だらけでした。

写メに撮るものもなしです…

14日から、桜のライトアップがあるそうですが、盛り上がる要素ゼロです。
もう、手宮で満開の桜は見れないのでしょうか…?
まあ、また後日、確認しに行ってみます。

そして、遊びすぎた為にぎりぎりに仕事に行く。

すると、人手不足の為、GWを越える忙しさを感じました。
ヤヴァイので、一番下っ端ということで、抑えていたものを出してみる。

まあ、人が少なくても一丸となれば、何とかなるもので乗り切れました。
また、一つ、強くなれた一日でした。

そして、明日は仕事です。
栄養ドリンクという、おっさんくさいものを飲んで、明日に備えるのです。
0

2005/5/12

今日も仕事。
昨日の鉄拳熱が少し冷めると、一般人に戻ります。
鉄拳の会話など、皆無なのです。

出勤時、公園にある桜の木に目をやると、ほぼ満開でした。

クリックすると元のサイズで表示します

アップでも撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

桜が咲いているのを見ると、春が来たと感じます。
気温もだいぶ暖かくなってきました。

地元で、が綺麗といったら手宮公園というところがあります。

ここは、何年か前からか、夜にを大々的にライトアップして、
観光の方はもとより、地元の方に大変人気を呼んでいます。

そんな僕も、ここの夜桜は毎年、見に行ってます。
行くのは基本的に野郎同士なのは秘密です。くっ…

ところが去年は、手宮公園は桜の木自体につぼみもあまりならず、
強風も手伝ったということで、満開にならず
桜が葉桜になってしまい、パッとしないうちにライトアップ終了。
という、自体が起きて、花見客ががっかりということがありました。

今年は、大丈夫と予想されていたらしいのですが、
今年もつぼみが少なくて、満開にならないのではないか。
と懸念されているみたいです。

最近は、異常気象だと感じることが多々あります。
去年は、猛暑、大雪、真冬の雨、僕が生まれて初の北海道台風上陸。
今では、5月であり得ない気温の低さ等などですね。

手宮公園の桜が咲かないというのは、
これらの異常気象が少なからず関係しているんでしょう。

植物に異変。とか聞くと、なんかやべえなと感じてしまいます。
生物、植物は人間以上に環境に敏感ですからね。

このまま、数十年経ったら、どうなるんでしょう?
このまま温暖化が進めば、北海道に雪が降らなくなるかもしれません。

でも、人間も黙って見てるほど馬鹿じゃないので、何とかなるんでしょうね。

むしろ、何とかしなくちゃいけないのです。

と、いうことで、明日も仕事です。
エコロジーを心掛け、明日も頑張るのです。
0

2005/5/2

今日は休み!
GW四日目!!ついに僕も黄金週間にあやかれます。

夜に飲みがあるけど、それまでは暇ということで、
「小樽出抜小路」という、先月の26日にオープンした屋台村に
行ってみたかったので、行ってみる。

誰と?無論、一人で。仕様です。

中に入ってみると、石屋製菓が4億円かけて建設しただけあって、
なかなか雰囲気が良い。そして、観光客気分で一枚撮る。

クリックすると元のサイズで表示します

高台(火の見櫓)もあって、運河を見渡せるとか、
そして、たこ焼きと謎の「阿吽焼」なるものを購入。

実は、僕、たこ焼き好きで、この屋台村にたこ焼き屋ができた。
ということもあって、屋台村に潜入しました。

たこ焼きは、僕的に期待はずれだったけど、
阿吽焼はヒットしました。これ、うまいっす。

どの様なものかは、撮影し忘れたので、秘密です。
今度、また買うと思うので、その時紹介します。

そして、運河の近くということで、前の仕事の人達に挨拶に行く。
観光シーズン到来!GWというだけあって、忙しそうです。

でも、前の上司も仲間達も相変わらず、元気そうなので、
こちらも楽しくなり、元気が出てくる。

なにやら、人手不足で、あやうく僕も仕事に借り出されそうになる。

いやいや、もう引退したし、何より、僕、私服ですから…

…って、気付くと写真撮影を手伝っていました。懐かしい…

ちなみに、前の仕事とは、何なの?
と、少しだけ気になっている方もいると思います。

このブログがなぜ、日々のことや、鉄拳のこと以外に、
たまに小樽観光についてもどうたら書いてあるかというと、

以前の仕事は、小樽観光のプロフェッショナルだったからです。

キーワードは、

小樽観光運河の中心で何かを叫ぶ冬は無理、です。

でも、僕の2月くらいのブログを見直すと、何をやっていたか、
考えれば、分かる方は分るかも。そんな熱い仕事です。

前まで、会社のサイトに僕の写真があったので、前の仕事に関することは、
それなりに伏せてましたが、もう顔写真が無くなったので、ザッツオール!!です。

せっかくだから、運河もパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

雪が無い運河もなかなか良いです。
それと、街を歩いていても、観光の人が多くなっていました。
その光景を見ると春が来たな〜と、感じました。

そして、前の仲間達と上司に
「また、来いや〜」と、見送られ、運河を後にする。

出抜小路の感想は、「以外に良い感じ」です。
企画倒れではなく、結構、小樽に根付くと思われです。

でも、中は、繁盛点、閑古鳥が鳴く店と分かれてましたけどw

また、機会があればレポートします。

今度は、誰かと行った時に。 しくしく…

そして、時間は過ぎ、夜の集いへと進むのです。
0

2005/4/22

今日も仕事。
今日は、以外に暇でした。
でも、これは、絶対にゴールデンウィーク(GW)の前の静けさです。
以前も飲食やってて、GWの怖さを嫌というほど味わいました。

店長も「絶対、誰か倒れるぞ」と、言ってました。怖いよ〜…

そして、暇だな〜と思っていたら、10時以降に以外にお客様が来る。
さすが、金曜日。
っていうか、自分のポジションに必要なものが無くなり、ピンチになる。
でも、慌てず冷静に対処です。
ピンチの時こそ、余裕を見せること。某裁判ゲームに学びました。

んで、普通にピンチに対応。
なんだかんだと無難に仕事が終了です。正直、冷や汗ものでした…

そーいえば、昨日、近くのスーパーから天狗山を撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ひらけてる部分に雪があるのを見て分るとおり、冬はスキー場です。
北海道でも、屈指の難しさを誇り、地元の人間の間では、
この山で滑れたら、どこでも滑れる。
と言われている位、難易度の高い山です。
実際、僕もスキー、スノーボードをするのですが、
ここで滑れたら、マジでどこでも滑れます。
上から見たら、これ角度70度?みたいな感じのコースもあります。

で、これからのシーズンは展望所として、観光の方等が多く訪れます。
また、夜景もすごく綺麗です。頂上から見る夜景は、僕の一押し。
あまり知られていないけど、実は北海道三大夜景の一つです。

一つは、函館の函館山。函館山は、世界三大夜景にも入っています。
もう一つは、札幌藻岩山。そして、小樽天狗山北海道三大夜景です。

ちなみに世界三大夜景は、日本の函館、中国の香港、イタリアのナポリです。

天狗山は、シーズンが来たら、ロープウェイで頂上に登れますし、
車でも登ることが可能です。車なら、営業時間外でも登れます。

去年、僕は天狗山の夜景を見に、なぜか10回近く車で登りました。
しかも、2ヶ月以内で。大半が男同士。女の子がいても、友人の彼女。

僕は、ピエロですか?

綺麗な夜景も何回も登ると、感動も薄れてきます。

しかも、男同士は浪漫も色気も何も無いです。逆にあったらヤヴァイ…

たまに登るから夜景は、綺麗なんですよね〜
当時は、ちょっと登りすぎました。反省です。

僕は、以外に夜景好きです。
小樽の夜景スポットは、ほとんど抑えています。

天狗山の他に夜景が素敵なところは、
地元の友人は、大抵、毛無山というところの夜景が良いといいますが、
僕的には、平磯公園というところの夜景がお勧めです。
今度、機会があったらブログにアップします。

ちなみに僕が今までで一番感動した夜景は3年位前に見た、室蘭の地球岬
普通に行っても真っ暗闇ですが、
僕が行った時は、丁度、快晴で綺麗に満月が出てました。

月の灯りが、ぼんやりと海と自分達を照らす…

すごく心にグッとくるものがありました。
そして、感慨にふけっている僕の隣には…

当たり前の様に野郎。仕様ですが、何か?

その後、夜の地球岬に行った後、そのことを友人に話したら、
地球岬の夜は族の溜まり場になる時があるとか。以外に危険です。

でも、男同士でも本当に感動しました。また、機会があったら行きたいです。
今度は、気になるあの子と行けることを願います…ふぅ…

そして、明日は土曜なのに休みです。
「10時までなら働けます」と紙に書いたのに休みですらっき〜♪

ということで、飲もう飲もう。と、言い続けて、約1年。

そんな人達と飲んできます。高校時代の男と女の友人。

女の子と飲むのは、なんだか久しぶりな気がする…

そんな、20代の悲壮感たっぷりな日常。明日は、祭りだ。。。
0
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ