2013/4/10

バラク・オバマの側近  アイドル/有名人や芸能界の情報

バラク・オバマ大統領は、ルースを、優れた判断力と卓越した知性を備えている人物と評しています。
そうすることで、世間の注目を集めるクリントン家の政治ドラマにひねりを与えると、バラク・オバマは考えたのです。
そうした細やかな戦略を持つバラク・オバマは、側近の間で注視されていて、政権を興味深いものにしています。

バラク・オバマの側近は、匿名を条件にして、クリントンの将来的役割をめぐって実質的な話し合いをしたことを明らかにしています。
このことは、バラク・オバマの側近が以前に語ったことから明らかになっており、側近が語る内容には信憑性があります。
しかし、ルースを駐日アメリカ大使とする人事案件は承認され、ルースはバラク・オバマ大統領と会談します。
クリントンが上院議員の辞任で悩んでいるとの情報も、バラク・オバマの側近は、伝えています。
匿名の情報筋の側近が、何らかの権限により、バラク・オバマの事情について、発言を控えている向きがあります。
クリントンの指名については、シカゴでバラク・オバマと会談して以来、注目を集めていました。
外交経験もなかったことから、この時、バラク・オバマの日本軽視の現われが強く指摘されました。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ