2013/6/20


たとえばネタ見せの場に関しても、他の養成所でも用意されているかもしれませんがNSCはバックに吉本興業があるという事で環境はかなり恵まれています。
現在では大阪だけでなく、東京にもNSCの養成所があるので関東からも気軽にお笑い芸人を目指すことができます。
なので、他に仕事を持ちながらNSCに通ってお笑い芸人を目指すという事も不可能ではなさそうです。
もちろん時間的な問題が大きくなるため、誰もが働きながらNSCに通うというのは難しいのかもしれません。
しかし、やはりNSCのような場所でお笑いの基本や業界との繋がりを持っておく事はかなりのメリットになると言えるでしょう。
それが、NSCという誰でも気軽に入れる養成所ができた事によってお笑い芸人への道が開けたと言えるのです。
NSCが出来る以前までは、お笑い芸人を目指すといえば誰かの弟子になるという方法が一般的でしたが当然ながら並大抵の事ではありません。
以前は年齢制限が設けられていたという話もあるNSCですが、現在では中学生以上なら誰でも入れるようになっています。
要するにお笑い芸人になるための機関なので、NSCを進路とするにはそれなりの覚悟が要求されます。
しかし恵まれた環境は時としてデメリットとなる事もあり、NSCは同期だけを見てもかなり多くのライバルがいるでしょう。
最終的なことを言うと、お笑い芸人になるために必ずNSCに入らなければならないという事はありません。
0

2013/6/19


NSCと言えばお笑い芸人への最短コース、くらいに考えている方も多いのではないでしょうか。
高校卒業後に専門学校を進路先に見据えるような感覚で、NSCを将来への足がかりと考えている方もいるのではないでしょうか。
確かに、後々の事を考えた時にゼロからスタートしてお笑い芸人を目指すよりもNSCのような機関を利用した方が効率的と言えるかもしれません。

NSCは吉本興業の系列、つまり大阪にあると思っていませんか。
今まで慣れ親しんだお笑いとは考え方が異なるNSCへ行くと、スタート地点が他の同期に比べて一歩下がったところとなってしまいます。
今でこそNSCのような養成所は当たり前に存在する選択肢の一つですが、これらが登場する以前は全く状況が異なっていました。
たとえば落語家は師匠に弟子入りして、という構図をイメージされるかと思いますが芸人はNSCなどの養成所で目指すという構図が一般的になってきました。
芸人になる道はNSCだけではありませんが、いずれも容易くないという事を把握しておく必要があります。
もちろん、あくまでも環境が整っているというだけの話なのでNSCからスター芸人への道が確約されているわけではありません。
ブログやサイトから、NSCについて詳しくチェックしてみると良いでしょう。
要するに、関西圏でお笑い芸人を目指そうという人だけでなく関東圏からお笑い芸人を目指そうという人もNSCで学ぶことが出来るのです。
0

2013/6/18


今までにNSCを卒業した人の顔ぶれを見てみると、やはり誰でも知っているような芸人が数多く名を連ねていることが分かります。
ただ、もちろんNSCに入学して卒業しなければお笑い原因になれないという事はありません。
そう考えると、お笑い芸人になるためには必須ではないもののNSCに通って得られるものは多いという事でしょうか。
既に第一線で活躍している芸人の中にもNSC卒業生は数多く存在し、そこから情報が漏れてくる事もあるかもしれません。

NSCで実際にどんな授業が行われているか、という事が気になりませんか。
今までにもNSC卒業後、吉本興業ではなく別のお笑い芸人が所属する事務所に入って活躍している芸人が数多くいます。
しかし、それは今から少し前の情報だったり一部誇張されたりという事がありNSCを正確に知るのは難しいかもしれません。NSCと言えば、吉本興業傘下のお笑い芸人養成所として知られているかと思われます。
毎年、NSCにはかなり多くの入学者が出るため必然的に情報源は多くなります。
NSCの卒業後に芸人を続けていくにしても別の道に進むにしても、一緒にお笑いを学んだ仲間は財産です。
ブログやサイトから、NSCについて詳しい情報を収集してみましょう。
0

2013/6/17


場合によってはローンを組めるようになっているようですが、NSCでお笑いの基本を学ぶには相応のお金がかかるという事を忘れてはいけません。
NSCに入って面白くなれるかどうかは自分次第であり、受動的な時点で期待は出来そうにありませんね。
ブログやサイトをチェックして、NSCに関してより詳しい情報を収集してみると良いでしょう。
養成所というスタンスで運営されている以上、慈善事業ではないのでNSCの授業を受ける授業料がかかります。
NSCの場合は入学時に授業料を収める事になっているので、入学して半年経って授業料が払えず、といった状況に陥ることはありません。
しかし入学金が用意できずに、という事は十分に想定されますね。NSCとは、大手芸能事務所でもある吉本興業が運営しているお笑い芸人の養成所です。
当初こそあまり注目されていなかったNSCですが、今では毎年かなりの数の入学希望者が出ています。
また、NSCに入ったからと言って授業を聞いてどんどん面白くなっていく、なんて事はないでしょう。
元々かなり簡単と言われ誰でも合格可能とされてきたNSC入学に関しても、場合によって落とされるかもしれないので注意が必要です。
授業と言えば、気になるのはNSCの授業料が幾らかかるかという点です。
0

2013/6/16


他の事務所が運営している養成所なら規模が小さく、NSCよりもバックアップを優先的に受けやすいかもしれません。
ブログやサイトから、NSCについて情報収集してみると良いでしょう。
ただ、NSCはその圧倒的な規模を活かして同期の繋がりというメリットを受けやすい特徴があります。
ただし確実に誰でも入学できるという事ではなく、過去に何度かNSCの入学を断られているケースがあります。
実は、NSCの入学に際して倍率はあってないようなものと言われています。
因みに、倍率1に対して不合格となった人の中には現在お笑い芸人として活躍している人も含まれています。
だからと言ってNSCの倍率から溢れる事がお笑い芸人への近道という事ではなく、合格した方が良いのは言うまでもありません。
やはり関東と関西とではお笑いに対する考え方が異なる事が多いため、NSCで学ぶにしても一歩出遅れてしまうでしょう。
もちろん、昔から大阪のお笑いに憧れてという明確なヴィジョンがあるならNSC大阪校への入学は目指したいところです。
NSCの合格倍率は気にする必要のないものですが、当然ながら常識は気にする必要のあるものです。
そうなると気になるのは合格倍率ですが、具体的にNSCはどの程度の割合で合格できるのでしょう。
東京に住んでいてNSC大阪校に入学するメリットはなく、むしろデメリットの方が大きくなるかもしれません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ