2013/7/21

ブラッド・ピットとは  アイドル/有名人や芸能界の情報

というか、一昔前まではそんなレベルで、ハリウッド映画ファンでない人には、特別どうという事のなかった存在でしょう。
恐らく、先日の国民栄誉賞受賞で初めて顔や名前を知ったと言う人だっている訳ですから、ブラッド・ピットを知らないからと言って、それがどうしてんという感じなのです。
そんなブラッド・ピットの名前を一躍有名にしたのは、イケメンハリウッドスターたちがずらりと並べられた「オーシャンズ11」という映画でしょう。
その後、ギリシャ神話を取り上げた「トロイ」や「Mr.&Mrs. スミス」というヒット作に主演し、日本でも人気俳優の座を確立しました。
現在はアンジェリーナという女優と事実婚状態にあって、彼女の存在が益々ブラッド・ピットの話題性を高めている事は間違いないでしょう。
そこで軽く紹介しておきますとですね、キャリア四半世紀程度のアメリカの俳優で、ハリウッドセレブの代表格みたいな存在です。
という事で、そんなブラッド・ピットの事をもっと詳しく知りたいと想われる方は、エンタメ関連のブログやサイトをいろいろ読んでみられるといいのではないでしょうか。
まあね、これはブラッド・ピットに限った事ではなく、どんな大スターでもそう。
そして今、そのアンジェリーナさんが、乳がん予防のための手術をしたという事で、一般のニュースや情報番組でも取り上げられているという訳ですね。

ブラッド・ピットは1963年12月18日生まれだそうですから、只今49歳。
0

2013/7/20

大泉洋のタレント力  アイドル/有名人や芸能界の情報

大泉洋は、俳優でありながら、マルチに才能を発揮する優れたタレントであり、彼のタレント力には脱帽するものがあります。
そして、大泉洋は、多彩なものまねまで披露していて、彼のタレント力の幅の広さには驚かされるものがあります。

大泉洋には、演技からにじみ出る人柄の良さがあり、タレント力にそれがプラスされて、後押ししています。
暴れん坊ママなどの大泉洋の演技を見ていても、自然でありながらややテンション上げ気味の演技力は圧巻で、タレント力を垣間見ることができます。
三枚目なのに、なぜかかっこいいところがあり、大泉洋のタレント力は、まさに天性のものと言っていいでしょう。
もじゃもじゃの頭ですらっと背が高くて長い手足、眠たそうな瞳と、大泉洋には、本質的にタレント力が備わっているとしかいいようがありません。

大泉洋のタレント力は素晴らしく、ぼやいて文句ばっかり言っているのに、全く嫌味がありません。
また、大泉洋は、指が長くてとてもきれいな手をしているのに、舌ったらずでなまり口調です。
身近な存在でありながら、大泉洋はマルチな才能を持っているので、親しみやすい大スターです。
ナックスとしてしっかりお芝居をしていることが、大泉洋のタレント力アップに貢献しているのかもしれません。
0

2013/7/19

大泉洋のキャラクター  アイドル/有名人や芸能界の情報

まさしく大泉洋らしい表現であり、全国区のテレビでは、ひたすらいじられるキャラクターを演じています。
肩書きは俳優なのか、タレントなのか、大泉洋の場合、わかりにくい部分がありますが、親しみやすいキャラクターであることに違いはありません。
どちらかというと、大泉洋のキャラクターとしては、バラエティでのキャラが印象深い傾向にあります。
実際、これというものに絞り切れていないのが大泉洋であり、1つのキャラクターには定着しにくい感があります。
しかし、大泉洋は、お芝居に歌に、バラエティにエッセイにと、あらゆる物に関与しているので、キャラクター的に的を絞りにくい面があります。
しかし、バラエティに出るときは大泉洋は、大抵はドラマの宣伝として出ているので、タレントというよりは俳優と言う感じもします。
大泉洋のぼやきはとても秀逸で、彼が不平や不満を言い続けても、見ている方には全く不快感がありません。大泉洋というと、今やどの番組を見ても出演している感じで、キャラクターとしては、いじられ役が多いです。

大泉洋は、いじられるキャラクターが定着していますが、彼の一番のよさは、ぼやき芸でしょう。
一方で、大泉洋は、TEAM NACSというグループの演劇ユニットのメンバーの一人であり、多彩な一面を持っています。
0

2013/7/18


さらに、2013年には、大泉洋主演の探偵はBARにいる、の続編、探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点が公開されています。
また、グッモーエビアンと言う作品では、大泉洋は、麻生久美子とのW主演を果たしていて、彼の演劇の力が大きく開花しています。

大泉洋は、学生時代から演劇で活躍していたこともあり、WOWOWのドラマW、プラチナタウンでも主演を務めています。
その後、2008年11月には、大泉洋は、サザンの名曲33曲をモチーフにした33話のショートドラマにも出演します。
そして、大泉洋は、演劇の腕を認められ、the 波乗りレストラン、赤鼻のセンセイで、見事、主演に抜擢されます。
2013年に入ると、大泉洋は、自身の過去8年間に渡るエッセイ連載をまとめた、僕が綴った16年を出版しています。
類稀なる演劇の才能がある大泉洋は、ドラマで2006年には、おかしなふたりと言う深夜ドラマの作品で、初主演を務めます。
ラジオにレギュラー出演後、大泉洋は、演劇の腕を生かし、救命病棟24時、小早川伸木の恋などの全国放送のドラマに出演します。
そして、大泉洋は、2012年には、しあわせのパンにも出演していて、地元北海道を舞台にした映画が大ヒットしています。
そして、大泉洋は、フジテレビの三夜連続スペシャルドラマである、わが家の歴史などにも出演しています。
0

2013/7/17


TEAM NACS は、日本の演劇ユニットで、大泉洋をはじめ、北海道ローカルのテレビ番組に多数出演しているグループでもあります。
TEAM NACSのメンバー大泉洋は、ここで演劇の地盤を固めていて、これが後の俳優活動に身を結ぶことになります。
それで終わるはずの予定だったのですが、その後、TEAM NACSは、大泉洋、森崎、安田、佐藤、音尾と共に正式に活動することになります。
同じメンバーで変わることなく続けているのがTEAM NACSの素晴らしいところで、大泉洋は評価されています。
旗揚げは1996年で、TEAM NACSのメンバー大泉洋は、先輩森崎の卒業時に、第1回公演を果たしています。
ちょっとからかわれている感じもしますが、そこがまたTEAM NACSのメンバー大泉洋にはふさわしいと言えます。

大泉洋は、TEAM NACSとして活動を再開することになり、これまでに11本の芝居を上演しています。大泉洋の原点となるのは、まさに彼が所属するTEAM NACS にあるといっても言い過ぎではないでしょう。
TEAM NACSのメンバー大泉洋と共に、劇団員全員がテレビやラジオなどの媒体で活躍しています。
TEAM NACSの由来は、最終的には演劇研究会で浮いていた大泉洋を含む5人の呼び名から取ったものとされている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ