2013/7/16


元々の大泉洋のあの髪型の意図は、30歳を機に若返ろうとイメチェンを図って爆発ヘアにしたようです。
髪型ですぐにわかるというのが、大泉洋の特徴であり、ひょうひょうとした風貌にモジャモジャ頭は良く似合っていました。大泉洋と言えば、北海道のローカルスターだったのが、今や全国的に有名なタレントになりました。
実際、大泉洋は、新しいドラマの制作記者会見にて、自身の髪型をアイロンで伸ばしてみたと語っています。
本来は、大泉洋の髪型は印象的な天パが特徴で、天パと言えば彼と言っても過言ではないくらいでした。
今の大泉洋の髪型は、ストパーかはよく分かりませんが、前の髪型は、クセっ毛にさらにパーマをあてていました。
しかし、大泉洋自身は、パーマあてていた時の方が自分らしくて、今の髪型は少し違和感があると語っています。

大泉洋の髪型は、かつてモジャモジャ頭でしたが、ストパーか縮毛矯正かで、すっきりさせたようです。
実際、大泉洋の髪型は変わっていて、本当に髪形が変わってかっこよくなっているのは疑う余地がありません。
昔から定着していたあの髪型だっただけに、今回の大泉洋の髪型はとても斬新で、男前になった印象があります。
0

2013/7/15

大泉洋の出演映画  アイドル/有名人や芸能界の情報

また、それと共に、大泉洋は、大学の演劇研究会のメンバー5人で結成したTEAM NACSにより、舞台公演も行っています。
そして、大泉洋は映画にも登場するようになり、映画アフタースクールや、北海道が舞台の探偵はBARにいる、で話題になります。

大泉洋は、映画俳優業だけではなく、北海道のバラエティ番組を中心にタレントとしても活動しています。
その席上で、大泉洋は、待望の続編決定を受け、第3弾は15分でもいいから第4弾まで一気に作っちゃいたいと言って観客を笑わせます。
これは、映画作品として大ヒットを記録した、探偵はBARにいる、の続編で、大泉洋は、魅力的な演技をしています。大泉洋は、北海学園大学在学中時代から、ローカル深夜番組の水曜どうでしょうに出演していて、既に人気者でした。
そして、舞台では、大泉洋は、今年40歳を迎えるに当たって、映画に主演できることの喜びを露わにします。

大泉洋は、映画俳優としても類まれなる才能を発揮していて、難事件解明に挑む探偵を好演しています。
映画俳優としても全国的に認められるようになった大泉洋は、先ごろ、探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点、の舞台挨拶に立ちました。
東京での俳優業を本格化させた大泉洋は、ハケンの品格、赤鼻のセンセイ、龍馬伝などに出演することになります。
0

2013/7/14

地元北海道からブレイクした大泉洋  アイドル/有名人や芸能界の情報

大泉洋は、北海道では知らない人がいない、大人気のスターで、タレント、俳優とマルチに活躍しています。
彼自身、北海道が生んだスターであることは間違いないのですが、大泉洋は、俳優なのか、お笑いタレントなのかよくわからない部分があります。
そして、大泉洋主演映画の探偵はBARにいる2ススキノ大交差点も大ヒットしていて、今や北海道の人気タレントだけではなくなりました。
たちまちベストセラーとなった大泉洋のエッセイには、北海道時代の苦労話もたっぷりと記載されています。
その軽快なフリートークや物まね、神がかり的なハプニングなど、大泉洋は、天性のタレント性を北海道で発揮します。
彼が手がけた作品がショップに並べられると飛ぶように売れ、まさに大泉洋は、北海道の大スターでした。
そうした活躍もあり、大泉洋は、北海道では知らない人がいないほどの人気タレントへと成長します。
肩書きさえはっきりしない大泉洋ですが、北海道から全国区へと駆け上がったスターであることは誰もが認めています。
何より、大泉洋の親しみやすいおにいちゃん的な雰囲気が、地元北海道で愛されたのは言うまでもありません。

大泉洋の芸能活動の始まりは、今から約20年前の北海道の大学時代まで遡ることになります。
0

2013/7/13

大泉洋のラジオ番組  アイドル/有名人や芸能界の情報

その後、大泉洋のラジオは、再度放送時間が変更されることになり、22:00〜23:00の放送時間に落ち着きます。大泉洋は、元々、ラジオからスタートしたタレントで、HBCラジオで毎週日曜日に放送されていました。
多数寄せられた要望もあり、大泉洋のラジオは、2005年から、夜間の1時間枠に変更されることになります。
大泉洋のラジオの人気はすさまじく、道外の聴取者も多く、その広がりは、全国へと波及しています。
ラジオで人気者となった大泉洋は、サンサンサンデーで頭角を現し、今では、TEAM NACSメンバーと共に番組を持っています。
大泉洋のラジオ番組の特徴は、猫恐怖症でありながら、リスナーの事を仔猫ちゃんと呼んでいるところです。
そのため、はがきには大泉洋、オクラホマの他、2人の名前を書いてくるリスナーが多い傾向にあります。
猫恐怖症なのに仔猫ちゃんはおかしいという指摘があったものの、大泉洋のラジオ番組は、そのまま進行しています。
但し、北海道日本ハムファイターズの試合がナイターの場合、大泉洋のラジオは、15:00〜16:00に放送時間が繰り上げられました。
大泉洋のラジオ番組の魅力は、彼が出演した全国放送の番組について、必ず裏話が披露されるところです。
0

2013/7/12

大泉洋のエッセイ  アイドル/有名人や芸能界の情報

大泉洋は、タレント、俳優などマルチに活躍していますが、彼は、最近エッセイを出していて、話題になっています。
そして、大泉洋のエッセイは、時にノスタルジックに、時に切なく、思わず泣いてしまう部分もあります。
当時、北海道版のみでの連載だった幻の原稿も掘り起こされていて、大泉洋のエッセイは読み応え満点です。
執筆文をまとめて大泉洋が出版するのは初めてであり、このエッセイは彼の集大成と言っても過言ではありません。
また、大泉洋が自ら、自分を見つめていて、ネガティブをポジティブに反転させるその思考能力の秘密を告白しています。
北海道を拠点に活動していた大泉洋が、水曜どうでしょうというレギュラー放送に出演していた頃がしっかり描かれています。

大泉洋のエッセイは、まさに彼の世界が満開で、全開のエッセイが展開されているといっていいでしょう。
そして、エッセイには、大泉洋がTEAM NACSについて、そして家族のことなどをしっかり語っています。
そして、大泉洋のエッセイの表紙の装画には、彼自身が子供の頃からファンであった、タッチのあだち充が担当しています。
熱い渾身の一作、大泉洋のエッセイは、爆笑必至であるにもかかわらず、胸が熱くなる作品です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ