2015/3/21

こち亀の連続ドラマ  アイドル/有名人や芸能界の情報

こち亀の「両さん」が、久しぶりにテレビに帰ってくる。
ドラマをより楽しむ為に、こち亀の「おさらい」もしておいた方が良いかもしれない。
こち亀の実写ドラマ化にあたり、この3人の配役はドラマの成否をも握っていると言って良い。
こち亀の連続ドラマは、色々な方面で注目されている。
しかし、膨大なこち亀の歴史は一筋縄ではなく、なにせ30年以上の連載期間があり、コミックスは160巻を超える。
主人公の「両津勘吉」役である、香取慎吾との息がピッタリ合っていないと、こち亀の成功は有り得ない。

こち亀ファミリーとでも言うべき、大原部長と同僚の中川圭一、秋本カトリーヌ麗子の3名はどうしても外せないキャラクターで、連続ドラマでも両津のそばで活躍するだろう。
しかし、SMAPの香取慎吾には、こち亀の新しい「両津勘吉像」を作り上げて欲しいものだ。
こち亀の登場キャラクターで、最低限、押さえておきたいのは大原部長と同僚の中川圭一、秋本カトリーヌ麗子であろう。
SMAPの香取慎吾が、こち亀の主人公である「両津勘吉」を演じるそうだが、随分と若くて足の長い両さんではある。
ファンにとっては、漫画やアニメの印象が強いこち亀だが、実写の連続ドラマでは、どんな風になるのか期待したい。
0

2015/3/20


両さんのオタクぶりは、こち亀の売り物で、たびたび読者を楽しませてくれている。
今回始まる、実写の連続ドラマこち亀でも、両さんの「オタク」振りは再現して欲しいし、楽しみにしている。

こち亀の連続ドラマでも、ガキ大将時代の昔話や、名所旧跡の話も入れて欲しいが、両さんのドタバタ悪戦苦闘がメインになるだろう。
こち亀の実写ドラマの成功を祈る。
秋本治氏が描く川に架かる橋、お祭りの露天商、神社の境内、昔からの商店街などは、こち亀の特徴とも言うべき絵だ。
ジャンルは多岐に渡り、おもちゃ、車、ゲーム、などのオタク文化を盛り込んでいるので、こち亀は飽きないのかも知れない。こち亀の魅力の一つは、下町情緒とオタク文化の融合なのかも知れない。
こち亀は、下町の江戸っ子である両さんの、手を替え品を替えの悪戦苦闘が面白い。
ある意味、両さんの生き方は、真似できない憧れの的であり、またこち亀の強烈なキャラクター同士のやりとりは、普遍的な面白さがある。
実写ドラマで、こち亀をどう表現するのかが問題で、ドタバタと言っても、CG(コンピューター・グラフィック)は多用して欲しくない。
下町情緒とオタク文化を盛り込んでいるこち亀は、これからも魅力を増していくであろう。
0

2015/3/19

こち亀の両津勘吉の正体  アイドル/有名人や芸能界の情報

両津勘吉の正体とは、こち亀ファンの心の中にある「願望」なのであろう。
SMAPの香取慎吾といえば、過去に西遊記の「孫悟空」を演じているが、こち亀の「両津勘吉」と、西遊記の「孫悟空」には共通点があるので、参考になるだろう。
こち亀の主人公である「両津勘吉」にしては、若くて足の長い所が気になるのだが、思い切りやっていただきたい。こち亀の「両津勘吉」が、実写ドラマでお茶の間に帰ってくるそうだ。
30年以上の連載期間があり、コミックスは160巻を超えるこち亀の歴史は膨大だ。
こち亀の両津勘吉は、決して正義漢ではないが、既成概念を突破してくれる存在であり、それ故に人気者であり続けるのだ。
TBSのホームページでは、こち亀連続ドラマの公式サイトもあるようなので、詳しい情報を知りたいときは、見てみると良いだろう。
こち亀の愛称は誰言うともなく、ファンの間で浸透していったようで、自然に広まっていった。
ある時点で、原作者の秋本治も、こち亀という呼称を、公認するという形になったようだ。
ファンにとっては、こち亀の両津勘吉がハチャメチャやってくれることで、カタルシスを得られるのである。
これほどの長い歴史のあるこち亀なので、読者の方も2世代、3世代にわたるだろう。
0

2015/3/18

こち亀の出演者とスタッフ  アイドル/有名人や芸能界の情報

正式名称は、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」であるこち亀だが、誰もフルネームの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」とは言わない。
こち亀のドラマでは、なおさら、出演者と スタッフのチームワークが大切になってくることは自明の理だ。
こち亀では、お馴染みの両さんファミリーも抜かりはなく、両さんの父親の両津銀次に「ラサール石井」、母親のよね役に「柴田理恵」と、スタッフの苦心がうかがえる。
ガニ股で短足のこち亀両さんというイメージを、覆す21世紀の両さんを創出して欲しいものである。
有名な出演者が出て、優れたスタッフが作れば、必ず視聴率が取れる番組が作れるかと言えば、そうとも言えない。
こち亀の実写ドラマは、撮影快調のようで、期待して良さそうだ。
只でさえ、こち亀の各キャラクターは、強烈な個性の持ち主で、一筋縄ではない。
略してこち亀で通るし、親しみも湧くというわけだ。
そんなこち亀だが、今回、連続ドラマでお茶の間に帰ってくるそうで、共演者とスタッフの顔ぶれが発表になったようだ。こち亀と聞いて、皆さんは何をイメージするだろうか。

こち亀の、今回の実写ドラマでは、出演者と スタッフのチームワークは絶妙のようで、香取慎吾もノリにノっているそうだ 。
0

2015/3/17

こち亀の下町情緒と最新テクノロジー  アイドル/有名人や芸能界の情報

東京都の葛飾区亀有にある、架空の交番が舞台の原作こち亀は、下町情緒の描写は緻密であり、繊細だ。
主人公の両津勘吉も、そんな下町で育ったガキ大将なのだが、こち亀ではそんな両さんが、最新テクノロジーにも造詣が深いことが、随所に描かれている。
こち亀の魅力の一つにもなっている、車、ゲーム、おもちゃなどの最新テクノロジーを盛り込んで、門外漢にも解りやすく説明されている。
連続ドラマ化が決定したらしいが、実写のこち亀でも、両さんの「オタク」振りは再現して欲しいものである。
こち亀の情緒とドタバタ、下町とハイテクのミスマッチが、実写ドラマでどんな風に表現出来るかが、ポイントだろう。
コミックスの売り上げ、累計1億5000万部以上のモンスター漫画こち亀を、実写ドラマでどう表現するのか楽しみだ。
どこを切り取っても面白いこち亀は、メディアを選ばない懐の深さがある。
こち亀は、下町の江戸っ子である両さんの、日常を描いているとも言えるのだ。
主人公の両さんが、一攫千金を狙ってハイテクビジネスを始め、始めは大儲けするのだが、最後はスッカラカンになるという、こち亀黄金パターンが好きだ。
こち亀の連続ドラマがいよいよスタートするが、両さん役の香取慎吾には、下町の江戸っ子とギャンブラーが共存した感じを、演じてもらいたい。こち亀の魅力は沢山あるが、下町情緒と最新テクノロジーの混在が挙がると思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ