2015/3/16

こち亀の永遠の自由人  アイドル/有名人や芸能界の情報

こち亀の 両さんは、永遠の自由人である。
中年の私のようなオールドファンには、こち亀の両さんのイメージは固定してしまっているが、「慎吾両さん」には是非頑張って欲しい。
主人公の両さんには、SMAPの「香取慎吾」が、大原部長には「伊武雅刀」、両津銀次に 「ラサール石井 」、麗子に「香里奈 」、中川圭一 に「速水もこみち 」と豪華なこち亀だ。
現在も、ギネスの「少年誌 最長連載記録」を更新中の、原作こち亀は、連載30周年を超え、連載通算1500回を突破している、モンスター漫画だ。
また、警察官なのに下駄履きで、無精ヒゲを生やしているが、実写ドラマ化するこち亀は、あのハチャメチャ感を出せるだろうか。
ドラマのこち亀では、他に、なぎら健壱、つまみ枝豆、柴田理恵、ゲストで劇団ひとり、ベッキーなどが出演する予定だ。
今回のこち亀ドラマの、共演者陣にも同じ事が言えるが、原作が劇画だけに、どれだけあの世界観が出せるかが問題だろう。
こち亀の両さんも、ジャニーズのアイドルグループの一員が、自分を演じるとは夢にも思わなかったに違いない。
そう考えると、驚異の長寿漫画が、こち亀である。
こち亀が、実写ドラマでオンエアーが決まり、撮影快調だそうだが、両さんの自由人ぶりは健在であって欲しいと思うのは、私だけではあるまい。
こち亀の両津勘吉を、SMAPの香取慎吾が演じる時代になったと思うと、隔世の感を禁じ得ない。
0

2015/3/15

こち亀のチームワーク   アイドル/有名人や芸能界の情報

有名な出演者が出て、優れたスタッフが作れば、必ず視聴率が取れる番組が作れるかと言えば、そうとも言えない。
主役の両津勘吉は、SMAPの香取慎吾、中川圭一 に 「速水もこみち」、秋本カトリーヌ麗子 に 「香里奈」、上司の大原部長に「伊武雅刀」という適材適所の布陣。
正式名称は、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」であるこち亀だが、誰もフルネームの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」とは言わない。

こち亀の、今回の実写ドラマでは、出演者と スタッフのチームワークは絶妙のようで、香取慎吾もノリにノっているそうだ 。
要するに、出演者やスタッフを生かすも殺すも、チームワークの善し悪しで、こち亀連続ドラマの場合でも、当てはまると言い切れる。
誰もがその存在を認知していて、ファンも多く、連載30周年を超え、連載通算1500回を突破したこち亀は、もはや国民的漫画といって良いだろう。
暑い中、過酷な撮影になると思うが、こち亀実写ドラマのスタッフにも頑張って頂きたい。
こち亀のドラマでは、なおさら、出演者と スタッフのチームワークが大切になってくることは自明の理だ。
ガニ股で短足のこち亀両さんというイメージを、覆す21世紀の両さんを創出して欲しいものである。
そんなこち亀だが、今回、連続ドラマでお茶の間に帰ってくるそうで、共演者とスタッフの顔ぶれが発表になったようだ。
いよいよスタートするこち亀の連続ドラマは、大注目だ。
0

2015/3/14

こち亀の豪華なゲスト  アイドル/有名人や芸能界の情報

しかし、これは「慣れ」の問題かも知れない。
それほど、こち亀という呼称は浸透していて、あえて「こちら葛飾区亀有公園前派出所」と書かずとも解るし、第一、正式名称は長すぎる。
連載30周年を超え、連載通算1500回を突破したこち亀は、もはや国民的漫画で、誰もがその存在を知っているし、ファンも多い。

こち亀といえば両さんだが、今回の実写ドラマでは、「香取慎吾」が挑戦する事は先に述べたが、
一抹の不安が無いわけではない。

こち亀の魅力に一つに、多彩なゲストがあるが、今回の実写ドラマでも、「ビッグ」なゲストが登場するとあって、楽しみは尽きない。
こち亀人気の一端を、垣間見た気がするが、老若男女に満遍なく人気があることも、こち亀の特徴と言えるだろう。
こち亀の連続ドラマは、いよいよスタートするが、詳しい情報を得たければ、専用ホームページをチェックして頂きたい。
先ず、こち亀の顔である、主役の両津勘吉にはSMAPの香取慎吾、両さんの上司の大原部長に伊武雅刀、中川圭一 に 速水もこみち、秋本カトリーヌ麗子 に 香里奈 という顔ぶれ。
「香取慎吾」は、こち亀の両さんにしては、カッコ良すぎるのである。
何と、記念すべき第一回目のゲストは、「ビートたけし」というから驚くが、こち亀にかけるTBSの思いが伝わってくる。
どうしても原作の漫画で、「がに股で短躯のこち亀両さん」、というイメージが定着しているせいか、足の長い香取慎吾が、はたして適任かという問題があるのだ。
0

2015/3/13

こち亀のアニメと実写の違い  アイドル/有名人や芸能界の情報

このこち亀の連続ドラマには、その他に、なぎら健壱、つまみ枝豆、柴田理恵といった一癖もふた癖もある役者が脇を固めている。
アニメと実写の違いは当然あるだろうが、こち亀の魅力を損なうことなく、思い切って制作していただきたいと言うのが、ファンの望みであろう。
連載30周年を超え、連載通算1500回を突破し、ギネスの「少年誌 最長連載記録」を更新中のこち亀だけに、原作の印象は定着してしまっているのであろう。
こち亀実写ドラマの詳しい情報を知りたい方は、TBSのホームページで、公式サイトも開設されているようなので見ていただきたい。

こち亀の原作やアニメに親しんできた世代は、今回の連続ドラマをどう思っているだろう。
こち亀のオールドファンとしては、もう少し「短足」な俳優を、キャスティングして頂きたかったが、欲張りだろうか。

こち亀ファミリーは、強烈なキャラクター揃いだが、その中でも、大原部長と同僚の中川圭一、秋本カトリーヌ麗子の3名は、割と普通の常識人である。
同僚の秋本カトリーヌ麗子役の「香里奈」と、中川圭一役の「速水もこみち」は、美男美女コンビで順当であろう。
香取慎吾が「両津勘吉」役であると聞いたときは、正直驚いたが、実写版こち亀のターゲットを若年層に向けたのだろう。
主人公である「両津勘吉」は、SMAPの香取慎吾が演じるそうだが、こち亀の世界観をどこまで表現できるかに期待が掛かる。
それでも、両さんや大原部長、中川や麗子が、アニメと実写の違いを飛び越えて、活躍することを祈らずにはいられない。
0

2015/3/12


ビックリしたのは、何とあの「ビートたけし」も、スペシャルゲストとして登場するそうだ。
原作のこち亀は、連載30周年を超え、連載通算1500回を突破し、現在もギネスの「少年誌 最長連載記録」を更新中である。
こち亀の両さんのイメージは、バイタリティに溢れ、ガキ大将がそのまま大人になったような人だが、香取慎吾が西遊記で見せた演技を参考にすれば、あながちミスキャストでもないだろう。
主人公の両津勘吉役には、SMAPの香取慎吾が抜擢され、新しい「両さん」として期待されているが、こち亀の原作者である秋本治氏も、「慎吾両さん」に太鼓判を押しているようだ。
今回そのこち亀が、実写ドラマ化されることが決まり、オンエアーも間近に迫っていると聞いた。
その他にも、なぎら健壱、つまみ枝豆、柴田理恵、ゲストで劇団ひとり、ベッキーなどがこち亀ドラマに出る。                 
掲示板などでも、「こち亀のドラマ」で検索していただければ、出てくると思うのでチェックしてみては如何であろう。
今回、こち亀のドラマの、脇を固める共演者陣も発表になった。
こち亀では、無くてはならない大原部長に「伊武雅刀」、両津銀次に 「ラサール石井 」、同僚の秋本カトリーヌ麗子に「香里奈 」、中川圭一 に「速水もこみち 」と豪華だ。

こち亀を私も中学生の頃愛読していたが、こちらが立派な中年になった今でも、連載中なのだから驚きである。
話題満載の、こち亀のドラマを楽しみにしたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ