2015/3/11


橋本愛は、Seventeenのモデルとしても有名ですが、今やドラマ、映画などでも大活躍しています。
深い洞察力と個性的な発想を持つ橋本愛は、実際に演じた役とはタイプが違いますが、神秘的な一面も持ち合わせています。

橋本愛は、2010年、映画告白に出演し、クラス委員長の少女で重要な役どころを演じて人気を呼びますが、彼女の髪型はほんとにお人形さんのようで可愛いです。
映画告白で圧倒的な存在感を表現した橋本愛ですが、雑誌やドラマでも大人気で、彼女の髪型を真似する女子高生も増えています。
弾けるように飛び跳ね、照れながら無邪気な笑顔を見せていた橋本愛は、まさに10代のカワイイ女の子といった感じです。
告白で橋本愛は、クールな女子生徒役を演じたことから、彼女はミステリアスで、おとなしいイメージで見られています。
最近では、橋本愛は、月刊ビジュアルマガジンシリーズの第2弾、aBUTTONに起用されていて、深遠かつ躍動感溢れる少女として登場しています。
しかし、橋本愛は、単なる元気でナチュラルな女の子ではありません。
リーダーシップをとったり、ムードメーカーになることもあるという橋本愛は、魅力満載の女の子です。
インタビュー撮影でも、橋本愛は、表参道の裏路地で、ホップステップジャンプをしてみて、というリクエストに気軽に応じています。
0

2015/3/10

橋本愛が声優に挑戦  アイドル/有名人や芸能界の情報

劇場版 BLOOD-C The Last Darkは、久遠の時を生きる少女小夜と異形なる古きものとの戦いを主軸にした作品で、橋本愛は、見事に声優をこなしています。
橋本愛は、告白でその存在感あふれる演技が評価され、アナザーでは、主演も務めています。
今や注目の女優橋本愛ですが、水樹奈々演じる主人公小夜に助けられながら、物語の中で大きな支えとなる重要なキャラクター、柊真奈の声を声優として熱演しています。
大都市東京の暗部で蠢く陰謀と、ある事件で大切なものをすべて失った小夜の、愛憎入り乱れる復讐劇を描く物語で、女優橋本愛が果敢に声優に初挑戦しています。
そして、橋本愛は、予定時間より大幅に早く、アフレコを終えていて、まさにマルチな才能を発揮しました。
橋本愛は、実写で同じ演技をしていたら、やりすぎと言われるくらいに、表現の幅を激しくすることで、対応しています。
そのため、橋本愛は、自然に実写より演技を分かりやすいものにしなくてはいけないと努力したようです。
橋本愛が声優に挑戦した作品は、各国のトップクリエイターが絶賛した映画BLOODシリーズです。
アニメーションとしては初でしたが、実写の映画でも撮り終わった後にアフレコをするので、声優が初めてという感じはなかったと橋本愛は、語っています。
劇場版に登場するキャラクターの中では一番セリフが多い役なのですが、橋本愛は、声優が初めてとは思えないくらい順調に収録を進めました。
0

2015/3/9


橋本愛は、元々川崎愛という名前だったのですが、今の名前に改名しています。
今現在、橋本愛は、ウルトラマンガイアで佐々木敦子隊員役を演じていて、活躍しています。

橋本愛は、この雑誌が完成したのを見てとても感動したと語っていて、写真集以上に反応がありそうな予感がします。
今年の7月に撮影されたのがこの雑誌で、橋本愛はこの夏、プライベートでも色々と楽しんだようです。
エーボタンというのは、世界初の超高解像度4K&3D月刊ビジュアルマガジンで、写真集で人気の橋本愛は、すぐにこの企画に抜擢されました。
また、デジタル版は、画面で写真が見れるウキウキ感もあり、橋本愛の映画を観ているような感覚も味わえます。
また、橋本愛はこの雑誌の撮影中、写真を撮られているのはわかったけど、急に動画が始まったりして、戸惑うことも多かったと語っています。
これには、雑誌版とデジタル版があって、デジタル版は写真をズームすることで隠しカットを見ることができるので、橋本愛の魅力を存分に味わうことができます。
この雑誌の記念イベントの前に橋本愛は、高田、岡野の2人とともに、撮影で使用された制服姿でインタビューに応じています。
お祭り、花火、遊園地、海など、橋本愛は、夏のイベントは全部やったらしく、夏休みは地元の熊本で過ごしたそうです。橋本愛は、第5回ヤングジャンプ制服コレクションでグランプリを受賞しいて、非常に可愛らしく、目力の強い美少女です。
0

2015/3/8


画像と言えば、橋本愛と有村架純は、どっちがかわいいということでも、話題になったことがあります。
画像では定評のある橋本愛ですが、この雑誌では、画像も見ることができるというので、ファンの人は見逃せません。
でも、友人に話してみると、この二人は全く似ていないということで、橋本愛の画像の見方にもよるのかもしれません。
そして、大ヒット映画の告白にも橋本愛は出演していて、注目されました。

橋本愛の画像はとても美しく、見ていると引き込まれていくような透明感があります。
この雑誌は、10代の少女の魅力と、少女から大人へと移り変わる瞬間を切り取ったコンセプトマガジンで、まさに橋本愛にピッタリと言った感じです。
若干美人な方が橋本愛で、能年玲奈の方は可愛い感じなのですが、なんとなく似ている感じがします。
橋本愛はまだ弱冠16歳なのですが、独特の雰囲気を持つクールビューティーという感じで、なんともエキゾチックな感じがあります。
そして裏テーマとして、監禁されている少女という設定でも撮影が行われたということで、どんな橋本愛が収められているのか楽しみです。

橋本愛は、撮影が進むにつれ、自然とノリノリになって、ここには私しかいないと、1人の世界に没頭して望んだと、撮影のエピソードを語っています。
0

2015/3/7


橋本愛は、東宝系映画の告白で、本格派女優へのスタートを開始しました。
これまでの橋本愛の映画公開作品には、Give and Goがあり、この作品では、大島夏希 役を演じています。
そうしたことから、アバターの映画作品では、カメラは、設定やストーリーより橋本愛をとらえようとしているのです。
この映画は、先生の娘を殺したのは誰なのか、というキャッチコピーで話題になった作品で、橋本愛は、まさしく新人女優として出演しています。
ストーリーとは矛盾する内容で、橋本愛演じるブサイクな女の子が、ケータイサイトのアバターにハマり、やがて整形までして、現実から遊離するというサスペンス映画です。
橋本愛自身、とても頑張った映画作品なので、1人でも多くの人に見てもらいたいと熱弁しています。
アバターでは、橋本愛は主演を務めていて、この映画は、作品自体というより、その価値は、彼女自身にあると言っていいかもしれません。

橋本愛は、ストーリー上の設定やメイクなど関係なく、それを凌駕する魅力を持っているのです。
主役との距離を縮めると言う意味では、橋本愛の映画、アバターは、観るに値する作品と言えるのです。
中島哲也監督がメガホンを取った映画で、松たか子、木村佳乃、岡田将生など、そうそうたる俳優陣が並ぶ中、橋本愛は、臆することなく、しっかりと演技しています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ