2013/7/11


1996年、大泉洋は、演劇研究会のメンバー5人と一緒にTEAM NACSを結成していて、その後、全国で7万人を動員する劇団にまで成長します。大泉洋とは、1973年、北海道江別市生まれで、俳優として活躍していますが、タレントとしてもとても人気があります。
特に、水曜どうでしょうでの大泉洋の出演が、その人気を不動にし、北海道ローカルではあるものの、知名度を大きく上げます。
軽快な話術が話題になり、大泉洋は、北海道では知らない人がいないくらいに、人気になり、スターとなります。
全国ネットの連続ドラマに初出演した大泉洋は、その後、ハケンの品格や、大河ドラマの龍馬伝にも出演します。
ラッキーセブンなどの人気ドラマにも出演するようになった大泉洋は、人気俳優へと躍進していきます。
そしてついに、大泉洋は、映画にも主演するようになり、探偵はBARにいる、という作品で、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞します。
2浪した後、1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学した大泉洋は、演劇研究会に所属し、俳優となる基礎をここで固めます。
鈴井の斡旋により、北海道テレビの深夜番組モザイクな夜V3に出演した大泉洋は、芸能活動をスタートすることになります。
その後、大泉洋は、大学在学中、鈴井貴之が主宰する劇団の劇団員に認められて、今の事務所に所属することになります。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ