2013/7/18


さらに、2013年には、大泉洋主演の探偵はBARにいる、の続編、探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点が公開されています。
また、グッモーエビアンと言う作品では、大泉洋は、麻生久美子とのW主演を果たしていて、彼の演劇の力が大きく開花しています。

大泉洋は、学生時代から演劇で活躍していたこともあり、WOWOWのドラマW、プラチナタウンでも主演を務めています。
その後、2008年11月には、大泉洋は、サザンの名曲33曲をモチーフにした33話のショートドラマにも出演します。
そして、大泉洋は、演劇の腕を認められ、the 波乗りレストラン、赤鼻のセンセイで、見事、主演に抜擢されます。
2013年に入ると、大泉洋は、自身の過去8年間に渡るエッセイ連載をまとめた、僕が綴った16年を出版しています。
類稀なる演劇の才能がある大泉洋は、ドラマで2006年には、おかしなふたりと言う深夜ドラマの作品で、初主演を務めます。
ラジオにレギュラー出演後、大泉洋は、演劇の腕を生かし、救命病棟24時、小早川伸木の恋などの全国放送のドラマに出演します。
そして、大泉洋は、2012年には、しあわせのパンにも出演していて、地元北海道を舞台にした映画が大ヒットしています。
そして、大泉洋は、フジテレビの三夜連続スペシャルドラマである、わが家の歴史などにも出演しています。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ