Google
2006/5/31 | 投稿者: kyomen

昨日、平成18年度キャンプ座間米陸軍第1軍団司令部等移転に伴う基地強化に反対する座間市連絡協議会定期総会が座間市役所で開催されました。
会長である星野市長により、これまでの経過・最終報告後の対応など報告がされました。昨日、在日米軍再編の最終合意を実施する政府方針が閣議決定され、報道機関にコメントした内容は『これまでの在日米軍再編の経過をふまえて閣議決定されたことは理解している、しかし当市として国との協議を重ねている段階で最終報告同様、閣議決定されたことは大変残念で複雑な思い。今後も地元への理解を求める協議を継続すると国は言明している、当市としてかねがねキャンプ座間の将来に責任を持てる恒久化解消策を示す事を求めて本日まで来ている、引き続き強く国に求めていく』と報告がされました。
また某新聞の30日記事について市長は『記事の内容について私自身びっくりした、正確な内容は、現状、相模原市は負担軽減策など現実的な対応を進められお話になっている、そういう状況下今の段階で相模原市市長と会う予定にはなっていない。これが活字で出てしまった事は本当に残念、もし記事と同じような事を言っていたら他の紙面も同じような書き方になったであろう、今後も相模原市とは、お互いに連絡を取りながら今まで通りやっていく基本的な考えであり、間違ったとらえ方をされないように正確に皆さんに伝えてご理解を頂きたい』とのべられました。
ブログランキング

神奈川新聞の記事中、相模原市の小川勇夫市長は、座間市には「基地恒久化に反対する取り組みでは今後も協力する」と述べられています。

協議会終了後、会長を務める星野勝司市長は記者団に「国の責任の範畴(はんちゅう)の問題で、撤回を通すことは非常に難しい」と語った。
キャンプ座間 日米合意 米軍再編等 反対運動 Q
Q 何故反対なのか?
答  座間市と国は、基地縮小と基地返還について最大限努力するとの覚 書(約束)があり、しかも市の総合計画で基地の縮小・返還を市是としている。

Q 日米合意は法律に反しているのか?
答  法律に反していない。(憲法98条に基づいた安保条約関連)

Q 基地の面積はどの位あるのか?
答  全体 2,346,381平方メートル 約 71万1024坪
   座間市分620,832平方メートル 約 18万8130坪

Q 基地は座間市に返還されるのか?
答  基地は日本政府に返還されるが座間市の土地にはならない。

Q 返還された土地を座間市所有地にするには?
答  原則は買い取り取得となる。
         (市民体育館も買取り取得である)

Q 合意決定がされたが、今後の行動は?
答  国は再編決定後も地元理解を得る為、引き続き話し合いをすると表明しているので、座間市は強化・恒久化解消策を国に求めていく。

Q 現在の米軍・自衛隊はどう変わるのか?
答  現在は米軍・自衛隊共、後方支援が主な任務であるが新司部(UEx)は米軍の統括司令部となり自衛隊は有事の際の即応集団司令部になり基地機能が強化される.

Q 米軍人・自衛隊の人員は
答  米軍人の人員は現在 約1,300人(軍属含む)
               +300人 計1,600人
自衛隊の人員は現在 約300人+300人 計600人
上記人員は今回示された増員数値です。

再編協議決定の内容(キャンプ座間)

○ 米陸軍を再編したUEX司令部を2008年までに移駐
           (現在は後方支援を主とした司令部である)
○ 新たに陸上自衛隊即応司令部を2012年までに配置。
   自衛隊のヘリコプターは米軍ヘリポートを共同使用(基地内)
○ 現、基地の一部1.1ヘクタール
     (座間市分18万8130坪の内3300坪)日本に返還。
○ 今後、基地返還に関した協議を適切に実施する。
     上記人員は今回示された増員数値です。
クリックすると元のサイズで表示します
写真説明:今回返還される想定の場所付近

2006/5/30 | 投稿者: kyomen

昨日は政和会の団会議がありました。議題は主に定例会の総括質疑について話し合いました。総括質疑とはその定例会に提案されている議案に限られます。午前中は役所で勉強していました。休憩中、道路管理課課長さんと道路管理について話を伺いました。内容は平成18年度 第1回定例会で私が質問した件、具体的には、駐車違反の取締りについて進捗状況を伺いました。そうです!今話題の放置車両確認事務民間委託なども含めた警察の対応についてです。私の住む近所の立野台公園近くですが、昨年夏ごろから路上駐車がされており、現在も同じ車両が長期間放置されています。(写真)
警察には周辺住民・座間市からも何度も取締りをお願いしていますが、残念ながらレッカー移動など取締りが見られません。警察担当者の話では『所有者は判明しているが、所在が不明で連絡が取れないから取り締まれない、レッカー移動は民間だから料金徴収が問題』等の返答でした。こんな事でよいのでしょうか?ナンバーが付いていなければ不法投棄として道路管理者の座間市が処分します。(処分する費用は税金から)レッカー移動後の料金徴収見込みが無いから何もしない警察の対応には不満です。道路管理課課長も警察の対応について不満、おかしいとおっしゃっていました。様々な問題を抱えたまま、6月1日より放置車両確認事務民間委託が実施されるわけですが、運送業界をはじめとする車を利用する方たちは困惑しています。神奈川県駐車監視員ガイドライン概要では、座間市は幸い?ながら、他市に比べて違法駐車が少ないと判断され民間委託されないみたいですが、この様な悪質な青空駐車に力を入れてほしいものです。
困惑している方は!。 ブログランキング


クリックすると元のサイズで表示します

2006/5/28 | 投稿者: kyomen

午前中は事務所で6月2日より始まる定例会に向けて勉強。午後2時より立野台コミュニティーセンター和室にて、立野台地区連合自治会平成18年度立野台公園まつり祭典委員会に出席しました。
立野台地域にお住いの方はご存知と思いますが、立野台公園まつりは、昭和52年から毎年開催され、今年で29回目になり、立野台地域の良き伝統として引き継がれ、自治会会員自らの手による自治会主催の手作りのお祭りで『ふるさとづくり』にも寄与するお祭りとして、また、地域コミュニティ活動を推進し、魅力あるまちづくりを目指す目的の一つとして開催されています。イベントとして、子どもの相撲大会・お神輿・盆踊りなど、模擬店も自治会員により運営され、また、立野台商店会により焼き鳥などの屋台が出されます。私も毎年参加させていただいていますが、来場者の多さにはびっくりするほどです。その為、立野台公園まつり祭典委員会メンバーの皆さんも真剣です。来場者が楽しんでいただけるように会議は真剣そのもの、様々な意見が飛び交いました。今年の開催予定は、8月19日(土)・20日(日)の2日間です。あだチョット早いですが、当日の皆様の来場をお待ちしています!あっ!。ブログランキング

場所は立野台公園です!
クリックすると元のサイズで表示します
写真説明:委員会風景!

2006/5/27 | 投稿者: kyomen

昨日の勉強会終了後、座間駅前ロータリーの件について、道路管理課の許認可指導係長より経過説明をうけました。内容としては、今回の土砂流出の件で、今後の対応について業者を指導したとの事で、業者側としても改善をするとの事であります。梅雨入りもまじかになり、また同じ様な事がおきないように望むところです。気になったので役所の帰りに現地を確認しました。取り合えず業者も簡易的な対応をしたみたいです。これではまだ心配ですが!
クリックすると元のサイズで表示します
写真説明:建物からの雨水を流すビニール製の排水管?が設置されていました。・・・が、赤土の斜面はむき出しのまま、何らかの養生が望まれる・・・。と思う方はこちらをクリックブログランキング



18時より、自由民主党神奈川県座間市連合支部、18年度総会に出席をさせていただきました。甘利代議士の挨拶を拝聴しましたが、とても熱心に、犯罪の国際化、組織化、高度情報化に対処する刑法等改正案(条約刑法−いわゆる共謀罪)・教育基本法をはじめ、次期総裁選の事など話され、私自身、大変勉強になりました。

2006/5/26 | 投稿者: kyomen

9時より議員運営委員会でした。私は委員ではないので、会派控え室で待機。その間は同僚議員と様々な意見を交わす貴重な時間でもあります。平成18年度第2回定例会は6月2日より6月23日までの会期で行われます。今回は13議案、8報告、1陳情の予定です。一般質問は6月7日・8日・12日の3日間で行われ各議員が市政全般にわたり質問が行われます。前回の第1回定例会では、別名赤道、里道と呼ばれる道路について・市民の要望と道路管理について・市借上げ用地・市有地の管理について・市有地の管理における行政対応について・消防団員確保について・自主防災組織の組織強化について、質問をしました。今回も何点か一般質問したいと考えています。その際は傍聴宜しくお願いします。

午後からは議案に対しての勉強会が開かれ、各部より説明を受けました。17時30分からは、設立より携わってきました社会福祉法人 三栄会 特別養護老人ホームの平成18年度第1回理事会・評議会に出席し、事業・決算報告、今年度から新事業の包括支援センターの設置について審議しました。特に、介護保険の事業実績について、今年度は短期入所事業を除いて実績をすべての部署で前年度を下回り、その大きな原因は、介護職員・看護職員の不足でした。介護の質を落とさず特養待機者の早期入所に努めましたが、平成17年度は特養ベットを満床にできませんでした。新卒定期職員の採用をはじめ、施設側受け入れ態勢を整え、18年度早期に満床にする予定です。

20時からは、伊田雅彦議員クリックすると元のサイズで表示しますと共に私たちの古巣でもある、座間青年会議所の未来創造塾委員会にオブザーバー出席させていただきました。(写真)議題は、同会が10月に予定している例会についてでした、少子高齢化の問題や、まちづくり、地域活性化への問題など、私たちが在籍していた頃とまた違った視点で活動されているようでした。1時間ほど意見させていただきました。現役の皆さん頑張ってください。役に立てる事があればいつでも呼んでください。その後、我々2人は久しぶりに座間駅前の居酒屋で意見交換などをし、明日の座間について語り合いました。伊田議員ありがとう!。ブログランキング


クリックすると元のサイズで表示します 




AutoPage最新お知らせ