Google
2006/6/4 | 投稿者: kyomen

阪神・淡路大震災の発生から丸10年を目前にした2004年10月23日、同震災と同じ内陸直下型の「新潟県中越地震」が起きました。震度7という猛烈な揺れを筆頭に、震度6強〜5弱の強い余震が長期にわたって続発し、一時は10万人を越える人々が避難生活を強いられました。この様に大災害が発生したとき、交通網の寸断、同時多発火災などにより、消防や警察などの防災機関が十分に対応できない可能性があります。災害時の対処は、早ければ早いほど被害が軽減されます。そこで大きな助けとなるのが、自治会などで組織する自主防災組織です。
6月4日(日)今日は、立野台南自治会主催の防災訓練がありました。
避難所開設訓練、炊き出し訓練、消火訓練他、参加された方は真剣でした。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
写真説明:準備風景
続きを読む




AutoPage最新お知らせ