Google
2006/7/30 | 投稿者: kyomen

 午前中は立野台地区連合自治会主催、『第29回立野台公園まつり』の準備でした。

 昨年の祭りで使用した『絵行灯』を剥がす作業で、この絵行灯は、毎年、子供会育成会の協力で子供たちが描いた絵が貼られた行灯です。写真が無いのが残念ですが、剥がすのをためらってしまう様な夢のある絵が貼られていました。
 
 各自治会や子供会からの参加で総勢20名位での作業で、あ〜してみよう!こうしよう!賑やかに作業しました。今年度の公園祭りスローガン『心と心つなぐ地域の公園祭』準備段階から一致団結しています。

 夕方からは相模原市の高田橋周辺で行われる『花火大会』に家族で出かけました。妻の実家が相模原市にあり、会場の近くまで送ってもらう予定でしたが、周辺道路は大渋滞、手前6キロ位から徒歩で会場に行くことに(T_T)会場までの道では民家や会社駐車場が即席の屋台に変わり焼き鳥やクワガタ・カブト虫など売っていました。
 
 最初、長女6歳は歩くのを喜んでいましたが、2キロ位で足が痛いと弱音(^_^;)何とか会場へ。長男4歳は黙々と歩いていました。会場は駅から遠いのに大勢の観客で埋め尽くされ賑わっていました。我が座間市もこの様なイベントが出来ないものかと思いながら、長い道のりを歩き帰路に着きました。
クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ