Google
2007/1/23 | 投稿者: kyomen

再質問:京免
全般にわたりご答弁いただきありがとうございます。何点か質問をさせていただきたいと思います。
 自動販売機の関係では、全般的な管理について社会福祉協議会や財団が管理をされているということで、商品の販売手数料等も社会福祉協議会の中で適切に処理がされているというような答弁でした。また、自動販売機による市有地の貸付料の関係も答弁でわかりましたが、自販機の関係で当市にはさまざまな施設や管理地がありますが、今後もいろんな施設に設置、自販機と余り小さいことであれなのですけれども、設置が見込まれるのかなと思うわけです。多少なりともそのように収入を得られるもので、私のところも自動販売機を設置していまして安定的に入ってくるわけですね。結構、小さなことですけれどもあてにしてしまったりしているわけなのですけれども、意外とばかにならないものなので、今後、座間市内にまた新たに設置をする場合も、その場所によるのでしょうけれども、社会福祉協議会等で管理を任すのかという点をお伺いしたいと思います。
 行政、どこどこの担当課がその管理を直接するというわけにもいかないでしょうからしようがないと思うのですけれども、その手数料収入の上がったものを、例えば横浜だったかと思うのですが、学校施設に設置をされているみたいでして、その収入を施設の例えば修繕に当てたりとかというふうな形で有効に使われているということを、たしか読んだことがあるのですね。コミセンの関係もそうなのですけれども、軽微な修繕等はそういったものの収入でも賄えるのかなということも考えられますし、コミセンは各施設避難所ということになっております。今、某メーカーのものなのですが、これは災害救援ベンダーということで、非常時はこれをただでメーカーの方が飲料水に関しては出すということで、そんなこともあるわけでして、検討の余地もあるのではないかなというふうに思います。その点もちょっとお伺いしたいなというふうに思います。
 あとは、市有地の貸付の関係であります。今市有地の使用料に関しては販売機の部分でしたけれども、1例を挙げますと、相武台の行幸通り沿いに商店街の軒先を沿うように上下水道部所管の水道用地が通っておりますよね。200メートルぐらいですか、幅1メートルで200メートルぐらいということで。そこに古くから商売を営んでいる方はそこのこれはもう店の軒先1メートルは座間市の所有地だよというので承知はされているらしいのですが、やはり新たに入ってきた商店主の方はそのようなことは存じ上げてないみたいで、看板の設置とかした場合にトラブルになったりというようなことがあるようであります。一度、私もちょっと1件相談がありましたので、ここにあるのだなというのがそのときにわかったわけであります。そういうような場所が座間市全域に存在しているのではないかと思いますので、これはまた商店の軒先のその部分のお金を取るとなったらまた問題もあるのかな。それは道路という考え方もあるのかもわからないのですけれども、実際そこの行幸通りに関して言えば歩道のようにも見えないし、その店の土地のようにも見えるような場所なのです。そこの店を例に挙げますと、ここのところの不景気のあおりで客足が減っているから看板を設置をして集客をねらおうという意図だったらしいのですが、たまたまそこが上下水道部の管理している土地だったということで、あえなく設置してすぐ撤去をしたという経緯があります。
 柔軟的に目的外使用ということでなかなか簡単にはいかない部分もあると思うのですが、場所によっては隣接する地権者の方が望めば貸し付けて、多少なりとも収入を得るというのも考えの一つなのかなというふうに思ったりするわけであります。これは私の意見ですので、その点もちょっと聞いておきたいなと思います。
 コミュニティセンターの関係は人件費等経費、施設ごとの予算配分、法令の変更等さまざま聞いたわけですけれども、管理委託先の運営に柔軟性が持てるような施策を今後も検討していただければと思います。これは要望ということであります。
 また、防災備蓄倉庫設置のときの支援状況なども説明を受けましたのでわかりました。さらに、今後は支援の充実をお願いいたしまして、2回目の質問とさせていただきます。

答弁:市長
自販機の関係でございますけれども、今後自販機を設置していく場合においての社会福祉協議会としての設置の拡大といいますか、そういう関連でお尋ねをいただいたわけでございますが、私どもの方は、例えば社会福祉協議会が設置をすると、その場合において、先ほどもお話ししましたように使用料は減免規定で減免させていただいていると、ただし電気代はいただいているとこういうことになります。そこで、管理というお話が出ましたけれども、これは管理はその会社が責任を持ってやることになっていますから、それから修繕等の関係が生じましてもその会社が責任を持って修繕をするとこういうことになりますから、例えば場所の設置がされてもそういう分野の責任は、その設置会社が責任を持って対応するということでございますから、ご理解をいただきたいと存じております。
 それから、防災のそういうふうなお話がございましたけれども、この関係につきましても基本的にはその自販機メーカーのご努力が前提になると思うのですよ。そういうふうなことでもう少し私どもとしても、そういうふうな自販機の設置に関しての会社のお考えなどもよくお聞きはしてみたいと思っています。最終的には会社として設置の基本的な考え方の有無によって左右されるだろうとこう思っています。

答弁:上下水道部長ただいまご質問にありました県道町田厚木線沿いの水道用地でございますけれども、過去、水道管の布設用地として企業財産でございます。現在は県道の歩道と一体として一般の交通の用に供しておりますので、使用料等はとってございません。また、過去出入り口等の利用を認めた部分もございますが、そちらにしても無償でございます。
 以上でございます。




AutoPage最新お知らせ