Google
2008/5/10 | 投稿者: 京免

 7日、8日と福井県敦賀市へ伺いました。視察事項は先日の記事の通りでありましたが、最終処分場に関する経緯と対策について、事件当時より担当をされている敦賀市市民生活部の角野部長、廃棄物対策課の和田課長より詳しく説明を受けました。

 今回、写真でも判るように現地視察もさせていただきましたが、改めてこの問題の重大さを感じた視察でした。詳しくは改めて掲載できればと思いますが、今日は現地写真をご覧いただければと思います。
      クリックすると元のサイズで表示します
 画像は、市民経済常任委員会メンバーです。私は一番右です。

      クリックすると元のサイズで表示します
 画像は、問題の処分場跡地です。この山の頂上?(実は中腹、更にこの裏に山がありました)に見えるシートを、今後、山全体を覆うキャッピング工事を行うとのことで、ちなみに耐久年数は30年と説明をうけました。

      クリックすると元のサイズで表示します
 処分場のすぐ脇を川が流れています。今は、遮水壁工事が処分場の周り全体にされ、汚染された水の流出は食い止められていますが、完全とは言えないでしょうし心配なのが地下水への影響です。敦賀市は工業用水の一部は県水ですが、一般は100%地下水に依存しているとのことでした。

      クリックすると元のサイズで表示します
 周囲には点検用(取水用)の井戸が設置されています。

      クリックすると元のサイズで表示します
 ごみ山の中腹から撮影した画像です。下の道路に車が映っています。改めてこの山の巨大さがわかります。

      クリックすると元のサイズで表示します
 画像中央に汚水処理施設が見えます。

2008/5/7 | 投稿者: 京免

 今日はこれから市民経済常任委員会の視察で福井県敦賀市に伺います。視察事項は、最終処分場に関するこれまでの経緯、現状復帰経過、恒久化対策、現地視察について調査させていただきます。

 県央3市で構成されている高座清掃組合は、平成7年より敦賀市にあるキンキ社へ委託処分を開始、その翌年、キンキ社による処分場の違法増設や周辺環境汚染が発覚、平成13年には処分業・収集許可の取消を受け平成14年に倒産、平成14年11月より福井県が護岸漏水対策の代執行(平成15年6月工事完了)を行った。

 その後、環境省が神奈川県を含む18府県を対象に連絡会議を開催し、神奈川県でも関係市町村を集め会議がされ、高座組合会議で費用負担額が決定。

 対策工事に関わる費用はなんと102億円。その内、国が39億円、県が42億円、敦賀市が20億円を負担する。負担のうち14億円を各団体に敦賀市が請求。処分場の後始末に排出側全国60自治体も責任をと言うことでした。一般ごみの責任あいまいな点などで「払えぬ」など反発が相次いだと当時報道されていました。

 以上が概要ですが、詳しくは後ほど!集合時間が近づいてきましたので

2008/5/6 | 投稿者: 京免

 5月4日、5日と大凧まつり会場に行きました。4日の日はあいにく北風のため大凧の掲揚はできませんでした。しかしながら会場の中央では、「わんぱく相撲」が開催され。大勢の来場者から大歓声が湧きおこっていました。(残念ながら画像がありません)座間青年会議所と座間相撲協会が主催している「わんぱく相撲」は、市内小学校・近隣各市から200名近くの大勢の「わんぱく力士」が参加して毎年盛大に開催がされています。私も青年会議所の現役時に入会してから17年間「わんぱく相撲」の裏方(メンバー)として携わりました。
 現在は昨年、設立した座間市相撲協会の会員としてお手伝いをさせていただいています。

 5月5日は、商工会青年部の40周年記念事業に出席させていただきました。朝から南風が吹き、商工会青年部の2間凧と100畳敷きの凧が大空高く揚がりました。
      クリックすると元のサイズで表示します
画像は青年部の「団結」2間凧、このあと掲揚されました。

      
携帯の動画なので画質は落ちますが見てください!犬と遊んでいるのが長女と長男です。

2008/5/3 | 投稿者: kyomen

 午前中はホームセンターへ行き、家庭菜園用の苗を購入。毎年、庭の1.5坪ほどの畑で収穫を楽しんでいます。害虫にやられたり病気になったりと収穫まで楽しめます。(ほったらかしですが)

 午後は立野台連合自治会の第2回理事会議に出席しました。主な議題は、「立野台公園まつりについて」でした。概要説明の後の質疑では、各単一自治会が抱えている問題など多く討議されました。「自治会離れが深刻な問題」、「役員になる年に退会する会員がいた」、「公園まつり広報誌の配布方法について、自治会未加入世帯への対応」など様々な問題点が討議されました。継続審議となりましたが・・・

 会議終了後、立野台下自治会の防災倉庫へ行き、軽可搬ポンブの点検、エンジン一発始動を確認。(前回の防災訓練時に始動できず消火班に迷惑をかけたため月2回〜3回点検)




AutoPage最新お知らせ