Google
2008/6/18 | 投稿者: 京免

犯罪情報(振込め詐欺)
振込め詐欺の被害が増加しています。振込め詐欺は6月18日現在21件発生しており、特に還付金詐欺が多発しています。犯人は市役所、社会保険事務所、税務署職員等を名乗り、年金、医療費、税金等を返還すると言ってきます☆市役所、社会保険事務所、税務署等職員を名乗る者からATM機を操作して欲しいと電話があった際は、直接部署等に確認するか、警察にご相談ください。お問い合わせは、座間警察署生活安全課まで。電話・FAX 046-256-0110

担当部署 : 安全対策課
電話番号 : 046-252-8158

2008/6/17 | 投稿者: kyomen

 今朝は座間駅東口で駅立ちと思い一番乗り。しかし甘かった!車を駐車場に移動中、他議員に陣取られてしまいました。私は無所属として活動していますから政党ののぼりを立てられると同じ党員に見られてしまうので西口に移動しました。移動しなくてもと思いましたが、ある方から間違えられちゃうよ!と指摘されましたので!しばらくすると遠藤みきお氏も登場。
 7時45分頃から入谷小学校の生徒が通学で通ります。最近はみんな元気が良く挨拶が返ってきます。多少ではありますが座間駅で駅立ちでの児童生徒への声掛けが効果でてきたかな?座間高校生も最近は挨拶が返ってくるような?・・・気もします。座間高校OBの伊田議員がいるときは返事が良い!かな?
 8時30分まで遠藤みきお氏と一緒に駅頭挨拶を行いました。
 その後いったん事務所に戻り仕事の打ち合わせを済ませ、役所ロータリーへ!
立野台公園の菖蒲の会と芹沢公園の菖蒲の会の方たちが今日は「横須賀市立しょうぶ園」へ視察をするとの事で、私も同行する予定でした。会員の方からは随行しないの?との声をいただきましたが、所用が有りお見送りに来ましたと伝え、あとは会派の先輩議員である小川議員(芹沢公園菖蒲の会)にお願いしました。
 その後は特別養護老人ホーム『ベルホーム』の施設長との面談をしました。座間市の老人福祉行政の問題点などについてお聞きしました。ただいまの時間は12時です。

2008/6/16 | 投稿者: kyomen

 今日の駅立ちは、座間駅に行くと既に他の議員が陣取っていました。以前は駅立ちをしていなかった方も9月が近づくにつれて市民への露出を考え、駅立ちをする回数が増えてきているようです。私は、座間駅利用者の通行の邪魔になることも考え、今日は、さがみ野駅で行いました。幸いにして他の方はいませんでしたので多くの方とお会いし短く会話もできました。その後は、仕事の打ち合わせ。
 今の時間は1時30分、今日は我が家が静まり返っている、そうだ!今日は嫁さんが友人家族何軒かと、我が家の子供3人引連れて東京ディズニーランドに行ってるんだ〜と、今頃思い出した。

2008/6/15 | 投稿者: kyomen

 今日は、1時30分より立野台コミュニティーセンター管理運営委員会の役員会に参加、その後2時から、第2回立野台コミュニティーセンター管理運営委員会と同時刻2時から連合自治会の理事会が立野台コミュニティーセンターで開催されており出席しました。
 管理運営委員会委員長さんの挨拶の中でコミセン運営の報告がありましたが、職員の新規雇用の問題や、休館日などの対応として(子供たちの安全面)について話をされていました。
 具体的な内容は、最近、中学生のマナーの悪さが目に付く、夏休みが心配、事故など間違いがおきないか心配している。コミセンは休館日が月曜日だが園庭で遊んでいたり、休館日の職員は学童保育の職員しかいない。月曜日は学校のクラブ活動が無い日となっていて、一般の子ども、学童保育利用者ではない子どもたちの行き場の問題が有るようだ。と問題点を述べられていました。学童保育の職員さんからは、見かけたら必ず声をかけている。声かけが大事と思っている、悪いことを見かけたら声をかけてくださいと委員会の参加者へも求めていました。
 会議中にある委員の方から、昔は運営委員会には連合自治会や各自治会の会長が出ていた。今は逆に自治会長さんがコミセンの活動内容を知らないなどの問題が有るようだ、管理運営委員会は行政の下請けでは無い、タウンニュースの記事にも出ていたが、同じような施設は公民館などがある(タウンニュース記事)、公民館は市の直営だから行政的な部分もあるが、紙面記事の様に市民が来館して気持ちよく帰ること、顧客満足についても考えるべきと意見されていました。
 指定管理者制度により、立野台コミュニティーセンター管理運営委員会に運営委託がされ2年を過ぎ、来年は契約の更新となります。経年劣化などによる修繕費用の問題、職員雇用の問題、事業運営の問題、そして管理運営の問題など管理運営委員会の役員さん委員さんにはご苦労をかけているな〜と参加して感じました。微力ですが役に立てればと思っています。
 立野台地区連合自治会では、立野台公園祭について、防犯パトロール委員会について、市民レクレーション立野台地区大会案について、防災組織リーダー研修会について協議がされました。
 その後、座間市少女マーチングバンドの練習が行われている座間小学校へ娘を迎えに行き、楽器車への機材積み込み手伝いを終え、家へ娘を送り、その後、遠藤みきお氏に関係する会議に参加、遠藤氏とも、会議終了後、今後について話し合いました。
昨年の統一地方選、県議の選挙の時と違い、自分自身の市議会議員選挙があり、市長選挙については十分な活動ができないので遠藤氏には申し訳ないと思っていますが、残された3か月間は精一杯全力で情熱的に活動することしかないと思っています。

 今日は消防団の器具点検日でしたが出席できませんでした。
 父の日でもあった…

2008/6/14 | 投稿者: kyomen

岩手・宮城震度6強 余震なお起きる可能性 2008年6月14日 朝日夕刊
http://www.asahi.com/national/update/0614/TKY200806140036.html 14日午前8時43分ごろ、岩手県の南部を震源とする強い地震があった。気象庁によると、地震の深さは約10キロ、規模はマグニチュード7.0と推定される。
 各地の震度は次の通り。
 【震度6強】岩手県奥州市、宮城県栗原市
 【6弱】宮城県大崎市
 【5強】岩手県北上市、一関市、平泉町、宮城県涌谷町、登米市、美里町、名取市、仙台市宮城野区、同市若林区、利府町、秋田県湯沢市、東成瀬村
 【5弱】岩手県遠野市、藤沢町、西和賀町、宮城県加美町、仙台市青葉区、同市泉区、色麻町、大崎市、仙台空港、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、川崎町、石巻市、大衡村、秋田県横手市、美郷町、大仙市、山形県最上町、福島県新地町
◆余震、十分な注意が必要
 仙台管区気象台は14日午前に記者会見し、「まだまだ大きな余震が起こる可能性がある。十分注意して欲しい」と呼びかけた。
 気象台によると、震源は岩手県内陸南部(北緯39.0、東経140.9)=一関市の深さ約10キロ、マグニチュード(M)7.0。逆断層型の陸のプレート内の断層が動いた地震。10時半現在で、有感の余震は7回確認されている。午前9時20分ごろには同じ震源近くでM5.6、大崎市で最大震度5弱の余震があった。
 今回の震源付近では、1970年10月16日にM6.2の地震が起き、その際の最大震度は4、岩手県と山形県で負傷者6人が出た。

2人死亡、けが人多数…震度6強の岩手・宮城内陸地震 2008年6月14日 
読売夕刊 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080614-OYT1T00216.htm
 14日午前8時43分ごろ、岩手県南部を震源とする強い地震があり、同県奥州市と宮城県栗原市で震度6強、同県大崎市で6弱を記録した。
 秋田県湯沢市、仙台市宮城野区などでも5強を記録するなど、東北から関東の広い範囲で強い揺れを観測した。北海道や北陸地方でも揺れを観測した。
 読売新聞のまとめによると、午前11時現在、この地震で2人が死亡、少なくとも38人がけがをした。
 気象庁によると、震源の深さは約10キロ、マグニチュードは7・0と推定される。同庁は東北地方で強い揺れの恐れがあるとして、発生とほぼ同時に緊急地震速報を流した。
 同庁は今回の地震を「岩手・宮城内陸地震」と命名、午前10時半から記者会見した横田崇・地震津波監視課長は「今後も活発な活動をする可能性がある。余震でがけ崩れや家屋の倒壊など、被害が拡大する可能性がある」として警戒を呼びかけた。同庁によると、午前11時現在で震度1以上を観測した余震は70回。
 この地震で、福島県いわき市小浜町の堤防で磯釣りをしていた同市勿来町、会社員石井道隆さん(55)が土砂崩れに巻き込まれて死亡、岩手県一関市東山町松川では地震に驚いて自宅前の道路に飛び出した千葉友三さん(60)がトラックにはねられて、死亡した。
 同県奥州市の水沢消防署などによると、市内の胆沢(いさわ)ダム工事現場で落石を受けた作業員が心肺停止状態になっている。
 また、警察庁によると、石淵ダム付近で17人乗りの観光バスが崩れた土砂に出入り口をふさがれて動けなくなっている。自力で脱出した乗客によると、道路から50メートル下にずり落ちたという。
 宮城県名取市消防本部によると、同市内を走っていたバスが大きく揺れ、乗客20人がけが、うち3人が重傷。各地でけが人が出ている。
 岩手県警によると、一関市厳美(げんび)町で家屋が倒壊、同市須川地区で大規模な土砂の崩落が確認された。同県金ヶ崎町の複数世帯で水道管が破裂している。
 同県奥州市江刺区内の「市立玉里保育所」では玄関ホールのガラス3枚が割れて落下、室内にいた園児6人と保育士1人が頭などにけがをして、病院に搬送されるなど、計12人が病院に搬送された。また、同市内では民家計10軒で、暖房用などの灯油を備蓄するタンクが転倒して、消防車が出動しているという。
 気象庁によると、今回の震源付近で震度5以上を観測したのは、1996年8月11日に発生したマグニチュード5・8の地震以来。宮城県栗原市で震度5を観測している。岩手県と宮城県で震度5弱以上を観測したのは、2005年8月16日の宮城県沖地震(マグニチュード7・2)以来。
 JR東日本によると、午前10時半現在、東北、秋田、山形の各新幹線は、点検のため全線で運転を見合わせている。東北新幹線は、仙台―古川間で上下各1本、一ノ関―水沢江刺間で上り1本が停車し、乗客計2000人を避難誘導する予定。石巻線、陸羽東線などの在来線も午前10時半現在、点検のため運転を中止した。
 日本道路交通情報センターによると、午前11時現在、高速道路での事故などの情報は入っていないが、東北道白石IC(宮城県)―花巻IC(岩手県)、秋田道北上ジャンクション(同)―横手IC(秋田県)、山形道村田ジャンクション(宮城県)―山形蔵王IC(山形県)などで上下線とも通行止めになっている。

土砂で埋まる渓谷、なぎ倒された大木…岩手・一関 2008年6月14日 読売夕刊
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080614-2892868/news/20080614-OYT1T00360.htm
 地震発生から3時間後の14日正午前、本社ヘリで震源地に近い岩手県一関市内に入った。
 青々とした水田の先に、土砂崩れのため渓谷がまるごと埋まった光景が目に飛び込んできた。
 同県の南西部から北上川に合流する磐井川。土砂崩れは100メートル以上に渡って起きていて、幅10メートルほどのそれほど大きくない川をせき止めている。川に流れ込んだ土砂の高さは高いところで5メートルほどあり、上流部分は水がたまって、小さなせき止め湖も出来ていた。
 土砂崩れが起きた山の斜面は、赤茶けた土が削り取られたように崩落して、青々とした大木が100本以上、なぎ倒されている。
 川の水面からは、直径10メートル近くの岩石が、ごつごつとのぞく。その上流にあるダム湖にも、周囲の山から大量の土砂が崩れて流入し、茶色くにごったままの水の色が、山間部を襲った今回の地震の大きさを物語っていた。

以上、主な報道ですが。
速やかな支援を望むばかりであります。




AutoPage最新お知らせ