Google
2008/7/28 | 投稿者: kyomen

 28日の駅頭活動は相武台駅南口の予定でしたが座間駅に移動し行いました。その後は支援をいただいている方のところへ挨拶まわり、午後7時より、キャンプ座間米陸軍第一軍団司令部等移転に伴う基地強化に反対する座間市連絡協議会の第1回臨時総会があり出席しました。内容については、続きを読むで参照していただけます。
 総会では会長である星野勝司市長が経緯につて説明、その後は質疑、意見などが出席者より出されました。
内容については報道などでご存じかと思いますが参考までに掲載します。

【追 記】
神奈川新聞記事より
座間市が事実上容認/キャンプ座間米軍再編計画
• 在日米軍・防衛
• 2008/07/28
 防衛省は二十八日、米軍再編で新司令部が発足した在日米陸軍キャンプ座間(座間、相模原市)に関し、基地の恒久化解消策として、国と座間市の間で負担軽減を話し合う常設の協議機関設置を市側に提案した。市や市議、自治会でつくる「基地強化に反対する座間市連絡協議会」(会長・星野勝司市長)は同日の総会で提案を了承し、市連絡協議会の解散も決定。座間市側は事実上、米軍再編計画の容認に転じた。

 同省によると、同様の協議機関の常設は沖縄県を除き初めて。同省南関東防衛局の斉藤敏夫局長が「最大かつ最終的な回答」として星野市長らに示した。

 新設の協議機関は「キャンプ座間に関する協議会」。一九七一年、横浜防衛施設局長と座間町長が交わした覚書の「基地縮小に最大限努力する」との趣旨に基づき、米軍再編に伴う負担軽減などを協議する。代表幹事会を年一回開き、同省は地方協力局長と南関東防衛局長が出席し、市側は市長がメンバーになる見込み。実務レベルの幹事会は年四回開催し継続的に交渉や情報提供を行うという。

 星野市長は「協議機関設置でこれまでの要望とは違い、交渉権が確立できる」と提案を評価した。

 出席者からは保守系市議を中心に「交渉しなければ始まらない。拒む理由はない」と賛同の声が上がる一方、「なぜ提案に対する回答を急ぐのか」「実効性が担保されているのか」といった反対意見も出た。総会での採決を経て同省の提案を了承した。

 松沢成文知事は「国と市の間で話し合いの枠組みができることは望ましい」とのコメントを出した。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ