Google
2010/1/28 | 投稿者: kyomen

 報道を見ていると民主党の議員の発言や政策にはビックリというか、あきれてしまう。
産経新聞の記事にも書かれているが、平野博文官房長官の27日の記者会見の内容についてもそうだが、この政権はこの国の体制を崩壊させるつもりなのかと思う。

以下は産経新聞記事より。
「外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」
 平野博文官房長官は27日の記者会見で、政府が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を検討していることに対し、都道府県知事や地方議会から反対表明や反対決議採択が相次いでいることについて「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、この問題とは根本的に違う問題だ」と述べた。参政権付与法案提出は、地方自治体の意見に左右されないとの見解を示したものだ。
 民主党は昨年の衆院選の政権公約(マニフェスト)で「地方主権」の確立を掲げているが、平野氏は「(この問題)地方主権の考え方とはまったく違う」と指摘。その上で「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と主張した。

 はぁ〜?何なんだ?この政権は?まったく地方を無視している。今に始まった事ではないが、一連の行動・発言を聞いていてツッコミどころが多過ぎて今まで書かなかったが、あまりにも地方自治体、国民を馬鹿にしていると思う。理想ばかりで現実を見ていない。いや理想は言葉がよすぎる!『妄想』に訂正しよう。この「外国人地方参政権」の問題にしてもしっかりと審議するべきと思う。住民の権利として与えるべきとの主張も分からない訳ではないが、国家の主権・独立を脅かしかねない重大問題を十分な議論なしに進めようとする新政権にはあきれるばかりだ。国会の多数決で片づける話ではないと思う。

 昨年の第4回定例会で、この外国人地方参政権問題について私の所属する会派から「永住外国人への地方参政(選挙)権付与の法制化について慎重審議を強く求める意見書」を提案したが、なぜか賛成少数で不採択(賛成:政和会 7 反対:共産、公明、ネット、市政、市連、安斉議員)となってしまった。おいおい本当に良いのかよ!な結果でした。また、政和会では、この意見書の他6議案を提案した。結果はココをクリック。その中の「選択的夫婦別姓制度導入に反対する意見書」についても賛成少数で否決されたが、これもおいおい本当に良いのかよ!な結果でした。(賛成:政和会 7反対:共産、公明、ネット、市連、安斉  退席:市政)


2010/1/13 | 投稿者: 京免

忍び込みが発生!
1月12日の深夜、西栗原1丁目において、家人の就寝中に侵入され金品が盗まれるという忍び込みが発生しました。犯人は無戸締りのリビング窓から侵入しています。☆防犯対策 就寝前には必ず戸締りをしましょう。玉砂利などを敷地内に敷き、上を歩くと音が出るようにする。センサーライトを取り付ける。玄関扉や窓に補助錠を設置する。問合せ先:座間警察署生活安全課 電話・FAX 046-256-0110
担当部署 : 安全対策課




AutoPage最新お知らせ