Google
2011/4/17 | 投稿者: kyomen

頑張ろう東北!座間市民有志の会Eの続きです。

 女川町は壊滅的被害でした。以下は次の目的地である「法山寺幼稚園」までの光景です。
クリックすると元のサイズで表示します

 横倒しになったビル。

クリックすると元のサイズで表示します

 画面中央には日本国旗が掲揚されている。私には願いが込められているように見えた。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 満潮時は道路が冠水する。

クリックすると元のサイズで表示します

 給水車で活動する自衛隊員。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 大形トラックも無残な姿に。このような光景が永遠と続く。

クリックすると元のサイズで表示します

 
クリックすると元のサイズで表示します

 家屋や店舗も無残な状況。


大きな地図で見る

 目的地の「法山寺幼稚園」に発災直後に入った、海老名市で現在消防団の分団長をされている住職さんからの情報を友人を介して状況を聞いていました。冠水で孤立した状況が続き、家族も迎えに行けず園児たちを長期間保護していた場所で、食糧の配給もこなかった地域に位置しています。物資については、災害ボランティアの池田君より託されていた子供用下着類を届けてきました。池田君ありがとう!!ここの地域も被害状況は甚大でした。
ブログランキング


ココからもどうぞ!


クリックすると元のサイズで表示します



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2011/4/17 | 投稿者: kyomen

頑張ろう東北!座間市民有志の会Dの続きです。

 女川町に行く目的は、女川第一中学校の阿部一彦先生に物資を届けるためでもありました。出発前の情報収集で以下のような内容を見たからです。
「女川の小・中学校に文房具(ノート、鉛筆、など)が全くないので送ってください。新学期は4月8日ですがこれらはいつでも使えるので沢山あって困るものではありません。皆さん家庭にあるもので結構ですのでご協力お願いします。」私の娘と息子(6年生と3年生)に伝えたところ自分の机をひっくり返して鉛筆、ノート、カバンなど出してきました。子どもたちも被害にあわれた児童生徒に何かしたいと言う気持ちだったのでしょう。翌日には座間市立中原小学校の友達が文房具やカバンを届けに来てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

 女川第一中学校に到着し阿部先生はいらっしゃいますか?表に出てきた先生にお聞きしたところ、「今は授業中ですとの事でした」正直、びっくりしました。このような状況でもちゃんと授業を行っていること。感動しました。持参した子どもたちからの支援物資について応対して下さった先生に説明したところ女川町の小学校児童生徒に渡して下さることとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 女川第2小学校避難所に支援物資を届けに。自衛隊員が中心となり活動されていました。


ブログランキング


ココからもどうぞ!


クリックすると元のサイズで表示します



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2011/4/17 | 投稿者: kyomen

頑張ろう東北!座間市民有志の会Cの続きです。

 石巻市水押2丁目地区を後にして宮城県牡鹿郡女川町に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

 道路脇には押し流されてきた家財道具が積み上げられています。

クリックすると元のサイズで表示します

 トンネルを抜けると想像をはるかに超えた光景が広がります。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

女川町までの光景。あまりにも悲惨な状況を映像や画像でなく自分の目で見て匂いを感じショックで涙がでました。ここまで酷いとは…

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 海に面した平地は無残な状況でした。
 

ブログランキング


ココからもどうぞ!


クリックすると元のサイズで表示します



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2011/4/17 | 投稿者: kyomen

頑張ろう東北!座間市民有志の会Bの続きです。

 石巻市災害ボランティアセンターを後にして石巻市水押地区へむかいました。

大きな地図で見る

 上の地図を大きくして見て頂くと分かると思いますが、沿岸部に比べて被害は軽い地域ですがこの地域も床上浸水の被害を受けています。この地域には食糧を届けに行きました。経緯については依頼者の「みちさんのtwitter」
を見ていただけたらと思いますが、いまだにライフラインは完全復旧しておらず自宅非難されている方々も深刻な状況は依然として変わりなく少しでも支援できればと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

 左から依頼者のみちさん。息子君中学一年生。私。久保さん。みちさん!遠い地からですが応援しています。負けないで!

 
クリックすると元のサイズで表示します

 お届けした野菜。キャベツを提供して下さった地元消防団員で農業と花屋さんを営んる市川くんです。ありがとう!
ブログランキング


ココからもどうぞ!


クリックすると元のサイズで表示します



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2011/4/17 | 投稿者: kyomen

頑張ろう東北!座間市民有志の会Aの続きです。

 蛇田中学校避難所を後にして一路第2の目的地である石巻専修大学5号館に設置されている石巻市災害ボランティアセンターへ向かいました。


クリックすると元のサイズで表示します

 移動すること数分で車窓からはこのような光景が目に飛び込んできました。

クリックすると元のサイズで表示します

 路肩には大量に流されてきた汚泥。

クリックすると元のサイズで表示します

 旧北上川を渡ると目的地はすぐです。

クリックすると元のサイズで表示します

 川を渡り左折すると右手には陸上自衛隊の野営地が設営されています。今、石巻市にはキャンプ座間、座間分屯地から陸上自衛隊第4施設群の部隊が4月10日から派遣されている。現地には、公私共にお世話になっている指令業務室長も入っている。激励、情報交換出来ればと……

クリックすると元のサイズで表示します

 左手には「リサイクル家電」を中心に被災地から大量に運び込まれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

 目的地である石巻専修大学5号館に設置されている石巻市災害ボランティアセンターに到着、支援物資の受付を済ませました。ここでは市内企業・個人の方々から提供いただいた「スコップ、フォーク型スコップ、クワ、一輪車、おむつ、おしりふきを搬入しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 写真、社会福祉法人石巻市社会福祉協議会の大槻英夫常務理事よりセンターの活動内容を聞きました。連日、全国各地から平日でも600人から800人のボランティアの方々がこのセンターに来ているとの事でした。






AutoPage最新お知らせ