Google
2012/4/25 | 投稿者: 座間市議会議員京免康彦

立野台地区自治会連合会が毎月行っている子ども安全パトロールに参加。私からは挨拶の中で危険な場所を発見した​ら伝えて頂くようにお願いしました。これから勤労者サー​ビスセンターの理事会及び評議員会に出席です。

クリックすると元のサイズで表示します

Yasuhiko Kyomen

バナーを作成

2012/4/15 | 投稿者: 座間市議会議員京免康彦

地元自治会自主防災会に配備されている小型ポンプの点検です。今日も一発で始動です。気持ちいい。

クリックすると元のサイズで表示します

Yasuhiko Kyomen

バナーを作成

2012/1/16 | 投稿者: kyomen

昨日は今年も立野台地区連合自治会主催の伝統行事の「どんど焼き」が行われました。朝8時から役員さんと協力してやぐらを組み、10時に火入れ、地域住民の方々が大勢集まり一年の幸を願っていました。この行事も今年で37回目との事で普段外出しない高齢者の方や小さい子供連れの家族、若い世代との交流にも繋がっています。地域の伝統行事としてこれからも継続していきたいですね。 — 場所: 立野台公園

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

Yasuhiko Kyomen

バナーを作成

2008/6/22 | 投稿者: kyomen

 今日はあいにくの雨模様の中でしたが、8時から立野台公園で立野台南自治会の自主防災組織が行っている防災訓練に参加しました。立野台南自治会は会員数330世帯で組織されています。13自治会で組織された立野台地区連合自治会(会員数1340世帯余)のなかでも大きな自治会組織です。今回で4回目の参加でしたが設営から撤収、反省会と参加させていただき、組織運営の問題点など自主防災組織の役員さんから大きな自治会組織ゆえの課題などお聞きすることができました。

 昨年までの訓練では、消防本部からは消防講話、心肺蘇生法、消火器訓練を。自主防災組織の役員さんは可搬ポンプの訓練指導を行っていましたが、今回の防災訓練では、「ざま災害ボランティアネットワーク」の方たちも加わり、座間市の防災対策の課題や問題点について、参加された方たちと意見交換をされていました。

 「ざま災害ボランティアネットワーク」の代表者の方によると、『大和、海老名、綾瀬には純民間ボランティアとしての災害ボランティアネットワークが、現在、組織されていて、ボランティア、行政、社協が協働して防災活動を行っているが、残念ながら座間市には組織が見えない。大規模災害が起きた時には現組織では困難と思う、行政の市の防災計画の中には発災があった場合の災害対策組織が描かれている。しかし、現在4名の安全対策課員は本部要員として、県や国との連絡、調整業務にかかりきりになり、市民に対する対応が出来ないと考える。座間市の計画にはその点が見えていないように感じる。となれば、ボランティア団体がその空白を埋めてゆかなければならない。私たちは座間社会福祉協議会さんを中心にボランティアが共に連携して活動をしてゆきたいと考える。自分たちで出来ることは自前でやってゆこうと思っている。また、この力を、他の団体に、行政に対してもお手伝いできることがあれば協力させていただきたいと思っている。私たちは、行政が出来ない部分を市民ボランティアとして協力したい。』以上が代表の方のお話です。

 私も何らかの形でお手伝いができればと考えています。
クリックすると元のサイズで表示します



2008/6/15 | 投稿者: kyomen

 今日は、1時30分より立野台コミュニティーセンター管理運営委員会の役員会に参加、その後2時から、第2回立野台コミュニティーセンター管理運営委員会と同時刻2時から連合自治会の理事会が立野台コミュニティーセンターで開催されており出席しました。
 管理運営委員会委員長さんの挨拶の中でコミセン運営の報告がありましたが、職員の新規雇用の問題や、休館日などの対応として(子供たちの安全面)について話をされていました。
 具体的な内容は、最近、中学生のマナーの悪さが目に付く、夏休みが心配、事故など間違いがおきないか心配している。コミセンは休館日が月曜日だが園庭で遊んでいたり、休館日の職員は学童保育の職員しかいない。月曜日は学校のクラブ活動が無い日となっていて、一般の子ども、学童保育利用者ではない子どもたちの行き場の問題が有るようだ。と問題点を述べられていました。学童保育の職員さんからは、見かけたら必ず声をかけている。声かけが大事と思っている、悪いことを見かけたら声をかけてくださいと委員会の参加者へも求めていました。
 会議中にある委員の方から、昔は運営委員会には連合自治会や各自治会の会長が出ていた。今は逆に自治会長さんがコミセンの活動内容を知らないなどの問題が有るようだ、管理運営委員会は行政の下請けでは無い、タウンニュースの記事にも出ていたが、同じような施設は公民館などがある(タウンニュース記事)、公民館は市の直営だから行政的な部分もあるが、紙面記事の様に市民が来館して気持ちよく帰ること、顧客満足についても考えるべきと意見されていました。
 指定管理者制度により、立野台コミュニティーセンター管理運営委員会に運営委託がされ2年を過ぎ、来年は契約の更新となります。経年劣化などによる修繕費用の問題、職員雇用の問題、事業運営の問題、そして管理運営の問題など管理運営委員会の役員さん委員さんにはご苦労をかけているな〜と参加して感じました。微力ですが役に立てればと思っています。
 立野台地区連合自治会では、立野台公園祭について、防犯パトロール委員会について、市民レクレーション立野台地区大会案について、防災組織リーダー研修会について協議がされました。
 その後、座間市少女マーチングバンドの練習が行われている座間小学校へ娘を迎えに行き、楽器車への機材積み込み手伝いを終え、家へ娘を送り、その後、遠藤みきお氏に関係する会議に参加、遠藤氏とも、会議終了後、今後について話し合いました。
昨年の統一地方選、県議の選挙の時と違い、自分自身の市議会議員選挙があり、市長選挙については十分な活動ができないので遠藤氏には申し訳ないと思っていますが、残された3か月間は精一杯全力で情熱的に活動することしかないと思っています。

 今日は消防団の器具点検日でしたが出席できませんでした。
 父の日でもあった…




AutoPage最新お知らせ