奈良  

朝は七時過ぎに起床。ここでは朝風呂が出来たので、まずはお風呂へ。体を温めた後に朝ご飯をお腹へ入れて出発!

先ずはステップ君で東大寺へ。東大寺といっても奈良公園内にありますのでシカちゃんがいます。朝からシカちゃんは元気で観光客にシカ煎餅をねだってました。そこで関心したのですが、シカちゃんは観光客にはせんべいをねだるくせにお店に並んでいるシカ煎餅には、手を出さないのです。しつけをしたのかなんなのか!?

なんて事を考えながら東大寺へ。先ずは門の両側にいる不動明王を見ました。ん〜この不動明王だけでも凄いですね。大きいですから!
そしていよいよ大仏殿へ。ここも修学旅行以来二回目ですので、自分は大きさにはそこまで驚きませんでした。しか〜し、初めてみる彼女は空いた口が塞がらないって感じで固まってましたね。本当に大きいですからそうなる事も仕方ありません。そして大仏様の周りを半分とちょっと回った所で面白い物を発見!!!
大仏殿の柱の根本に穴が開いています。四角く穴が開いていたのですが、一変が60センチ〜70センチくらいでしょうか!?そこを潜り抜けられると良い事があるというのです!そこでスマートな自分はチャレンジ。まぁ結果は余裕でくぐり抜けられました。すると海外からの観光客の中の一人の体格の良い女性がチャレンジ。ん〜厳しいんじゃないと思ったのですが、なんとかくぐり抜けられました。そこで彼女にもチャレンジさせました!するとなんなくクリア!!!この穴って視覚では凄く狭く感じますがけっこう通れるのです。視覚にとらわれるなって事なのでしょか!?くぐり抜けられた人には(自分たち)にはきっと良い事があるでしょう!
クリックすると元のサイズで表示します

次は奈良公園を散歩しながら一つ(名前を忘れてしまった)寺を見て、春日大社へ。春日大社ではなんと結婚式をしていました。もちろん春日大社での結婚式ですから男の人は偉い人の格好で、女の人は白無垢です。ん〜こういう有名な所で結婚式、いいですねぇ〜。
奈良公園最後にシカちゃんに煎餅をあげました。するとシカちゃん群がる群がる。そのなかのシカちゃんで自分たちの尻い頭突きしてきた奴がいました。ん〜シカちゃん同士でもケンカしてたし、やっぱり野生なのねと思いました。

予定では平等院で帰宅のはずでしたが、時間があったのでTWを下ろしバイクにて法隆寺へ行く事にしました。駐車場でバイクを下ろすときには駐車場のおじちゃんは
「なんだ〜!?」って顔してましたね。

そんなこんなで奈良公園から30分ぐらいで法隆寺へ。法隆寺は日本最初の世界遺産です。しかも寺自体が世界遺産ですから凄いお寺な訳です。
法隆寺での参拝は券を買うと中をぐるっと回れるようになっています。ですので参拝にも体力がけっこういります。日本最古の木造建築ですから今までにはない建築の仕方に雰囲気も今までよりもさらに落ち着いた感じがありました。法隆寺の博物館のような中には飛鳥時代の仏像が多数安置されています。飛鳥時代ですからね〜、凄い長い年月をくぐり抜けてきてるのですね。見ただけでも感動を覚えました。
帰り際に参道のお店で「梅とろろそば」を頂きました。このお店は値段は高いのですが、おいしいそばを食べてくださいって看板に書いてあったので食べてみる事にしました。味はサイコーでした。本当においしかった。京都、奈良に来てからそばを沢山食べましたがここのそばが一番おいしかったです!

いよいよこの旅も最後の地、平等院鳳凰堂です。
平等院は奈良とも京都とも離れています。なんで平等院だけこんな所にあるのだろうと思うぐらいです。自分もここは初めてなので、楽しみにしていました!10円玉ですっごく有名ですからね。車はなんと路上駐車!だって10台ぐらい止まってるから平気かなと思ってしまった。そして拝観料を払い中へ!いきなり平等院がおでむかえしてくれました。しか〜し、うちらの二人の反応は冷ややかでした。なぜかって?思ったほど大きくなかったのです。平等院て小さいのね。それに狭かった。。。ん〜確かに美しいんだけど、今まで見てきたものが凄すぎたかな。そして博物館のような所へ。そこでここの平等院の凄さがわかりました。平等院は装飾が凄かったのですね!調査によって再現された映像を見たのですが綺麗で綺麗で何とも言えない迫力を持っていました。しかも今でも面影は見ることができ、博物館にはその面影がわかる品物と、平等院の名前にもある鳳凰が展示されていました。今の平等院鳳凰堂に上に乗っている鳳凰は最初からのものではなくレプリカで最初のものは博物館の中にありました。その鳳凰はと言うと、これだけでも十分というぐらいの存在感をしてしていました。お尻の羽は一本一本がビスで体にとめられており顔も凛々しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
参拝も終わり、外に出て売店にて抹茶のソフトクリームを持って隣を流れている川へ。やっぱり水はすっごく綺麗で推進2メーターぐらいまでは底が見えてました。するとなんとルアーを投げている人発見!ここにもバスがいるそうです。ん〜琵琶湖でも思ったけどこんな綺麗な水に住んでいるバスは綺麗なんだろうな。しかもここの川は流れがかなり急だったので引きも良いんだろうなと思いながら眺めてましたとさ。

そしてついに京都、奈良の旅は終わりを迎えました。帰り際にスポーツショップによって彼女はスカッシュシューズとスニーカーを買いました。

その後は高速へ。この時六時ぐらいだったかな!?途中までは来た道を帰るつもりでしたが途中である案を思いついた。来る時は東名を走破したので帰りは中央を走破しようと考えた!って事で途中から中央へ。
それが吉とあたりなんと八王子に12時前にはついてしまいました。12時以降にジャンクションを通らないとETC割引を受けられないので少し時間を潰してから通過。首都高もすいていたので川口のドンキで買い物をしても2時前には家に到着。疲れて片付けもせず。寝ましたとさ。
0




AutoPage最新お知らせ