桶川  

桶川スポーツランドへ一日行ってきました!

今日はなんとN-PLAN社長が見に来てくれた。

都度、マフラーテストなどなどのテストをさせてもらっていますが、社長が現場に来るのは珍しいのです。

まずはマフラーテスト。
トルク型と伸び型をテスト。

4stは走り終わった後にマフラー取るのは大変な事。
熱がすごい!
熱い熱い!

油温で90℃超えてますから、エンジンは何℃!?みたいな。

NSFノーマルなんて油温130℃とかだからやばいですよ。

今日は社長が取り替えてくれるので楽チン。

クリックすると元のサイズで表示します

トルク型・伸び型、どちらにするか迷った感もありましたが、トルク型を選択。
自分のように大きいライダーはトルクがないと戦えないと考えました。。。

でも、この二つのマフラーはそんなに変わらなかったなぁ。
社長は

「はっきりしてくれないとテストにならん!」

と言いたいのが、顔色で読めてしまった感じがした。

そのぐらい、差がなかったです。


次に、トルク型マフラーにちょっとした細工をしたから乗ってみてと。

「ハッキリ答えが出たら戻って来て!」

と言われてしまいました。

これが凄く乗りやすくなった。
現状で使っている回転は7000〜11000回転ぐらい。

この細工で9000〜10000回転の吹けが明らかに良くなった!
体感はけっこう凄かったです。

タイムもコンマ3ぐらい上がりました。


これでマフラーテスト終了。

次はキャブセット。

開け始めのツキを求めてエアースクリューで調整して、方向を見てからニードルをいじってみた。

これが失敗。。。

エンジンが回らない。
数周してピットイン。

状況を説明して、ニードルを戻す事にしました。

でも、せっかくなら!と濃くしてみた。

そしたら、さっきよりは走るけど元々が一番いいかな。

結果、ニードルは元に戻してエアスクリューだけ変更した状態が一番良かったです。

これでテストは終了。

社長からは
1.「バイクのピッチングが大きいなぁ。」
↑はバイク自体のポジションが問題だから、どうにもならない。
ただ、リアサスの仕様変更でなんとかなるかな?との事。

2.「最終が遅すぎる。。。」
↑は自分が攻略しきれていない。。。

ガラガラヘビ進入までの前半セクションは問題ないのですが、ガラガラ蛇に侵入してから最終の立ち上がりまでが、超遅いんです。

ラインが良くわからず、どうしてもバイクを前に進められない。

午後も、これだけを課題に走りました。

でも、何回通ってもよくわからないなぁ。。。


土曜日もガラガラヘビ〜最終までに集中して走るつもりです。

自分のようなライダーでも、しっかり話を聞いてくれてテストさせてくれるN-PLAN社長に感謝です。


N-PLANは進化していますよ〜と、今日も人気ブログランキングアップにご協力お願いしま〜す!
下記をクリックおねがいします!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ