レギュレーション  

レギュレーション。
これはレースをしていると必ず付いてまわる言葉。

レースはモータースポーツなのですから、スポーツなんです。
当たり前のことを言ってみました。

ただ、この当たり前が最近は難しい時期に来ていますね。

ミニバイクもレース車両が2st→4stへ移行しつつあります。
2stは10年以上ほぼ数機種(NSR・NS50・TZMがメイン)に絞られた中でのレースとなっていました。

ですから、レギュレーションもある程度浸透しており、故意に違反しない限りはレギュレーション違反はなかったように思います。

ですが、4stになりレギュレーション違反が多いみたいです。

故意の違反は論外として、4stでは知らないで行った事がレギュレーションに接触している場合が多いのではないかと思います。

難しいのがサーキット毎(主催者様毎)に微妙にレギュレーションが違うってこと。
僕も早くある程度同じレギュレーションになって欲しいと思っています。

でもね、レギュレーションはレギュレーションです。
どんな小さな事であれ、ルールはルール。
最初に書いた通り、レースもスポーツですからルールがないと競えない。

知らなかったからで済む問題ではないですよね。

サッカーで手でボールを持ってしまったとして
「知らなかったから」
と言っても誰も認めてくれないでしょ。

今は変革期
主催者側だって、きっとレギュレーションには悩んでいると思います。

どこまでで規制したら良いか、レース後の車検はどうするのかなどなど、2stのようには行かないから主催者だって大変だと思います。

主催者だってわからない事はある。

だから、シーズン中にレギュレーションが変わる事がも出てきます。
シーズンを通して参加しているレースでもレース前にはホームページなどで、チェックすると良いのではないでしょうか。

それだけ悩んで作っているレギュレーションですから、参加者はルールブックを良く読んでホームページ等でも確認して、レギュレーションを順守しましょう。

せっかく入賞したのに、レギュレーション違反で車検落ちなんて悲しいですよね。

ルールを守って気持ち良く走りましょう!



みんなで気持ち良く走ろう!と僕に1票をお願いしま〜す!
都合のいいように言ってすみません。。。
下記をクリック!人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ