カッコいいな!  

素直にカッコいい!ストーナー選手の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

コーナーの立ち上がりどっちなの!?

って思うほどバイクが横を向いているのに対して、芸術的なカウンター。

そして攻撃的なんだけど、リラックスしている感じもする体の使い方。


昔、自分がバイクレースを始めた頃に「サーフ・ザ・アスファルト」

って書いてある白黒のステッカーが売っていてカッコいい絵だなぁ〜なんて思った事があったんです。

そのステッカーは買いました。

「アルパインスター」のステッカーでカッコよくて買った(今もどこかにあるはず)のですが後で知った事は、それは絵ではなくミック・ドゥーハン選手のコーナリングを白黒にしただけだった事を、ふと見たアルパインスターのポスターで知ってビックリした事があります。

ミニバイクではこんなコーナーリングって有り得ない!?のかも知れませんので、ただただカッコいいなぁ〜と思うだけですが、こんなコーナーリングしている最中ってどんな感覚なんどろうなぁ〜とか考えてしまいます。

もちろん出来る訳もないので完全な妄想ですが、バイクも絵になるスポーツだと思う一瞬です。

芸術のような絵になるスポーツって大好きです!


出来ないけど、サーフィンなんて最高に絵になりますよね!


小城塾長、いつかはサーフィン連れてって!!!

どさくさにまぎれて言ってみました。


人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

イグニッションコイル  

SP100を始めてから、お世話になっているPOSHのイグニッションコイル。

小城塾長に
「これは良いから使った方が良いぞ!」
と言われ使ってみました。

そしたらまずはエンジンがかかりやすくなった。

TM26を使ってからCR-miniに比べてエンジンがかかりずらくなっていましたが、このコイルで解消!

走り出すと下のトルクが増していてイグニッションコイルの火花が強くなったからしっかりと燃えているんだなと実感出来ました!

今まではRS125用を使っていましたが、これからはPOSHを使いたいなと思いました。


クリックすると元のサイズで表示します


現在ランキング34位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

レッドブル・レーシング  

F1レッドブル・レーシングチーム。

2011シーズン最強のチーム。

そのレッドブル・レーシングチームがベルギーGPでピレリの推進限界を超えたキャンバーセッティングを行い、タイヤが危険な状態まで痛んだから決勝レース前に安全の為にタイヤを変えさせて欲しいと要望した事が波紋をよんでいるみたいですね。

色々な意見を言う方がいますが、その中には

・安全を考えずにタイムを優先させるのは間違っている。
・エルドリアン ニューエイはいつも危険な車を造り危険な領域でドライバーを犠牲にする

とかとか。

レギュレーションでQ3のベストタイムをマークしたタイヤで決勝をスタートしなければならないという決まりがあるにも関わらずタイヤを交換させて欲しいと言ったレッドブルには同感は出来ませんが、タイヤのキャンバーはピレリが推進しているだけでレギュレーションで決まっている訳ではないみたいだからチームとドライバーの考え方次第な訳で周りがどうこう言う問題ではないんじゃないかなと思います。

確かにタイヤがバーストしたりして周りを巻き込んだクラッシュになったらどうするのだという考えはその通りですが、F1はあくまでレースな訳で速くなければならない。

安全<スピードは間違っているという意見もわかりますが、F1は趣味ではなく興業であり勝たなければチームやドライバーに次はない。

チームは負ければスポンサーはつかないし有能なドライバーは他のチームに行ってしまう。

そしてなんだかんだ言ってもファンは減ってしまい、最終的にはF1というレースが衰退してしまう。

レースはスピードの極限に挑んでいるのだから、どこまでいっても危険。

そのスピードの極限の戦いに魅力がありファンは見たいと思うのでしょ。


自分としては無理なキャンバーはブリスターをうむから危ないと言うのならば主催者側がレギュレーションで規制するべきだと思う。

でなければスピードを求めるのがレーシングチームなのだから危険をおかすチームが出るのが普通な考えであり、あまりまえだと思う。

レースはスピードが出るから危険!

そのスピードはモータースポーツでは資金がある程度スピードに繋がっている。

だから速く走る為の資金を得るにはリザルトを出してスポンサーをアピールしなければならない。

だからレギュレーション内で危険をおかす。


落ち着いて考えれば300キロを超えるスピードの戦いをしようという段階で超危険なんだからその中で出来る限り危険を避けるにはレギュレーションで縛るしかないと思うのは自分だけじゃないと思いたい今日でした。


現在ランキング34位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

あとりえS  

今日の休みはあっちへこっちへ。

まずはステップワゴンを車検に出す為に、いつもお世話になっている加須の車屋さんへ。

代車のデミオに乗り換えてから、千葉へ下道走って行きます。


加須→千葉への下道は2時間半かかりました。。。


目的地は「あとりえS」。

あとりえSはスキーショップで去年のシーズン終わりに買った新しいブーツに入れるインソールを作りに行ってきました。

いままでシダスというメーカーのインソールは何枚も作ってきましたが今回ほど丁寧に作ってくれたのは初めて!

立ち位置と滑りの癖などをカウンセリングしてもらい、足の加重点や動きの癖などを見てもらってから、シダスによる癖の抑制が出来るようなインソールを作ってくれました。

ブーツに入れみると全く違和感がない!!!

あれだけ矯正しているのに違和感がないのにはビックリしました!

クリックすると元のサイズで表示します

ここで疑問をぶつけてみた。

シダスなどのインソールはバイクには効かないのか!?

答えは

「絶対に良いはずだよ!今までに競艇選手などのインソールは作った事があるし、4輪のドライバー、特にF1などはみな入っているんだよ。」

と。

勢いでバイクブーツ用も作ってもらっちゃおうかとも思ったけど、バイクブーツ持ってきていないし取りあえずスキー用を使ってみてとの事だったので、バイクブーツに入るようならば今回スキー用に作ったシダスでテストしてみたいと思います。

バイクレースではインソールを作っている方は聞いたことありませんが、バイクもスキーも体の癖は一緒で左コーナーが弱いので矯正インソールが効くような気がします!


また1つ使ってみたいモノが増えました!


現在ランキング34位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

リンクスをおえて  

2011シーズンモトピクニックを戦いおえての感想。

シーズン前半は本当に苦労しました。

NSFが何をしてもタイムを出せずに普通に走ると40秒を切れない…

攻めてやっと39秒台に入るという不甲斐なさ。

NSFにつられて!?NSRも調子を崩し2戦と3戦はぐだぐたに。

※開幕戦は震災で中止。

悩みを解消してくれたのは師匠でした。

「前にもタイチはそんな事があったじゃん!フレーム変えてみようよ」

その言葉で、そっか!!!と思いすぐにフレームを購入。

新品フレームにスイングアームで走ってみると、これだー!と悩みは一気に解消。

4戦から調子を取り戻す為にNSRもノーマルにエントリー。

重ねて昔を思い出して京葉に練習に。

すると調子が上がらないのはセットが出来ていないと痛感させられ京葉にてマシンと向き合うとマシンの感触はみるみる戻った!

セットを大きく変えたみたいに聞こえるでしょうが実際はさほど変えていません。
その少しのズレが乗りにくかったみたい。

そんな中で戦った第4戦はタイムも戻り良いレースが出来た!

調子を取り戻すと、人間のレベルは間違いなく上がっており京葉の自己ベストを単独で更新!

そしてリンクス最終戦は悔しさもありますが、今持てる力は100%出せたと思っています。

こんなシーズンでやはり自分はフレームがヘタると上手く走れないので、2〜3年に一度は黙ってフレームを変える事。

今までやってきた練習方法を大きく変える事をせずに今までで通りのやり方でレースに合わせて行くことを学びました。

当たり前だろ!

と言われそうですが、その当たり前が一番難しいと感じた一年でした。


さ〜今年も残すレースは桶川最終戦。

笑って終えられるように頑張ろっと!

12月から練習していきます。


現在ランキング34位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ