座面  

今まで桶川をNSRで走る事はほとんどありませんでした。

今回、NSFが手元になかった事からNSRで練習したのですがこれが非常にプラスになりました!

NSFに乗っているだけではわからない事に気づかされましたね。


一番大きかったのはM字の切り返し。

NSFでは、ずっとM字の特に右コーナーでアクセルを開けられない事が悩みでした。

アクセルを開けたいけど開けるとリアタイヤが逃げてしまう。

タイヤのグリップを探りながらアクセルを開けて行く為に周りのライダーよりもアクセルを開けるのが遅くなってしまい離されてしまう。

だったら開けちゃえと開けちゃうとリアからスリップダウンする…

乗り方も色々試しましたがなかなか思うように乗れない。


この悩みがNSRではなかったのです。


そこで改めて気づかされたのはNSFの座面の高さの問題。

NSFはセンターマフラーという構造上、どうしてもリアの座面が高くなってしまっている。

わかってはいましたが、この座面の高さが凄いネガになっておりリアタイヤにうまく荷重をかけられなくなっています。


フレームの問題なのでハッキリ言ってフレームを切った貼ったしたい所ではありますが、マフラーがつかなくなってしまいますので無理。


じゃあどうしよう。。。


と考えてリアサスのセットを今までにはない方向にふってみる事にしました。

そしたらこれが意外に良くてアベレージは間違いなく上がりました!

この方向があっているかは今の段階ではわかりませんがNSRに乗った事が間違いなくプラスになっています。

シーズンも終盤。

良い走りが出来るように練習します!


現在ランキング26位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ