解熱剤の副作用  

チビ助の具合が悪いので嫁が医者に連れていくと、ただの風邪だと診断されたそうです。

インフルエンザではなくて良かった良かった。


診察時に嫁は先生に怒られたそうです。

怒られた内容は熱が38℃をこえた事から解熱剤(座薬)を使ったのですが、それが逆効果だったから。

解熱剤は確かに熱は下げるけど鼻水&痰は増えてしまい、呼吸がしにくくなってしまうから、うちのチビ助のように自分で鼻水をかんだり、痰を吐き出せない場合には逆効果なんだと。

39℃までならば熱を出させてしまった方が本人も寝られるから楽なんだそうです。

良い勉強になりましたが、なによりも怒ってくれる先生に感謝。

やっぱり怒られると、簡単には忘れずに次回同じような事が起きた時には適切な処理をしてあげられるようになると思うので。

夜にはチビは昨日よりは明らかに楽になったようでスヤスヤ寝ていました。


現在ランキング33位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

ダルい…のは  

朝起きると体がダルい。

やべ〜チビ助の風邪がうつったか。。。

と思って起き上がろうとすると異変が…

あ〜このダルさは筋肉痛からだと気づきました。

昨日のスキーでコブを全開で滑ったから全身筋肉痛になってしまった。

1日体の痛みと戦いながら仕事をした1日でした。


現在ランキング33位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ