間違いは何があっても間違い!  

春の選抜高校野球大会が行われていますが、横浜高校のホームベースを踏んでいないという誤審で横浜監督が抗議し、それが物議をよんでいます。

自分は知りませんでしたが、高校野球で審判への抗議は監督には認められていないのだと。

今回、監督が抗議した為に高野連から注意を受けたという。

抗議したとかしないとかではなく、誤審してしまった事が1番の問題でしょ。

写真や映像を見ると間違いなくベースを踏んでいる。

選手だって足の裏の感触でベースを踏んだか、踏まないかなんて一瞬でわかるでしょ。

まして、靴はスパイクなんだから。

そんな中で、踏んでないと判定されれば抗議するのが当たり前でしょ。

選手の事を考えれば監督としては当たり前な行動。

この1点で下手したら選手の未来が変わってしまうのですよ。

踏まなかったと言われた選手は心に傷をおいます。しかも負けたとあればとても大きな傷をね。

高校野球であろうが、プロ野球であろうが勝負でしょ。

勝つか負けるかは雲泥の差。

なんで、ビデオ判定とかを取り入れないのだろうと思います。

だって、今は映像も進化しているのだから見ればハッキリするわけだし、審判だって誤審をした審判て言われなくてすむんだよ。


それと、抗議は主将か伝令か当該選手に限るって。。。

大人の審判に高校生が抗議したって、審判聞かないでしょ。そもそも言いにくいだろうし。

保護者を兼ねている監督の出番でしょ。

間違えを間違えと認めない大人を見せて、高校生によい教育になるのですか?

そんなんだから、高校野球に問題が絶えないんだよ!

って言われたって仕方ないと思うよ。

高野連、時代に合わないルールは変えた方がより高校野球が綺麗な戦いになると思います。

より綺麗な戦いがみたいです。

選手に余計な傷を負わせる必要なんて全くないのだから。

iPhoneから送信

人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ