桶川走行二日目  

レース前なので、2日連続走行です。

これで休みは6日連続サーキットです。

自分でも呆れるぐらいバイク好き!

ちなみに今年はすでに1月から50回サーキット走行しています。

だいたい年に70回ぐらい走るのがここ5年間は普通ですねー。

一番走った年は90回ってのがあって週に1.5回は走り続けることになります。

それでも走りたい!のだから阿呆だと思います。

でも、街乗りには一切興味なし。

乗りたいのはサーキットだけ。

たぶんレース辞めたら街乗りバイク買っても年に数回しか乗らなくなると思っています。

さてと桶川ですが、タイヤにオイルに交換しましたので、39秒7までは出ましたがイマイチですねー。

ライダーは100%攻めました。

昼には腕やら足やらバンビちゃんになるぐらい頑張りました。

昨日の疲れもあるので、バテるのが早かったかな。

タイヤはBSミディアムを使ったのですが桶川では俺には合わない。。。

路面のギャップを拾ってしまうし、グリップ感も薄くて嫌い。。。

切れ込む量も多すぎて好きではない。

なので、ソフトに変更。

すると断然感触は良くなった。

タイムも上がったし。

あと、ラジアルポンプももう一度テスト。

昨日の握りしろが多すぎる事。

タッチがソフト過ぎて制動力をだすまでに時間がかかり怖い事。

をアカオギ店長に伝えたら

「それは調整できます。あそこのマイナスいじって下さい。」

と。

で、いじってみたら断然良くなった。

もっとハードでもいいぐらいだけど、十分かな。

そもそもノーマルってしっかりエア抜きすると遊びがほとんどなくなるから、慣れ親しんだハードな感触を求めてしまうのかも。

ラジアルポンプはみんなが言うように凄くコントローラブル。

ディスクとパットが触るか触らないかの部分が明確にわかるようになるし、握力を使わなくてもしっかりと制動力を得ることが出来るようになりました。

しいていえば、桶川などのミニバイクコースには無理には必要ないかなと。

今回借りているゲイルスピードのラジアルポンプマスターにシフトアップのアルミ削りだしキャリパー4ポットのブレーキシステムで10万ですからねー。

いいけど、10万円の価値があるかと言えば微妙かなと。

僕がテストしてるのは筑波2000のTC-miniで使う為なので、ミニバイクコースだけならテストしなかったでしょう。

アキラさんが耐久茶屋に向けて4st車両に乗ってくれました。

さすがアキラさん。

パッと他人の4stに乗って、ほぼ初めての桶川で僕の1秒落ちです。

速いね。

ガチでやったら負けちゃう。

てか、今までと何度となく一緒に耐久出てくれていますが、タイムは負けっぱなし。

アキラさんと耐久出ると安心するし、尊敬してるライダーです。



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ