耐久茶屋反省  

今回の耐久茶屋はトラブルがあって約5分弱損したにも関わらず当初の目標であった入賞という結果に終われて本当に良かった!

大満足な結果となりましたし、追い上げのレースはチーム内で盛り上がれました。

しかし、マイナートラブルで失った5分弱は非常に痛い。。。

結果には満足しているが冷静に結果を受け止めて次につなげなくては進歩がありません。

今回のトラブルの原因はキャブレターの油面。

油面がくるってしまい、ストレートエンドでガス症状になってしまった。

そのためにピットインして時間を損してしまいました。

このトラブルは僕の責任かなと思っています。

落ち着いて考えると筑波選手権時から油面の不調は続いていた。

しかし、選手権ぐらいのスプリントでは大きな問題になることもなかったので、そのまま走らせていたのですが、これが良くなかった。

選手権時にしっかりとなおっていないと分かっていたのだから、フロートバルブとフロートを変えるべきだった!

これが今回のトラブルの根本的な原因だと考えました。

来季はこんなマイナートラブルでピットストップすることがないように、来年のレース日には完璧なマシンを持ち込めるように努力したいと思っております。



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ