2013年最後のレース  

2013年度最後のレースとなる

「桶川関東ロードミニ最終戦」

を戦ってきました。

今回はチャレンジとしてSP12EXPクラスへSS100車両でエントリーもして、SS100EXPクラスとSP12EXPクラスにダブルエントリーしました。

「朝フリー」

SS100クラス、SP12クラスともにバイクが上手く走らない。。。

昨日よりもパワーカーブが一本下に下がってしまったようなフィーリング。

色々と考えて相談して、昨日よりも気温が下がっていることが原因だろうと、SJをワンランク濃くしました。

足回りには不満なく完璧な仕上がりでしたので、エンジンが走れば!

という感じでした。

「SS100予選」

SJを濃くしたのが当たり、バイクは一気に走るように。

アクセル開け始めの感触が劇的に良くなりました。

前にライダーがおり抜いてタイムを出すか、下がって一周にかけるか考えて、リスクの少ない後ろに下がってタイムを出すことにしました。

前のライダーとの間を確保してから、一周に集中したタイムアタック!

しっかりと一周をまとめて42秒8でポールポジション獲得です。

「SP12EXP予選」

こっちも位置取りが上手くいかず前に数台のライダーが。

その中にはちびっ子ライダーもおり、抜いて行くのはちょっと無理だな。。。

と思いました。

なので、また前との車間を見ながら一周にかけるタイムアタックをすることに。

完全なクリアとはなりませんでしたが、なんとかSS100クラスと同じタイムの42秒8は出すことが出来ました。

SP12EXPクラスは21台中9番手に。

上には全て名前の知られてるライダーだったので、この順位には満足しました。

「SS100決勝」

オイルとタイヤを交換して決勝へ!

スタートはまぁまぁでしたが、二番手に。

前は関東SS100でもとても速いハラツヨ選手。

後ろの状態も気になりましたが、2周目には少し音が小さくなったので距離があるだろうと思い、ハラツヨ選手の走りを観察する事に。

久しぶりにSS100に出て来たとはいえ、そこはさすが!

やはり上手い。

ライン取りでハラツヨ選手に引っ張られてしまい序盤はリズムを崩されかけましたが、落ち着いつこうと考え、自分のリズムを取り戻したら、問題なくついていけます。

ハラツヨ選手の速い所、遅いところを見極めてから抜く場所を考える。

2ヘヤからの立ち上がりで行こうかなーと探ってみる。

んー上手く入れなかった。。。

するとハラツヨ選手や最終ヘアピンの立ち上がりはアウト側にラインを残すライン取りなので、最終ヘアピンからアウトをまくっていこうと考えて、実行!

思った通り、立ち上がりピタピタにしてみたら1コーナーでリスクなくインに入ることができました。

まぁ、これが失敗だったのですが、本人は全く気がつかず。。。

レースとしてはここから全開で逃げる。

特にハラツヨ選手が速いコーナーは気をつけて気配を感じながら集中しました。

前でも42秒台で周りなんとか耐え切りチェッカー。

チェッカーはトップでくぐりました。

「SP12EXP」

SS100クラスで車両には全く不満がなかったので、そのまま行くことに。

21台のレースは並んでみると多いですねー。

その中でシングルからスタート出来るのは素直に嬉しいと思いながらスタートしました。

スタートは本人としてはバッチリでしたが、さすが周りはエキスパートライダー達。

順位を少し落としてしまいました。

そこからは本当に精一杯の走り!

自己ベストを出しながら前を追走しますが、NSRとNSFでは速い所、遅い所が違う中で、NSFに有利な所が少なくて前に出ることは出来ませんでした。

その中でも今の自分を全て出した走りができたし、42秒6という自己ベストタイムを出せたことに現状では満足しています。

憧れライダーの一人、岡田義治選手の後ろを走れたのも嬉しかったし、何よりも勉強になりました。

「お詫び」

SS100のパッシングの際に黄旗が出ていたのを全く気がつかずに、結果黄旗無視をしてしまいました。

見えなかったではなく、見なかったのは僕の責任ですので、大変申し訳ありませんでした。

主催者にはもちろん、ハラツヨ選手にもレース後にもお詫びをさせていただきました。


あーあ、せっかく目標の一人だったハラツヨ選手の前で終えたのになぁ。

ハラツヨ選手を意識しすぎていたということでしょうか。

反省します。。。


そして、台数が少ない中ですが、2013年SS100クラスチャンピオンを獲得しました。

SP12では少しはSS100チャンピオンの意地は見せれたかな!?

課題は沢山あるので、また2014年に向けて努力します。

ここからはすごく細かい技術を磨く必要があると思っていて、改善、向上するには走り込みを行わないとと考えています。

この辺は次回に書きたいと思います。

これで2013年レース終了。

怪我なく走り切れた事に、そして支えてくれた

POSH東京 今岡社長
チタニック 佐藤様
SEI1DD 大熊様
アカオギ 鈴木店長
リモーション 石倉様
ファクトリーゼロ 及川様
スクーデリア 井上様

かるがもレーシングチーム員、そして大切な仲間に感謝しています!

桶川チャンピオンクリスタル

センス抜群ですよね!



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
1




AutoPage最新お知らせ