SP12チャレンジについて  

SS100車両にてSP12クラスへのチャレンジについて。

最近の話ではノーマルクラスならば4st車両でもかなり行けるという話。

海老名さんは実際にノーマルクラスで優勝争いをしています。

これは海老名さん凄い!


そんな中で、僕のSP12参戦はどうだったのか?

「タイチ的に実際どうなの?」

とよく聞かれました。

レース前にはSP12車両に前に行かれると、抜けないと思っていました。

なんでか。

特にM字など、切り返しがSP12と比べてどうしてもワンテンポ遅れてしまう。。。

そして、立ち上がり加速ではあまり勝ち目がない。

逆に言うと伸びでは多少勝ち目があるかな。

この二点は繋がっていて、切り返しが遅いから低速からの加速競争に負けてしまう訳です。

その代わり、ブレーキは同じぐらいかなと思いました。

僕の車両はフロントブレーキを強化してありますので、そう感じるのかもしれませんが、ブレーキシステムを変えて良い4stですから、ネガを感じたら変えれば良いわけです。

ちなみに僕のブレーキシステムはブレンボラジアルポンプマスターにシフトアップ4POTキャリパーです。

そんな中で抜きどころとなる1ヘヤで仕掛けるにはもう少し自分の腕を磨けば可能になるかもしれません。

M字で離される分を9コーナーまでの伸びで追いつき、ストレート、1コーナー立ち上がりならの伸びきりで前にでる。

これを少しでも楽に出来るようにする為に

動力性能か運動性能をワンランクアップさせたいと思っています。

がー

今のところ両方ともネタが思いつきません。。。

ライダースキルは絶対に上げるとして、何か一つでもいいからマシンポテンシャルを上げたいなぁ!

ただし、どうしようもない問題もありました。

それは油温。

今回のレース環境は冬で気温も非常に低かったにも関わらず、100℃手前でした。

じゃあ夏は。。。

非常に難しいです。

どうしても温度は上がってしまう。

この感じだと120℃とか。。。

タレること間違いなし。

この部分は毎年課題なのですがクリア出来ずにいる。

とまぁ、こんな所でしょうか。

現状でも僕よりも腕があるライダーが乗れば表彰台争い出来るかもしれませんが、僕ではこの程度がイッパイイッパイでした。



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ