ステムと足回り  

今日はステムと足回り。

本当ならランニングと筋トレはしたい所だったのですが

実は

1週間前ぐらいの雨の日に階段踏み外してケツ強打。。。

尻尾打ち付けて

チョー痛くて(泣)

その腫れがまだひかないのでランニングは無理。

歩いてるだけでも痛いと感じるほどで、バイクに乗ってても実はケツが痛くて。。。

階段踏み外した

なんて鈍臭い事、恥ずかしくて言えなかったよ(笑)

そんなこんなで今日も帰宅後はマシン整備。

NSFのステム周りと足回りをバラして清掃してグリスアップ。

これで、エンジン積むだけなんだけど練習機OHに出してるから帰ってくるの待ちになりました。

この間に気になったカムを測ったり、エンジンについての勉強したりしようかなぁ。

と思いながら今夜はおやすみなさーい。

iPhoneから送信
0

桶川参戦している4st(NSF)乗りな方へ  

桶川スポーツランドより2015年度関東ロードミニのレギュレーションが発表されました。

僕の車体も2015年桶川レギュ仕様にするには変更が必要になっています。

どこがダメなの!?

的な理解度の問題から、せっかくレースに参加しても車検落ち的な話になっては寂しいので、整理してみようかなと思います。

間違いがあったらご指摘願います。

レギュレーションを5回以上読みましたが、僕、活字が苦手でして(泣)

そして下記を読んで疑問があったら桶川へ確認願います。

まずSS100がなくなり、SP12/SP17に参加する事になります。

「トライアウトなどに参加するので関係ないや。」

って方も頭には入れておいた方がいいと思います。

トライアウト卒業したら必然的にSP12/SP17クラスへ参戦となります。

そして、近い将来、SP-FやSP-MID(SP-B)も統一規制になるはずです。

タイチと杉山さんだけの問題でしょう

じゃ済まなくなりますよ(笑)

昨年までのSS100参戦していた方々などの4stNSF100車両を見ていて、2015年SP12-Eレギュに合致させるには下記の点を確認し、変更が必要になります。

1.タンク、ホイールの変更が走行後重量測定で143キロを切ると失格になります。
(ライダーの体重が60キロ程度はないと143キロは切ってしまう可能性が高いです)

ほとんどの車両にホイールは入っていると思うので重量測定してみてください。

2.ブレーキシステムの変更不可

ブレンボなどのブレーキ、フロントもリアも変更不可です。純正品に戻しましょう。ディスクも純正になります。

3.スイングアームの変更不可

4.キャブ口径が22φ以下ならば、ノーマルヘッド用ハイカム使用可能

ロッカーアーム等の切削を含む加工は全て不可ですので、ハイカムはノーマルヘッド用しか使えません。

ハイカム使わなければTM26等使えます。

6.ステムの変更不可

7.シャフト類の変更不可

と、こんな所ですかね。

変更はけっこう大変!?面倒!?だと思います。

せっかくコツコツマシン作ったのにと思う方もいると思いますし、純正売って社外品を買っている方もいると思いますので、純正品なんてないよ(泣)な方も居ると思います。

が、レギュレーションですから、合致するように変更しないとなりません。。。

桶川参戦する方は注意してください。


ただし、この前、桶川様と話をしたら

「追記で一部改造を認める用意があります。」

との事ですので、定期的なレギュレーション確認が必要かと思います。

桶川様は追記を迅速に出してもらえると助かるなー。

もう開幕まで1ヶ月しかないんだもの。


そして

「タイチは桶川開幕戦SP12に出るの!?」

とよく聞かれますが、マシンは2015年桶川仕様にして走行し始めています。

が、他のサーキットのレギュレーションと比較して、要検討ですね。

僕は筑波TC-miniとリンクスモトピクニックに参戦予定なので、筑波系なレースのレギュレーションが発表されたら、比較検討が必要になるなと考えております。

とはいえ、データは持っていないと、取り残されそうだし。。。

ハイカムなデータ取りもやるだけはやろうと思っています。

レースに関係なく、新しいことにチャレンジするのは楽しいから!

以上、4stNSF乗りな方々、注意してくださいね。

iPhoneから送信
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ