モトピクRd-2ノーマル50編  

モトピクRd-2ノーマル50編

最近の悩みが解消されていない中でのレースもなった今回。

その中でも一つの大きな悩みは解消されており、今までよりは良いレースが出来るかなーなんて思っていました。

<予選>

かもさんと話して前の方に行きました。

出来ればかもさんとスリップを使いあってタイムを出したいのですが周りも居ますので、なかなか上手くいきませんね。

今回も一緒に入ったのですが、別々のアタックになってしまいました。

僕は淡々と走って39秒5。

早い段階でタイムが出たので早めにコースを後にしました。

最近では一番良い2番手確保!

決勝に向けてはタイヤのローテーションのみ。

エンジン、車体ともに完璧です。


<決勝>

スタートはいつも通りで混戦から交代し4番手に。

トップは富田さんの4st。

瞬さんもかもさんも4stとのバトルがやりにくいようで、みんなバタバタしてる。

ここは落ち着いてチャンスを待つことに。

やはりチャンスは来ます。

1台づつ前に出て行きます。

富田さんを交わしてからは、いつものメンツである瞬さんとかもさんと僕の争いに。

後ろもいますので油断はできません。

9周目か10周目だったかな。

かもさんの後ろについて1ヘヤでパスしようとした時にイエローフラッグが。

なんだよー、完全に入りきれていたのに。

と思っら、イン側に瞬さんが。。。

イエロー見えてなかったみたい。。。

終盤に3番手ではキツイ。

いつものようにバタバタに乗じることも出来ずにチェッカーは3位で受けることになりました。

しかし、やはり瞬さんが黄旗追い越しの為に3順位降格となり、正式結果では2位となりました。


瞬さんガッカリしてたなぁ。

僕も黄旗追い越しにより3秒ペナルティーくらっていますので、気持ちは良くわかります。


今回は大きな問題の1つである路面のギャップについてはミッドライントッププリッジにより解消されました。

おかげで1コーナー進入と最終コーナー立ち上がりが、かなーり楽になりました!

いつも言っていますが怖くないバイクを作る事が速く走る1つの大きな要因かなと思ったりしています。

まだ練習仕様が遅いという大きな課題は残っていますが、怖くない車体になった事は大きな進化だと思っています。

少しづつノーマルも勝ちに近づけていると思えました。

トッププリッジは引き続き色々なメーカーもモノを使ってみようと思っています。

継続は力なり

です!



クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ