フレームにクラックが  

次の走行へ向けてエンジン積み替えを行っていたら

フレームにクラックが。。。

NSF100の宿命。

今回はエンジンマウントの上の右側にクラックが。

すぐに佐藤監督に電話して

「持っておいで!」

とすぐにバチバチと溶接してもらいました。

いつも、迅速な対応助かります!


しかし、色々相談してフレームを積み替えることに。

僕は柔らかくなってしまったフレームは好きでない。

タイムも落ちてしまう傾向にあるので、だいたい3年に一度はフレームを交換しています。

嫁に

「クラック入っちゃったよ。」

と伝えると

「2回目だよね?フレーム変えな!」

と背中を押してくれた事もあり、予備に積み替え。


明日から夜な夜なマシン作りしないと。


今までのフレームは佐藤監督が使うそうなので佐藤監督にプレゼント!

となりましたとさ。




クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

桶川反省  

桶川関東ロードミニRd-2反省!

いつもアドバイスをくれる、毎朝!?メールしてる人!

あなたですよ!

電車通勤のあなた。

今回も貴重なアドバイスありがとうございました。

「抜かれたところからチェッカーまでは見る必要ないので見なかった。」

さすがな意見です(笑)


さてさて反省です。

まず、マシンセットについて。

練習ではリアタイヤのグリップ感。

ヘアピン等にてアクセルON後にリアタイヤが滑る気がして、滑ってしまい攻めきれず。

最後の練習で新品タイヤを投入し、様子をみた時には問題なかったので、リアタイヤの減りによるもんだいかな。

と考えていました。


しかし、朝フリーで攻めてみると、やはりリアタイヤのグリップに不満が出てしまった。

これが大きな敗因。

レース当日に足回りに不満があるようではSP12EXPは勝てませんよね。。。


これが結果としてセットを詰め切れず、フロントタイヤの酷使という形で決勝で問題が出てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

15周でこれだけ減っちゃうとわ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

フロントに比べてリアは凄く綺麗(笑)


敗因2

自分の速さを変えられなかった。

具体的にはライン。

僕はライン取りが悪いコーナーがあり、そのコーナーのラインを変えられない。

努力はしているが、結果が出ていない以上、自分がサボっている訳で。

これは今後も第一の課題として改善していかないとならないと考えています。


課題は多い方が楽しい!!!

がんばろう!

人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

チビ助1号ありがとう!  

桶川Rd-2終了後のジャンケン大会にてチビ助1号が勝利!

戦利品は

コバプラ
バンクセンサー!

昔はリンクスの商品に必ずと言っていいほどバンクセンサーが入っていたのですが最近は無くなってしまった。。。

なので、この戦利品は本当に助かる。

昨年はファインビークル1万円商品券。

今年はバンクセンサー。

チビ助1号、ジャンケン強いな!

ありがとー!!!




クリックすると元のサイズで表示します
0

桶川関東ロードミニRd-2  

桶川関東ロードミニRd-2当日。

朝起きて外を見ると、なんとなんと普通に雨じゃん
(T . T)

マジかよ。

急いでアルファード君にレインタイヤを1セットプラス搭載して出発。

だんだんと桶川に近づくにつれて雨が弱くなって

桶川到着間際には路面もドライに近づいて

サーキットは完全ドライ!

さすが桶川のレースドライ率の高さは素晴らしい。

受付&車検を済ませ、桶川の素晴らしい企画

「8時だよ!全員ストレッチ!?」

を行い体を温めます。

そうこうしていると雨が。。。

やばい、この雨量だとウェットになってしまう。

と思いレインタイヤを準備するも、なんとかウェットにならずに雨が上がってくれました。


<朝フリー>

マシンと体の確認。

うん、今日のエンジンはしっかり走ってくれてる。

開幕戦のような頼りなさは全くない。

むしろアクセル開け始めのトルクがモリモリすぎて乗りにくいと感じるほど。

タイムは38秒に入ってるから朝一としては悪くない。


「予選」

コンディションは変わらずドライ。

空はなんと青空も垣間見えるほどに回復。

気温も上がり始めていた事と朝一のフィーリングから、フロントフォークを1ランク固めて、リアの車高を0.5回転上げた。

走行を開始するとセットを変えた事から車体の安定感は増してる。

しかしながら、ライダーの気持ちの問題かな。

今一つ車体を信頼して攻めきれない感じでした。

タイムは38秒6と自身の予想タイムよりもコンマ2遅い。

2コーナーの立ち上がらせ方とヘアピンのフロントの使い方でコンマ1づつ損してる感じでした。

前日の周りのタイムを聞いた限りではトップは38秒3は出してくるかな?

と思っていたので、こりゃフロントローは厳しいかな。。。

と放送を聴いてると、なんとなんと2番手獲得!

トップなリンダマンとの差は0.011秒差(笑)

桶川のポールを獲った事のない僕には遠い0.011秒(泣)

予選後マシンを確認するとフロントフォークが底付き。

うーん、握り込めるようになった事で、思いの外攻められていたのかな?

でも、このままでは決勝はつらいよな。

と考えて、フロントフォークをさらにワンランク固めました。


「決勝」

スタートは失敗でしたね。

しかしながらポジション取りでなんとか3番手で1ヘヤクリア。

前はセワキング選手。

うーん、セワキさんのバイク走ってます。

トップのリンダも同じペースなので様子を見ます。

ペースは38秒後半。

3周目ぐらいにセワキさんがジリジリと離れ出してきた。

こりゃ抜いてリンダマン追いかけないとマズイなぁーと考えていたら、リンダマン転倒!

そして、僕がセワキング選手を抜いてトップへ。

少しトップを走っていると2ヘヤで、EXPレースの洗礼的に弾かれてします。

このアクシデントで3番手へ。

激しいレース展開。

前は復活の小澤さんと、4st乗りとなったエビさん。

必死でついていくとエビさんが1ヘヤで打ち込んだ!

がしかし、止まりきれずスリップダウン。。。

小澤さんも一緒に転倒。

間一髪交わしてトップ!

しかし、この段階でフロントタイヤが終わっていた。

僕はレース中後ろを気にする事はないのですが、フロントが厳しくて気にしてしまった。

今思えば、この段階で負けが決まっていたな。。。

後ろは最近イケイケのヒロシ選手。

何とか踏ん張ってやると思ったが各コーナーでフロントタイヤが機能せず、舵角を細かく修正しなければならなかった。

これではタイムが上げられない。

ラップタイマーが示す数字は39秒台。。。

案の定、1ヘヤでヒロシ選手に打ち込まれる。

なんとかしたい!!!

と考えるが手がない。

付いていく事で精一杯。

そのままヒロシ選手に初優勝を許してしまいました。


決勝結果は2位フィニッシュ。


最後の最後までタレる事無く走り切ったヒロシ選手に拍手です。

完敗でした。


敗因については明日書きたいと思います。。。


とは言っても、波乱の転倒車続出したレースを生き残り

2位フィニッシュはシリーズランキングを考える上では良かったと思っています。


生き残れた

運があったという事ですかね。


激しいレース動画はこちら!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XRJYblWeLYg

クリックすると元のサイズで表示します

ヒロシ選手

初優勝おめでとう!!!



今回もサポートくださった

TIG titanicオイル様
POSH東京様
Rs auto Team titanic様
N-PLAN様
S1デジタルデザイン様
ファクトリーゼロ様
アイネット様
ワイケイ商事様
江沼チェン様
MCPS アカオギ様

ありがとうございました。


0

関東ロードミニ前日走行  

関東ロードミニ前日走行。

天気は曇り。

思っていたよりも、天気予報よりも肌寒い。


1本目

ボロタイヤで体慣らし&半クラ縛りでの走行。

タイムは39秒フラット。

うん、調子は相変わらず普通だね(笑)


2本目

全開で攻めます。

カムを変えてきたのですが、今までの練習カムよりは良いかも。

決勝用カムよりは落ちるのは間違いないかな。

タイムは38秒8。

ただし引っ張られてです。

自力で38秒9。



3本目

レース前最終確認のために新品タイヤ投入!

たまたま前がエビさんに居て、さらにエビさんも新品タイヤみたい。

タイヤの皮むきかなと思ったけど、こっちも皮むき中だったので後ろにつかせてもらうことに。

だんだんと攻めだして行ってくれたので付いていく。

付いていくだけなら、何とかなる。

一度止まってから単独での確認。

単独で38秒7。

うん、悪くないね!

フィーリングもOKなので、今日の練習を切り上げることにしました。


ここからは決勝仕様フルスペックへの整備。

佐藤監督にエンジンチェックしてもらいながら、マシンをバラして組み上げる作業。

4stはいつもの事ながら、オイルラインに気を使います。

外れたらエライ迷惑をかけてしまいますので!

3時過ぎには整備完了!

時間に余裕があったので知り合いな方々とゆっくり話をしたりしていました。

なかなか

どーして

サーキットだとバタバタしておりチーム員以外とゆっくり話をする時間がないんで、こういう時間は貴重でとても良い話を聞けました。

さーて!

明日はがんばろう!



クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ