ミニバイクのコストについて  

グロム的な話の流れで、ミニバイクのコストについて書いてみようと思います。

年に一回くらい書いてる気もするけど、まぁいいか(笑)


グロムも関東で先行開発している小城さん曰く、考えだしたら恐ろしい金額になるらしい。

ミニバイクに100万とか、決して冗談ではない時代になっています。

NSR-miniは新車にチャンバーつければとりあえず戦えたのにね。

ノーマルクラスならそのままでも戦えた。


そんなの今や昔の話。

今はベース車両の値段の倍は最低限。

すぐ100万必要になる。


僕のNSF100は100万円バイクです!


車両45万。

エンジン周り30万。

足回り20万。

はい、100万です。


そこまでは行かないとしても

グロムも同じ流れらしい。


最近の流れはベース車両は安く見せて、買ってから走らないから改造が必要になり、維持管理にもコストが掛かり、湯水のようにお金が掛かるようになっていると感じる。

特にアジア製のバイクは悪く言えばボロいから、有り得ない所が壊れたりしているよう。


もうね、NSF・SP100などはコスト下げようなんて考える必要ないと思っている。

割り切ってしまおうよ。

盆栽motoさ。

という気持ちです。

改造すら楽しもう!

大人なミニバイクレーサーは1つのバイクを長年かけて走らせるから、盆栽motoって考えで良いと思っている。

数年前には桶川でのオープンクラスの盛り上がりは凄くて100万どころではないバイクが多数走っていた訳だし、金額が高いから盛り上がらないというのも一理あるが、それだけでは言い切れないのではないかなとも思う。


そこで

僕個人的な意見は

だったら、ベース車両100万でもいいから十二分な耐久性のあるマシンを供給して欲しい。

僕が望む最高の組み合わせは

NSR.NSF系フレームにラバーマウントでCRF150のエンジンを搭載し、キャブの口径を小さくして13馬力前後にしてほしい。

そうすれば足回りだけイジれば十二分な戦闘力と耐久性が出ると思う。

ロードコースならキャブを大きくすればS8並の加速をするでしょうし、キャブ1つで幅を持ったバイクになるのになぁと。

今の流れのベースは安いが、中身はボロくて改造&維持費にお金が掛かり、壊れてマシンを手放す方向に行っていると思っている。

直すに直せないから辞めるというのは実に悲しい。
(NSF100なんて、もろ!)

それならば初期投資は高いかもしれないが中身は魅力的な素晴らしい出来で、性能&耐久性が抜群な為に壊れにくく維持が楽な方が人が集まるのではないかなと。

コストを抑える。

これは非常に大切な事だ。

重々理解している。


けれども、モータースポーツはお金が掛かるスポーツだという事も忘れてはならないと思う。


ある程度の金額は仕方ないと割り切り

維持費にお金を出すのか

初期投資にお金を出すのか

考えても良いと思っている。


僕個人は、初期投資にお金を出し、魅力的なバイクに乗りたいと思っています。




クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ