減速の仕方について  

僕的

勝手な

意見。


僕は決して極めたライダーではありませんが、参考になればと思って書いてみます。

僕よりも速いライダーなんて沢山沢山いますので、僕よりも速い方には

「間違えてるよ!」

という部分もありますが流してください(笑)


今回は減速の仕方について。

まずはヘアピンを想定しましょう。

桶川の1ヘアピンを想定します。

全開でヘアピンに向かっていきます。

ここで、まずはリアブレーキを踏む準備をします。

第一の減速としてはリアブレーキを掛けます。

同時に伏せていた体を起こしてエアブレーキも使い、第二の減速を使います。

この時に体を起こすもう1つのメリットとして、フロントブレーキを掛けることでフロントタイヤに荷重がかかるわけですが、少しでも体を起こすことでフロントブレーキに掛かる荷重を抜いてリアタイヤを使うようにしたいと考えています。

さらにほぼ同時にフロントブレーキを掛けて、第三の減速を使います。

フロントブレーキが原則要素の大半を占める事になるので、フロントブレーキに意識も集中する事になります。

ある程度減速し、ちょっとオーバースピードかな

というあたりでバイクを寝かし込み第四の減速、必然的に舵角もつきますので第五のブレーキが使われます。

そして、フルバンクを迎え

後はアクセルオンで立ち上がりです。

このようにフロント&リアブレーキの他にも原則要素は多数あり、1つ1つの精度やタイミングを合わせる事で短い距離で止まれるようになります。


1つ1つは小さい減速でも

チリも積もれば大きな減速になります。

考えて練習しても面白いのではないかと思います。


あくまで意識はフロントブレーキに集中してしまうので、他の減速要素は「クセ」的に無意識に出来なければなりません。

「クセ」になるまで練習しないとなりません。

フルブレーキ時にフロントブレーキ以外にも意識をして走る事が出来れば、ライダーの技量は上がります。


良かったら試してみてください。
2

減速要素  

不定期で書いたりしてるバイクについての話。


今回は原則要素について書いてみます。

バイクを扱う上で1番の難しいのが

「減速」

だと思う。

減速というと

減速=ブレーキ

となるが、これは減速を得られる1番大きな方法がブレーキなだけで

減速=ブレーキ

はある意味では間違えになる。


バイクという乗り物の減速にはブレーキ以外にも沢山方法はある。

減速とは速度が落ちる事であり、逆に言うと速度さえ落ちれば全て減速となる。

では減速=速度を落とす方法と考えると

・フロントブレーキ&リアブレーキを掛ける
(これは当たり前だね)

・バイクをバンクさせる
・フロントタイヤに舵角を付ける
・体を起こして空気抵抗を得る
・シフトダウンをしてエンブレを得る

等々。

細かく言えば減速要素はもっとある。

サーキットを速く走るには突っ込む事が1番だが、突っ込めば突っ込むほどにブレーキに使える距離は短くなり、短時間でより速度を落とさなければならない。

となるとフロント&リアブレーキだけでなく、上記に書いた1つ1つの減速力は弱いとしても、間違いなく減速できる訳だから組み合わせて使う事で、より短い距離で制動力を得る事が出来るようになる。

この辺の事を考えると、速く曲がるにはフロントブレーキを強く握る事が最善ではなくなると思う。

僕はこの辺の事を考えて考えて、より良い制動力を出せるようにしています。


次回は僕の原則の仕方について書いてみようかな。
1

整備しておこう!  

9月のサーキットの予定をみると、桶川&筑波1000ともに走れない週末が多い。

となると、練習には最適な岩井サーキットとなるわけだけど、久しぶりにCRF乗りたい!

フロントフォークからオイル漏れしているのをなおしておいて何時でも走れるようにしておこっと!
0

面白いらしい  

アルファード君がハイブリットシステム系の故障から、代車としてじいちゃんから借りてきているバモス君がチビ助は面白いらしい。


満面の笑みで


パパ〜、この車

ブーン

コッコッコッ

ブーン

って走るよね!


と。

バモスは今では珍しいマニュアル車なので、ギアを変える時の車の動きと音がとても楽しいらしいです。

マニュアルだからか、軽のノンターボでもキビキビ走るし燃費いいし、このバモスは自分の車にしてもいいかな〜なんて思うぐらい気に入ってます。

アルファード君が直るまでは楽しもう!!!


0

凄い寝方  

チビ助1号の寝方にはいつもビックリするけど

こんな格好で寝てて首痛くならない事が凄すぎる(笑)




クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ