マジで凹むレース  

桶川関東ロードミニRd-4が終わりました。

結果から言うと

予選2番手
決勝4位
でした。

<朝フリー>

すぐにタイムは45秒6と、予定通りの入りが出来ました。

車体の感触、エンジンの感触も上出来!


<予選>

予選目標タイムをアキラさんに

「45秒3です!」

と伝えてから、いつもの通り単独でのタイムアタック開始。

すぐに45秒6。

さらに詰めて45秒4。

さらに詰めて45秒3と行きたい所でしたが、4〜7ぐらいでのラップになってしまった。

途中までサインボードでP1と出ていたので初ポール獲得かな?

と期待したけど、団子はやはりリンダマンの元へ
(>_<)

リンダは45秒1でのポール獲得という完敗っぷり。

とはいえ、途中までは自分がP1だった訳だし、予選は2番手獲得してる訳だし、問題はないっしょ。


決勝に向けてはオイルを

12周で使いきれるように
12周だけ持てば13周目にはタレても良いように

セットしました。

この辺の混ぜ具合は後日書きまーす。


<決勝>

スタートする直前に閃いた事があり、実行してみたらあっさりスタートが決まりました!

この方法はこれからも使おう!

リンダとほぼ同等のスタートが出来て、2番手でレースが始まりました。

しかし、すぐに9コーナーでエビさんが打ってきた。

エビさんのバイク走ってるな〜。

こりゃ手が出せないなぁ。

と感じた通り、僕の腕では戦えない。

タイムもアベレージで45秒6〜8と速い!

油断すると引き離される。

必死に食らいついていく。

今回はリンダとエビさんの力が均衡していたのかな。

思ったよりもやりあわない。

そうこうしていると、考える間も無くラストラップへ。

1ヘヤでエビさんが狙うも入れない。

こうなりゃエビさんは絶対に絶対に9コーナーで仕掛ける。

僕は9コーナーまで出来る限り近距離にいてチャンスを狙う。

と思いながらM字へ。

するとM字でエビさんが大きくリアスライド。

僕はビックリして回避行動という名のブレーキ。

エビさんはさすがEXPのトップ!

立て直しましたが僕は失速から小澤さんに9コーナーで打たれてしまい4位フィニッシュとなってしまいました。。。


たくさんレースをしてきた中で、3本の指に入る悔しいレース。。。

マジで泣きそうでした。

本気で凹んでます。


なんだろう。

今回は

沢山練習して
沢山考えて

チタニックオイルで新発見もあり

想定タイムも出して

僕的には120%やりきったつもり。

でも

優勝したリンダ
2位となったエビさん
3位の小澤さん

とは、大きな差を感じた。

その差に押しつぶされそう?

押しつぶされて

泣きたくなりました。

一瞬、ここが僕の限界かも。

なんて思ったりもしました。


しかし限界なんて壊せばいい。

課題は分かっている。

支えてくれてる方々もいる。

負けてられない。

少し休んで気力を回復させたら次に向かいます。


最後に2人のトップライダーに折れそうな心を救われました。

1人はアキラさん。

「俺は今日のタイチは良くやったと思うし、悪い所はないと思う。不運は仕方ない。」

との言葉に救われました。

もう1人はわざわざ声をかけてくれたトップライダーさん。

「もっと行かないと!」

とのダメ出し。

ありがとうございました。

救いの言葉と、ダメ出しに救われました。

救ってくれて、ダメ出ししてくれる人達がいるって事は、俺はまだまだ速くなれる!

不運なレースもあれば幸運なレースもある。

気持ち切り替えて、家族にチーム員にスポンサー様に良い報告が出来るように、努力していきます。

あー悔しい悔しい悔しい!!!

もー悔しい悔しい悔しい!!!

がんばります(笑)


☆special thanks☆

titanicオイル様
RSAレーシング 佐藤監督
POSH東京様
NーPLAN様
S1DD大熊様
ファクトリーゼロ様
ai-net様
ワイケイ商事様
アカオギ様

ありがとうございました
m(_ _)m


写真はOoさん。

Ooさんもキビシー。

「後ろばっかだから写真撮れない。」

っていつも言われてまして。

どうにかしまーす!

Ooさん、来てくれてありがとうございました。



クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ