不思議に思っていた事  

この前、新潟旅行の帰り道。

赤坂SAに寄った時、5台くらいだったかな。

・ランボルギーニ3台?
・マセラティ
・マクラーレン

のグループが入ってきた。

駐車するなり、エンジン吹かして存在をアピール?

降りてきたドライバーは見た目30〜40代ぐらい。

マセラティでも1000万以上。

ランボルギーニ&マクラーレンは3000万以上。

普通なサラリーマンが必死になって買う家の値段と同等か、1000万以上車の方が高価。


ここで疑問。

そんなお金どうやって稼いでるのだろう。

会社員では1000万を超える年収を得るのは凄く凄く大変。

超えない人が大半。

僕の超えないだろう。

年収の何倍もの車を40代で乗れるなんて

???

が沢山浮かんでしまう。

その?をさらに?にする記事が

http://news.infoseek.co.jp/article/spa_20160827_01180553/

国内でランボルギーニがバカ売れなんだと。

調べてみたら2015年は年間249台売れたそうな。


ちょっと計算。

249人が買っているとして、人口でざっと割ると

0.000003%

の人が買っているということになる。


疑問が解決。

1億人中の

0.000003%

の249人の人なら買えるか。


芸能人、スポーツ選手、会社経営者、地主などなどお金持ちは居ますからね。


3000万以上のランボルギーニを転がす人の年収は

1億超えてるんだろうなぁ。

と思った出来事&ニュースでした。

人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ